カテゴリ:新刊(インドネシア語)( 799 )


2018年 02月 19日

新刊:Keluarga interdependen dalam Karya Ogawa Yoko(Rima Devi著 インドネシア語 小川洋子論)

著者・Rima Deviさんの Face Book(2/19)に出ていたので、出版社・erkaの
ホームページを訪ねました。
Rima Deviさんは西スマトラの国立アンダラス大学の日本語の先生です。

a0054926_20471775.jpg

Judul: Keluarga interdependen dalam Karya Ogawa Yoko
Penulis: Rima Devi
Kata Pengantar: Ustad Andy Bangkit Setiawan
Penerbit: erka
ISBN: 978-602-6506-32-0


KELUARGA INTERDEPENDEN DALAM KARYA OGAWA YOKO
http://erkapublishing.com/product/keluarga-interdependen-dalam-karya-ogawa-yoko/
[PR]

by gado-gado | 2018-02-19 20:48 | 新刊(インドネシア語)
2018年 02月 19日

新刊:Membongkar Mitos Kesusastraan Indonesia (インドネシア文学)

pustakapujangga.com(2017/12/14))に出ていました。

a0054926_18514141.gif

Judul: Edisi Revolusi dalam Kritik Sastra
MEMBONGKAR MITOS KESUSASTRAAN INDONESIA
Buku Pertama: Esai-esai Pelopor Pemberontakan Sejarah Kesusastraan Indonesia
Penulis: Nurel Javissyarqi
Penerbit: Pustaka Pujangga
Cetak: Jan 2018
Harga: Rp.110.000


Buku Membongkar Mitos Kesusastraan Indonesia
http://pustakapujangga.com/2017/12/kandungan-buku-membongkar-mitos-kesusastraan-indonesia/
[PR]

by gado-gado | 2018-02-19 18:51 | 新刊(インドネシア語)
2018年 02月 17日

尾崎さんのインドネシア日本語電子版辞書 50万語収録へ 編さん29年 執念の集大成

今朝(2/17)のじゃかるた新聞のトップ記事に出ていました。


 パソコンやタブレット端末にインストールして使えるインドネシア語─日本語の電子辞書
「尾崎辞書」の収録語数が48万語を超え、50万語に達する勢いだ。約50年にわたり
インドネシアと付き合ってきた元駐在員の尾崎賢悟さん(68)は1990年に辞書編さんを
開始。退職後もインドネシアに滞在し、1人で辞書作りに取り組んできたが、「インドネシア
生活最後の年」となることしはラストスパートを掛ける。


尾崎さんは毎朝、日刊紙コンパスのウェブ版と向き合う。面白いと思う記事から、未収録の
単語を発見する作業や既存収録語のスペルチェックを行う。外来語のインドネシア語訳や俗語
なども網羅。毎日欠かさず夕方まで作業しており、新たに発見する単語が少なくなった最近は
手紙を書くときの言い回しや熟語の収録も重視している。


 19年には日本に帰り、東京五輪でインドネシア語関係のボランティアをしたいと考えて
いる。「50万語になったら肩の荷が降ろせる」と話すが、言葉の世界の旅はまだ続きそうだ。


 尾崎辞書は7千円。問い合わせは(ozaki323@yahoo.co.jp)まで

a0054926_16435105.jpg



尾崎辞書、50万語収録へ イ日電子版 編さん29年 執念の集大成
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/40275.html


関連サイト
尾崎インドネシア語電子辞書
http://kamus-ozaki.com/


関連記事
2009年 11月 23日
尾崎さんのインドネシア日本語電子版辞書
http://gadogado.exblog.jp/9290533/


[PR]

by gado-gado | 2018-02-17 16:48 | 新刊(インドネシア語)
2018年 01月 29日

新刊:"Dilarang Gondrong! Praktik Kekuasaan Orde Baru terhadap Anak Muda Awal 1970an"(インドネシア語)

出版社・Marjin Kiriの Face Book(1/29)に出ていました。

a0054926_22584460.jpg

Judul: "Dilarang Gondrong! Praktik Kekuasaan Orde Baru terhadap Anak Muda Awal 1970an" – Edisi 2
Penulis : Aria Wiratma Yudhistira
Pengantar: Andi Achdian
ISBN: 978-979-1260-75-6
Penerbit: Marjin Kiri
Harga: Rp60.000,00
Categories: Kajian Indonesia, Sosial-Politik

Pada awal berdirinya Orde Baru, musuh besar penguasa ternyata bukan hanya komunisme,
melainkan juga… rambut gondrong!


Dilarang Gondrong! Praktik Kekuasaan Orde Baru terhadap Anak Muda Awal 1970an – Edisi 2
http://marjinkiri.com/product/dilarang-gondrong-praktik-kekuasaan-orde-baru-terhadap-anak-muda-awal-1970an-edisi-2/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-29 23:05 | 新刊(インドネシア語)
2018年 01月 23日

新刊:日本文化と猫好きのインドネシアのイラストレーター・Naela Ali さんのアートブック3冊 

video.tempo.co(1/21)に出ていました。

a0054926_13340527.jpg

Judul: Storie for Rainy Days volume 1, 2
Penulis: Naela Ali
Penerbit: Kepustakaan Populer Gramedia
Jumlah Halaman: 208
Tanggal Terbit: Jun 9, 2016
ISBN: 9786024240592

a0054926_13333785.jpg

Judul: Things and Thoughts I Drew when I was Bored Naela Ali
Penulis: Naela Ali
Penerbit: Kepustakaan Populer Gramedia
Jumlah Halaman: 160
Tanggal Terbit: Sep 18, 2017
ISBN: 9786024244194


Naela Ali, ilusrator yang Suka Tema Kebudayaan Jepang dan Kucing
https://video.tempo.co/read/9235/naela-ali-ilustrator-yang-suka-tema-kebudayaan-jepang-dan-kucing


関連サイト
naelaali
https://www.instagram.com/naelaali/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-23 13:35 | 新刊(インドネシア語)
2018年 01月 17日

新刊:Groningen Mom's Journal(インドネシア語 オランダ留学)

著者・Monika Oktoraさんの Face Book(1/17)に出ていました。

a0054926_07065580.jpg

Judul: Groningen Mom's Journal -Jejak Mimpi Keluarga Kecil di Ujung Utara Belanda-
Penulis: Monika Oktora
Penerbit: Elex Media Komputindo
Tanggal Terbit: 22 Januari 2018
Harga: Rp. 64.800



Groningen Mom's Journal
-Jejak Mimpi Keluarga Kecil di Ujung Utara Belanda-
https://www.facebook.com/monikapuryoktora/posts/10156868570923561
[PR]

by gado-gado | 2018-01-17 07:07 | 新刊(インドネシア語)
2018年 01月 15日

新刊: Land Reform & Gerakan Agraria(インドネシア語)

新刊:Land Reform & Gerakan Agraria(インドネシア語)
info.pikiran-rakyat.com(2017/10/19)に出ていました。


a0054926_20175805.gif
Judul: Land Reform & Gerakan Agraria
Penulis: Noer Fauzi Rachman
Penerbit: Insist Press 2017
Tebal: 756 halaman

Land Reform & Gerakan Agraria
http://info.pikiran-rakyat.com/info-kita/land-reform-gerakan-agraria


関連映像LAND REFORM & GERAKAN AGRARIA INDONESIA/ Book Trailer/ INSISTPress 2017

https://www.youtube.com/watch?v=3khLpWpTqoo&feature=share


[PR]

by gado-gado | 2018-01-15 20:23 | 新刊(インドネシア語)
2018年 01月 13日

新刊:Dengkleung Dengdek(著者:Ajip Rosidi)インドネシア スンダ語

Penerbit Kiblat Buku Utama の Face Book(1/13)に出ていました。

a0054926_19574086.jpg

Judul: "Dengkleung Dengdek"
Kumpulan Esey jeung Kritik ngeunaan Basa Sunda jeung Sastra Sunda,
Penulis: Ajip Rosidi
Penerbit Kiblat Buku Utama
Tebal: 192 halaman
Harga: Rp48.000


Penerbit Kiblat Buku Utama
https://www.facebook.com/kiblatbukuutama/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-13 19:57 | 新刊(インドネシア語)
2018年 01月 10日

新刊:Hiburan Masa Lalu dan Tradisi Lokal(インドネシア語)

出版社・INSISTPressのホームページに出ていました。

a0054926_19493169.jpg

Judul: Hiburan Masa Lalu dan Tradisi Lokal:
Kumpulan Esai Seni, Budaya, dan Sejarah Indonesia
Penulis: Fandy Hutari
Pengantar: Afrizal Malna
Penyunting: Markaban M. Anwar •
Pemeriksa aksara: Robandi
Perancang sampul & isi: Narto Anjala
Penerbit: INSISTPress
Terbit: Desember 2017
Tebal: 246 halaman
Harga: Rp 50.000,00


Hiburan Masa Lalu dan Tradisi Lokal: Kumpulan Esai Seni, Budaya, dan Sejarah Indonesia
http://insistpress.com/katalog/hiburan-masa-lalu-dan-tradisi-lokal-kumpulan-esai-seni-budaya-dan-sejarah-indonesia/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-10 19:50 | 新刊(インドネシア語)
2018年 01月 10日

新刊:"Keunikan Sastra Jepang" 日本文学入門書(インドネシア・ダルマプルサダ大学の森田安子さん)

昨日(1/9)ジャカルタの大学で日本語を教えている友人の Face Book に "Keunikan Sastra Jepang"を
手にした写真が出ていたので、検索していたところでした。


今朝(1/10)のじゃかるた新聞のピックアップ記事に出ていました。

a0054926_07054730.gif

 ダルマプルサダ大(東ジャカルタ)で日本文学を教える森田安子さん(72)がこのほど、
日本文学入門書「クウニカン・サストラ・ジャパン(日本文学の特殊性)」を出版した。
日本語学習者数で世界第2位といわれるインドネシアだが、欧米などと異なり日本文学の
研究に取り組む人は少ない。「難しそうで近寄りがたいと思われがちな日本文学に興味を
持つきっかけに」と、同大専任講師のディラ・リスマヤンティさんと約2年半をかけてまとめあげた。

森田さんは「日本人を理解するには、日本文学を読むことが近道であり王道。この本は、
大学教員としての自分の集大成で、次世代を託す日本語学科の先生や学生たちへのバトン。
日本文学の理解をより深めるお手伝いができれば」と語った。

 また、共著者のディラさんは「四季のない国の人に、俳句の前提となる季語をどのように
理解してもらうのか。輪廻の概念や『行間を読む』ということを、いかに説明するか。一つの
言葉について(森田さんと)2人で1カ月以上かけて話し合ったこともあった」と振り返る。


 同書は日本語、インドネシア語併記でB6版96ページ。価格は5万ルピア。
1月からグラメディアの各書店で販売を始めた。


Judul: Keunikan Sastra Jepang
Penulis: 森田安子, Dila Rismayanti
Penerbit:
Harga: Rp.50.000
Tebal: 96 halaman


日本文学入門書を出版 「次世代へのバトン」 ダルマプルサダ大森田安子さん
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/39538.html
[PR]

by gado-gado | 2018-01-10 07:07 | 新刊(インドネシア語)