人気ブログランキング |

カテゴリ:インドネシアのバティック( 140 )


2019年 11月 15日

新刊:ISEN ISEN: Dalam Batik Tati Suroyo インドネシアのバティック 

afterhoursbooksの Face Book に出ていました。

この本のタイトルの "ISEN" については、先日バティックの展覧会で、
伊藤ふさ美さんから教えていただいたばかりです。

"ISEN" については
ブログ「Duta Melati バティック徒然帖」に詳しく出ていました。
絵師の描いた下絵にチャンティン(蝋を引く道具)を使って
イセンという細かい装飾模様をつけていきます。

a0054926_06513093.jpg
a0054926_06511336.jpg
Judul: ISEN ISEN: Dalam Batik Tati Suroyo
Penulis: Irawati Suroyo Bambang As
Cetak: 2012
Penerbit: Ciriajasa Rancang Bangun
Harga: Rp. 990.000

参考ブログ:Duta Melati バティック徒然帖
isen
http://dutamelat.cocolog-nifty.com/duta_melati_/2008/09/isen.html

関連記事
2019年 11月 12日
展覧会:ジャワの楽園から バティックの新世界 Batik Super-Transforms バティック作家・ 伊藤ふさ美他@銀座 POLA MUSEUM ANNEX 11/17まで
https://gadogado.exblog.jp/239764288/


by gado-gado | 2019-11-15 06:53 | インドネシアのバティック
2019年 11月 12日

展覧会:ジャワの楽園から バティックの新世界 Batik Super-Transforms バティック作家・ 伊藤ふさ美他@銀座 POLA MUSEUM ANNEX 11/17まで

先日ジャカルタから一時帰国中のバティック大好きの友人と見に行き、しばし
バティックの世界にひたりました。
伊藤ふさ美さんの詳しい解説も聞くことができました。
展覧会は11/17まで、どうぞお出かけください。

a0054926_10123794.jpg
伝統染色スーパートランスフォーム−BATIK の力と新しい可能性−
▼開催期間:2019年11月8日(金)~11月17日(日)
▼開催場所:東京/POLA MUSEUM ANNEX(銀座)
(住所)〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階
▼出展作家
1.伊藤 ふさ美(染色作家)
2.柳 由紀(織作家)
3.根岸 創(立体造形作家)

a0054926_10134896.jpg
a0054926_10132982.jpg
画像は一緒に行った友人が送ってくれました。

a0054926_10131130.jpg
また、INDRAMAYU BLUE
(失伝したインドラマユ・バティックの復興と貧困層の雇用創出プロジェクト」に
ついてもお聞きしました。

関連図書
a0054926_10125796.jpg
バティックを中心とした日本・インドネシア染色文化の交流と共同制作プロジェクト
初年度成果報告書
https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/cc1522/

伝統染色スーパートランスフォーム−BATIK の力と新しい可能性−
http://ccaa.asia/batik/2019pola.html

関連サイト
バティック工房 FUSAMI
http://www.fusami.com/

異文化伝統工芸交流協会(CCAA)のホームページ
http://ccaa.asia/index/

関連記事
2019年 11月 05日
展覧会『伝統染色スーパートランスフォーム - BATIK のちからと新しい可能性-』バティック作家・ 伊藤ふさ美&織作家他@銀座 POLA MUSEUM ANNEX (11/8 - 11/17)
https://gadogado.exblog.jp/239742941/

当ブログのカテゴリ:インドネシアのバティック( 138 )
https://gadogado.exblog.jp/i30/


by gado-gado | 2019-11-12 10:16 | インドネシアのバティック
2019年 11月 05日

展覧会『伝統染色スーパートランスフォーム - BATIK のちからと新しい可能性-』バティック作家・ 伊藤ふさ美&織作家他@銀座 POLA MUSEUM ANNEX (11/8 - 11/17)

「アチャラ・カレンダー」の予定に入れていましたが、当ブログではまだ書いて
いなかったことに今気が付きました。
a0054926_20265757.jpg
伝統染色スーパートランスフォーム−BATIK の力と新しい可能性−
▼開催期間:2019年11月8日(金)~11月17日(日)
▼開催場所:東京/POLA MUSEUM ANNEX(銀座)
(住所)〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階
▼出展作家
1.伊藤 ふさ美(染色作家)
2.柳 由紀(織作家)
3.根岸 創(立体造形作家)

伝統染色スーパートランスフォーム−BATIK の力と新しい可能性−
http://ccaa.asia/batik/2019pola.html












































































































































































































by gado-gado | 2019-11-05 20:29 | インドネシアのバティック
2019年 09月 17日

LunchTrip #126 インドネシア便-伝統布バティックから知るスローファッションの豊かさ-@JICA市ヶ谷ビル 10/6

lunch-trip.com(9/11)に出ていました。
LunchTrip #126 インドネシア便-伝統布バティックから知るスローファッションの豊かさ-

インドネシアの伝統布、バティック。自然の素材を使い、気の遠くなるような時間をかけて丁寧に作った工芸品は、長い年月の間、インドネシアの人々に親しまれてきました。モダンで洗練されたデザインのインドネシアのクラフト品に注目し、『丁寧に作られた高品質な工芸品』としての魅力を提案しているブランド、RIRI & Dot代表の高野りりこさんをガイドに、日常を豊かにするイイモノの価値、スローファッションについて考えます。
布を切り口に、現地の工房を度々訪れ、インドネシア各地の情報を肌で感じているりりこさん。地域ごとの違いなども語ってくれます。本格インドネシア料理7品を味わいながら、トリップしませんか。
a0054926_19523729.jpg
日時:10月6日(日)
11:30搭乗開始(開場)、11:45 離陸(開始)、14:30着陸(終了)予定
場所:JICA市ヶ谷ビル 地球ひろば J’s Cafe
新宿区市谷本村町10-5
参加費:4300円(税込)/1名(インドネシア料理7品目のビュッフェランチ含む)
定員:40名
ガイド:高野りりこ氏  
インドネシア製テキスタイル製造・販売会社、株式会社RIRI & Dot 代表

LunchTrip#126 インドネシア便 ~伝統布バティックから知るスローファッションの豊かさ~
http://lunch-trip.com/2019/09/11/lunchtrip126-インドネシア便 ~伝統布バティックから知/

申し込み
LunchTrip#126 インドネシア便 ~伝統布バティックから知るスローファッションの豊かさ~
https://lunchtrip-indonesia.peatix.com/


by gado-gado | 2019-09-17 19:53 | インドネシアのバティック
2019年 07月 23日

インドネシア バティック講座 多様性を最も反映」 「賀集由美子さん(工房「スタジオ・パチェ)

今朝(7/23)のじゃかるた新聞に出ていました。


 西ジャワ州チルボン県でバティック(ろうけつ染め)の工房「スタジオ・パチェ」を経営する
賀集由美子さん(58)が21日、中央ジャカルタで講演し、バティックの楽しみ方を伝えた。「機会が
あれば、産地に行ってみてほしい。バティックが地方により違い、インドネシアの多様性を大きく
反映している」と話した。一方で、職人不足を受け、「良いバティックを買うことが業界の存続に
大切」と呼びかけた。 

a0054926_06582702.jpg
 賀集さんは1999年に夫婦で同工房を開業した。西ジャワ州のインドラマユから東ジャワ州の
マドゥラ島にかけては、漁業や貿易業にちなみ、魚や海藻、海岸模様の絵が描かれていることを紹介。
ジョクジャカルタやソロの王宮由来のモチーフと庶民由来の柄があることを説明した。


「多様性を最も反映」 賀集さんがバティック講座 https://www.jakartashimbun.com/free/detail/48602.html?fbclid=IwAR2g0-gxxibKAhG-t49Ho8fnepE6ERhnrF8tjTHgaKcQzA8c4e4yXPsfa70


関連記事
賀集由美子さんのバティック工房「スタジオ・パチェ」
a0054926_06580438.jpg
インドネシアのジョコウィ内閣(Kabinet Kerja)のバティックの携帯ケース
https://gadogado.exblog.jp/22868019/

a0054926_06571062.jpg
2015年 12月 26日
新刊:「インドネシア手帳2016」(インドネシア発信の情報誌「南極星}編集部)
http://gadogado.exblog.jp/21989535

by gado-gado | 2019-07-23 06:59 | インドネシアのバティック
2019年 07月 18日

「インドネシア 僻地の手仕事 - スマトラ島、ティモール島など」@岩立フォークテキスタイルミュージアム 8/1 - 11/9(木・金・土曜日 開館) 目黒区自由が丘

日本-インドネシア服飾文化協会の Face Book(7/18)に出ていたので、岩立フォークテキスタイル
ミュージアムのホームページを訪ねました。

「インドネシア 僻地の手仕事 - スマトラ島、ティモール島など」
a0054926_20084100.jpg
2019年8月1日 - 11月9日
@岩立フォークテキスタイルミュージアム 目黒区自由が丘
(会期中の木・金・土曜日 開館)


インドネシアは大小何千という島々から成り、染織の宝庫とも言われます。
今展では土着の手仕事を中心にスマトラ島、ティモール島、
その他ヌサ・トゥンガラ諸島のテキスタイルを紹介します。


講演会

*各回予約制で定員40名、会費2,500円。
ご予約は8月6日(火)からお電話にて受付します。
(事務局03-3718-2461/10:00〜17:00/日・月は休み)

9月3日(火) 13:30−15:30
「西ティモール アトニ人の衣文化」
講師 |岡崎 真奈美
1995年にはじめてティモールを訪れる。紡錘で糸を紡ぎ、腰機で布を織り、
その布を巻く人々に出会う。「ティモール テキスタイル」の屋号を背負って東南アジアを歩き、
民族染織の蒐集と民族文化の調査を生活の糧とする。


10月8日(火) 13:30−15:30
「模様に託す思い ヌサ・トゥンガラ諸島の人々と、スマトラ島のランプン人」
講師 |渡辺 万知子
染織作家。1972年にインドネシアに渡って以来、現地の染織を独自に研究し、
国内各地での展覧会開催や講師を務める。染織工房「イカット」主宰。著書に、
島々の染織現場を記録した『染織列島 インドネシア』(めこん)がある。


ギャラリートーク
8月17日(土)/10月19日(土):岡崎 真奈美(ティモールテキスタイル)

9月21日(土)/10月26 日(土):内村 航(当館学芸員補)

いずれも予約不要で当日10:30−11:30に展示品の解説をします。
会費200円(別途入館料) 友の会会員は無料です。


「インドネシア 僻地の手仕事 - スマトラ島、ティモール島など」
http://iwatate-hiroko.com/current_exhibition/current_exhibition.html

by gado-gado | 2019-07-18 20:09 | インドネシアのバティック
2019年 07月 15日

エキゾティック バティック ジョグジャカルタ パクアラマン王室のバティックと絞り@阪急うめだ本店 (7/24 -7/29)

阪急うめだ本店のイベント案内に出ていました。
a0054926_09412504.jpg
エキゾティック バティック
ジョグジャカルタ パクアラマン王室のバティックと絞り

門外不出の王室バティックと絞り、
そして王子と王女の婚礼衣装を特別展示

パクアラマン王室より王子・王女が来店

パクアラマン王室文化を語るトークイベント

◎7月24日(水)~ 29日(月)
◎9階 アートステージ
※催し最終日は午後6時終了

主催:株式会社 阪急阪神百貨店
共催:一般財団法人 てこらぼ
後援:在大阪インドネシア共和国総領事館


◆7月27日(土)14時より、Dari K代表吉野のトークショー「インドネシアのカカオとチョコレート」


エキゾティック バティック
ジョグジャカルタ パクアラマン王室のバティックと絞り
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/event/index.html

by gado-gado | 2019-07-15 09:42 | インドネシアのバティック
2019年 07月 08日

バティックの展覧会:永原リタバティック染め工房作品展 & Hot - Hoto Summer by Riitta 永原リタ ろうけつ染め T-Shirt 展

フィンランド人バティック作家の永原リタさんから展覧会のお知らせが届きました。

a0054926_10050090.jpg
永原リタバティック工房作品展
会期:7月22日(月)~23日(火)
会場:田無 ASTA イベント広場

a0054926_10063841.jpg
Hot - Hoto Summer by Riitta
永原リタ ろうけつ染め T-Shirt 展
会期:7月24日(水)~28日(日)
会場:ギャラリーSpace KIRAKU
保谷駅南口5分


スペースkiraku
https://www.facebook.com/スペースkiraku-242185502934347/


関連記事
2012年 06月 23日
永原リタのバティック(ろうけつ染め)Tシャツ展@谷中ボッサ
https://gadogado.exblog.jp/15624373/


2007年 12月 29日
永原リタ ろうけつ染め作品展
http://gadogado.exblog.jp/6615282/


2007年 04月 05日
永原リタ ろうけつ染め作品展
http://gadogado.exblog.jp/5358897

by gado-gado | 2019-07-08 10:07 | インドネシアのバティック
2019年 06月 08日

京都の町家でまったり 五感で楽しむジャワ ジャムウ・ワヤン・バティック

日本-インドネシア服飾文化協会の Face Book(6/8)に出ていました。

大正3年築造の京町家でのんびりゆったりジャワな時間を…

バティック作家フジモトヤスヨとジャワガムラン演奏家松田仁美の念願のジャワイベント。
一日いろんなジャワ関連イベントに、バティック雑貨、衣料品、アクセサリーなどなどお店も出ます!
東京からの出店、テテスマニスさんのじんわり体に響く薬草ドリンク「ジャムウ」もぜひ味わってください。

五感で楽しむジャワ、ぜひお越しください。

a0054926_08471166.jpg
★日時 7月6日土曜日・7月7日(日・七夕)

★場所 Bonjour!現代文明 京都市河原町丸太町

★イベントスケジュール
カフェ、雑貨等販売は一日やっております

==6日土曜 Open 11:00~==
14:00-15:30
自分で作るオリジナルシルクスクリーンワークショップ
(フジモトヤスヨ)材料費込み3000円
※モチーフはバテック文様や猫柄など用意しています。オリジナルも可。出来上がったシルクスクリーンはお持ち帰りいただけます。

16:00-17:00
ジャワの薬草ドリンク「ジャムウ」のお話と体質診断
(テテスマニス)
※テテスマニスの代表的なジャムウの紹介、薬効のお話に加え、
個人個人の体調を診断し、ベースのジャムウをさらにカスタムして必要な薬草を加えてお一人ずつ
おつくりします。
ジャムウ代 650円 お話や体質診断は無料です。

17:30-18:30
影絵芝居「ワヤン」コンサート(Nanang&Tidak Apa-apa)
2500円 ワヤン柄のキーホルダー付!

==7日日曜 Open 10:00~==
11:00-12:30
バティック文様を取り入れたシルクスクリーンのワークショップ(フジモトヤスヨ)3000円

13:00-14:00
ジャワの薬草ドリンク「ジャムウ」のお話と体質診断
(テテスマニス)

14:30-15:30
リラックスジャムウとお昼寝ガムラン(Nanang&Tidak Apa-apa)
ねむりを誘う生ツボ草入りジャムウ付き 2700円

16:30-17:30
ジャワの薬草ドリンク「ジャムウ」のお話と体質診断
(テテスマニス)ジャムウ代650円


町家でまったりジャワ 7/6㈯・7/7(日)
https://www.facebook.com/events/339750856720454/



by gado-gado | 2019-06-08 08:49 | インドネシアのバティック
2019年 05月 19日

展覧会:長尾久仁子 Batik/絵更紗展@吉祥寺ベストギャラリィ創 (5/16 - 5/22) インドネシアのバティック

友人から展覧会のお知らせをいただきました。

a0054926_08395776.jpg
長尾久仁子 Batik/絵更紗展
会期:5/16(木)~5/22(水)12:00 ~ 18:00 (最終日は16:00まで)

会場:リベストギャラリィ創
武蔵野市吉祥寺東町 1-1-19
http://www.libestgallery.jp/


「~主婦の趣味で始めた染め物~
今から30年前、夫の赴任でインドネシアへ行きました。
そこで、ろうけつ染め(ジャワ更紗)に出会いました。
それと同時に、ジャカルタには他の国の人も赴任しておられて、
その中のフランスの方にシルクペイントも教わりました。
そして、帰国後やはり何か始めたいと思い、
色々調べて絵更紗に出会ったのです。
コツコツと30余年。70歳、古希の思い出に作品展を開きます。」
長尾久仁子氏


リベストギャラリィ創
http://www.libestgallery.jp/

by gado-gado | 2019-05-19 08:40 | インドネシアのバティック