人気ブログランキング |

カテゴリ:新刊( 417 )


2019年 04月 14日

新刊:「歴史紀行 インドネシア香料諸島(続)」バンダ諸島(宮崎衛夫著)

著者から送っていただきました。

以下は添え書きから。

「歴史紀行 インドネシア香料諸島」(2017年刊)の続編を作成しましたので、お届けします。
この続編は、インドネシア東部海域に浮かぶナツメグの原産地のバンダ諸島で繰り広げられた
大航海時代からオランダ支配までの歴史と、島への度の記録を纏めたものです。

私の興味のわくままに纏めた、いささかマニアックな拙い記録ですが、ご高覧いただきご指導
たまわれば幸甚に存じます。
(宮崎衛夫)

a0054926_13535465.jpg
「歴史紀行 インドネシア香料諸島(続)」バンダ諸島
宮崎衛夫著
2019年3月


関連記事
2017年 12月 30日
新刊:「歴史紀行 インドネシア香料諸島」(宮崎衛夫著)
https://gadogado.exblog.jp/238130621/


「香料諸島」の紀行本出版 元イ駐在の銀行マン 定年後に旅続け 「原産地で香りを」
https://www.jakartashimbun.com/free/detail/39390.html


2019/04/12 @じゃかるた新聞
香料諸島の旅
涼しい空気に包まれ ボロブドゥールとお別れ
https://www.jakartashimbun.com/free/detail/47203.html


2017年1月からじゃかるた新聞で連載されているバックナンバーを読むことができます。

連載「香料諸島の旅」@じゃかるた新聞
https://www.jakartashimbun.com/free/index.php?vg=search&space=1&swords=インドネシア香料諸島

by gado-gado | 2019-04-14 13:55 | 新刊
2019年 04月 11日

新刊:『インドネシア・ニュースレター』 No.99・100合併 最終号(非売品)@日本インドネシアNGOネットワーク(JANNI)

最近当ブログで「日本インドネシアNGOネットワーク(JANNI)」の機関誌
『インドネシア・ニュースレター』 関連の記事のアクセスが多いのに
気がつきました。
そういえば『インドネシア・ニュースレター』 の最新号は出たかな?と思って
ホームページを訪ねました。

ニュースレター最終号(非売品)と出ていたので、もう読めないのかと残念に思いましたが、
PDFファイルで全文読めることが分かりました。

JANNI 連続講座開催記録 第1回~ 97 回もあり、 第1回~ 97 回の記録を全部読みました。
都内のあちこちの会場によく出かけてインドネシアのことをたくさん学びました。

『インドネシア・ニュースレター』(No.1 ~ 98) 総目次もあり、購入していないバックナンバーの
目次をこれからゆっくり読みます。

「日本インドネシアNGOネットワーク(JANNI)」の皆様、
長い間お世話になりありがとうございました。

a0054926_08420982.jpg
ニュースレター最終号(非売品)
『インドネシア・ニュースレター』 No.99・100合併
2019年3月31日 発行

 ニュースレター最終号刊行とJANNI 解散に向けたご挨拶

 ロンボク島大地震のその後と学校支援プロジェクト
  ~ゆいツールの活動紹介とともに        山本かおり

 ● おいしい!インドネシア
   ガドガドBOPLO                加納啓良

 ● Kata-kata Singkatan ~インドネシア語の略語あれこれ
   Istora GBK(イストラ・ゲーベーカー)    加納啓良

 JANNI の創立と歩み 1985 年~ 2019 年(略年譜)

  ★資料1 JANNI 役員と事務所・事務局の変遷
  ★資料2 日本インドネシアNGOネットワーク規約

 『インドネシア・ニュースレター』(No.1 ~ 98) 総目次
   (1) No.1 ~ 25     (2) No.26 ~ 48
   (3) No.49 ~ 82   (4) No.83 ~ 98

 ニュースレター以外のJANNI の主な出版物

 JANNI 連続講座開催記録 第1回~ 97 回

 ★南スラウェシでの第二次大戦時性奴隷制の調査について
                          松野明久


Japan NGO Network on Indonesia
日本インドネシアNGOネットワーク
http://www.jca.apc.org/~janni/


関連記事
2018年 01月 27日
新刊:『インドネシア・ニュースレター』 No.96(2017年12月31日 発行)@日本インドネシアNGOネットワーク
https://gadogado.exblog.jp/238246276/


2015年 09月 12日
第87回JANNI連続講座:インドネシア「アクト・オブ・キリング」はなぜ起きたのか
https://gadogado.exblog.jp/21636912/

by gado-gado | 2019-04-11 08:43 | 新刊
2019年 03月 20日

新刊:「マラッカ海峡物語」ペナン島に見る多民族共生の歴史

集英社のホームページに「新刊」案内が出ていました。

a0054926_13205909.jpg
「マラッカ海峡物語」ペナン島に見る多民族共生の歴史
著者: 重松 伸司
発売日:2019年3月15日
定価:本体920円+税
ISBN:978-4087210712


ベンガル湾を内海のように抱えるインドと東南アジアには、
どのような文明が形成されてきたのか――。
本書が注目するのは、マラッカ海域北端に浮かぶペナン島。
淡路島の半分ほどの面積しかないこの小島に、
これまで、実に三〇以上の民族集団が、絶妙なバランスで群居し続けてきた。
マレー人、インドネシアの海民アチェやブギス、インドのチェッティ商人、
ムスリム海商チュリア、クリン、アラブの海商ハドラミー、ポルトガル人、
イギリス人、フランス人、アルメニア人、華僑、日本人、等々――。
各地で、ナショナリズムや排外主義的な価値観が増大する中、
本書が提示する世界像は、多民族共存の展望と希望を与えてくれるだろう。
人間は、共存可能だ――と。
ベンガル湾からマラッカ海峡にかけての地域研究の第一人者による、
初の本格的な「マラッカ海峡」史。


マラッカ海峡物語 ペナン島に見る多民族共生の歴史
https://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0971-d/

by gado-gado | 2019-03-20 13:21 | 新刊
2019年 03月 08日

新刊:「東南アジアにおけるケアの潜在力」(インドネシアのアクティブ・エイジングの実践)京都大学学術出版会

京都大学学術出版会のホームページに出ていました。

a0054926_19594553.gif
地域研究叢書 35
東南アジアにおけるケアの潜在力
生のつながりの実践

速水 洋子 編著
菊上製・596頁
ISBN: 9784814002009
発行年月: 2019/02
本体: 5,600円(税別)


インドネシア関連
第2章 アクティブ・エイジングの実践
―東ジャワ州および南スラウェシ州の事例から―
[伊藤 眞]
1 インドネシアの高齢者の状況 ―人口統計から
2 インドネシアの高齢者政策
3 インドネシアの保健サービス制度
4 南スラウェシ州マカッサル市における「健康な路地裏」運動
5 東ジャワ州の高齢者政策と高齢者クラブ活動
6 新たなコムニタスとアクティブ・エイジングの可能性

第3章 インドネシアにおける社会保障制度
―インフォーマルセクターの排除と包摂―
[水野広祐]
1 植民地下インドネシアにおける社会保障制度の確立へのあゆみ
2 独立後スカルノ政権期およびスハルト政権期の社会保障制度
3 アジア通貨危機後の社会保障制度

第II部 誰がケアするのか? 変わりゆく家族とケアの揺らぎ

第4章 老親扶養をめぐる規範を問い直す
―インドネシア・ジャワにおける高齢者福祉施設を事例として―
[合地幸子]
1 ジャワの家族と老親扶養の規範
2 調査地概要
3 ひとりでいてはいけない/ひとりにしてはいけない
4 福祉施設と家族のはざまで
5 扶養の価値観を共有できない親子


地域研究叢書 35
東南アジアにおけるケアの潜在力
生のつながりの実践
https://www.kyoto-up.or.jp/books/9784814002009.html

by gado-gado | 2019-03-08 20:00 | 新刊
2019年 02月 19日

新刊:坂手洋二戯曲集「くじらと見た夢/南洋くじら部隊」(2000年 インドネシア・フィリピン・アメリカの俳優)

友人の Face Book(2/19)に出ていたので、出版社のサイトを訪ねました。
a0054926_10491967.jpg

坂手洋二戯曲集「くじらと見た夢/南洋くじら部隊」
坂手 洋二 著
彩流社
四六判 / 440ページ / 並製
価格:2,400円 + 税
ISBN978-4-7791-2421-1 C0074
奥付の初版発行年月:2019年02月 / 書店発売日:2019年02月19日

『南洋くじら部隊』

捕鯨漁をする南の島ラマレラに、日本兵が流れ着く。
日本語、英語、インドネシア語の台詞が
激しく飛び交う「くじら獲り」を通じて、
日本兵たちはその島の人々に自分自身を見出していく。

「揺れ動く世界の動向をよそに、
         私たちはユートピアを作った」


(余談)
この演劇「南洋くじら部隊」はもうずいぶん前(2000年)に下北沢の劇場「すずなり」に見に行きました。
その時にインドネシアの女優・Ine Febriyanti さんにお会いしました。
そして昨年のイスラム映画祭では、長女のアイシャさんが「イクロ」の主演で、ご家族で来日。
再会に感激しました。


坂手洋二戯曲集「くじらと見た夢/南洋くじら部隊」
http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-2421-1.html


関連記事
燐光群『くじらと見た夢』 坂手洋二インタビュー
http://www.aihall.com/h29rinkogun_interview/


2018年 05月 06日
インドネシアの映画:『イクロ クルアーンと星空』@イスラーム映画祭@シネマジャーナル 映画祭報告
https://gadogado.exblog.jp/238505542/


2019年 01月 15日
インドネシアの映画: Iqro 2 My Universe『イクロ2 わたしの宇宙(そら)』@イスラム映画祭4
https://gadogado.exblog.jp/239063262/

by gado-gado | 2019-02-19 10:51 | 新刊
2019年 02月 08日

新刊:The Rise of International Capital: Indonesian Conglomerates in ASEAN(国際資本の台頭:インドネシアのコングロマリット)

出版社・Palgrave Macmillan のサイトに出ていました。

a0054926_19312758.jpg
新刊:The Rise of International Capital: Indonesian Conglomerates in ASEAN
著者:Faris Al-Fadhat
発行年月:2019年02月
出版社:Palgrave Macmillan
ISBN 9789811331909


目次
1. Introduction.-
2. Existing Approaches to Economic Regionalism and Their Limitations.-
3. Regional Economic Governance and the Internationalization of Capital.-
4. State Restructuring and the Internationalization of Capital in Southeast Asia.-
5. ASEAN Regional Economic Integration and the Internationalization of Capital.-
6. The Rise of Indonesian Conglomerates: Capital Expansion and Regional Alliance.-
7. The Salim Group and the Social Relations of Capital Expansion.-
8. Conclusion.


Faris Al-Fadhat is a Lecturer in the Department of International Relations
at the Faculty of Social and Political Sciences, Universitas Muhammadiyah
Yogyakarta, Indonesia and an associate at the Asia Research Centre, Murdoch University,
Australia.


The Rise of International Capital: Indonesian Conglomerates in ASEAN
https://www.palgrave.com/us/book/9789811331909

by gado-gado | 2019-02-08 19:32 | 新刊
2018年 12月 02日

新刊:「はじめての東南アジア政治」複数の文明の交差点として成り立つ東南アジア 政治・経済・課題を分析 (インドネシア)

今日(12/2)の朝日新聞の有斐閣の広告に出ていました。

a0054926_14515888.jpg
「はじめての東南アジア政治」
著者
増原 綾子 (亜細亜大学准教授),鈴木 絢女 (同志社大学准教授),片岡 樹 (京都大学教授),
宮脇 聡史 (大阪大学准教授),古屋 博子 (Gallupシニアコンサルタント)/著

有斐閣
2018年11月発売
A5判並製カバー付 , 324ページ
定価 2,376円(本体 2,200円)
ISBN 978-4-641-15058-4


東南アジアの各国は,それぞれにさまざまな歴史的経緯をたどって現在の国ができあがってきました。
本書では,そういった歴史をおさえたうえで,豊富なバリエーションをもつ各国の政治体制・経済状況・
課題を解説していきます。また国際政治の中での東南アジアといった観点から,ASEANや日本との関係に
ついても読み解きます。


目次
第1部 各国政治史
 第1章 国民国家以前の東南アジア
 第2章 マレーシア,シンガポール,ブルネイ
 第3章 フィリピン
 第4章 インドネシア,東ティモール
 第5章 タイ
 第6章 ミャンマー
 第7章 ベトナム,ラオス,カンボジア
第2部 比較政治
 第8章 国民国家建設
 第9章 政治体制と体制変動
 第10章 成長・分配
 第11章 模索する民主主義
第3部 国際政治
 第12章 国際関係の中の東南アジア
 第13章 地域統合とASEAN
 第14章 国境を越える人々
終 章 日本と東南アジア


はじめての東南アジア政治
http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641150584


関連記事
2010年 10月 05日
近刊:『スハルト体制のインドネシア 個人支配の変容と1998年政変』
https://gadogado.exblog.jp/11380749/

by gado-gado | 2018-12-02 14:53 | 新刊
2018年 11月 12日

新刊:Activist Archives Youth Culture and the Political Past in Indonesia インドネシアの政治

Daniel Rudi Haryantoさんの Face Book(11/12)に出ていました。

a0054926_14240860.jpg
Judul: Activist Archives Youth Culture and the Political Past in Indonesia
Penulis: Foreen Lee
Penerbit: Duke Univ Pr; Reprint版 (2016/5/27)
Tebal: 278 halaman
ISBN-13: 978-0822361718


関連記事
ACTIVIST ARCHIVES: Youth Culture and the Political Past in Indonesia | By Doreen Lee
https://pacificaffairs.ubc.ca/book-reviews/activist-archives-youth-culture-and-the-political-past-in-indonesia-by-doreen-lee/

by gado-gado | 2018-11-12 14:24 | 新刊
2018年 11月 02日

新刊:「消えゆくアジアの水上居住文化」インドネシア・フローレス島の元漂海民集落/テンペ湖の浮家住居

鹿島出版会のホームページに出ていました。


「消えゆくアジアの水上居住文化」
畔柳昭雄編著
市川尚紀・舟橋徳朗共著
鹿島出版会
2018年8月3日発行
定価:(本体2,500円+税)


アジアの水上居住の変化
  フィリピン・パラワン島のバランガイ
  インドネシア・フローレス島の元漂海民集落
  タイ・パンイ島の海上集落
  カンボジア・トンレサップ湖の湖上集落
  インドネシア・テンペ湖の浮家住居

アジアの水辺に残る、多様性を極めながらも個にして普遍的な水辺の暮らしと、
近代化のうねりを受け、その変容する姿を見つめる。


「消えゆくアジアの水上居住文化」
http://www.kajima-publishing.co.jp/?fbclid=IwAR2IMsR8CVALytAvkvOaGClOX0_6v_PKjKRm94TQZpEz3jY0VF2V0pkMyxc#



by gado-gado | 2018-11-02 13:23 | 新刊
2018年 09月 16日

新刊:バリ島服飾図鑑 The Mystique of Balinese Textiles(バリ伝統衣装研究家・武居郁子著)

9月24日まで横浜ユーラシア文化館で開催中の日本インドネシア国交樹立60周年「バリを抱きしめて」
の会場で購入しました。

a0054926_23424795.jpg
バリ島服飾文化図鑑
武居郁子著
出版社: 亥辰舎 (2018/8/17)
ISBN-10: 4904850726
ISBN-13: 978-4904850725
定価:¥1,800円+税  


インドネシア・バリ島。「最後の楽園」として世界的有名な観光地だが、グリンシン
(ダブルイカット)をはじめ優れた織物の生産地でもある。布を聖なるものとするバリ
人の伝統美と歴史、服飾文化を総集したかつてない図鑑。


著者について

バリ島生活20年を経て帰国。日本人初、インドネシア服飾関連国家資格取得者。現在インドネシア語
通訳、講師。バリ伝統文化についての講演。バリ婚礼衣装、バリ伝統衣装の着付け、ヘアーメイク。
バリ舞踊、ベリーダンス、ガムラン演奏、いづれも講師。美術モデル、バリ伝統衣装ファッションショー
開催など、多岐にわたって日本とインドネシアとの文化交流につとめている。


 亥辰舎 BOOK <美術・クラフト関連>
http://ishinsha.com/publication1.html


関連記事
a0054926_23431704.jpg
2018年 08月 22日
日本・インドネシア国交樹立60周年 横浜ユーラシア文化館開館15周年記念展
バリを抱きしめて 暮らして集めた伝統衣装展@横浜ユーラシア文化館 7/14 - 9/24
https://gadogado.exblog.jp/238719173/

by gado-gado | 2018-09-16 23:44 | 新刊