カテゴリ:インドネシアの文学( 388 )


2018年 05月 14日

新刊:Maukah Kau Menghapus Bekas Bibirnya di Bibirku dengan Bibirmu? インドネシア語

Jual Buku Sastra-JBSの Face Book(5/14)に出ていました。

a0054926_21050415.jpg

Judul: Maukah Kau Menghapus Bekas Bibirnya di Bibirku dengan Bibirmu?
Penulis: Hamsad Rangkuti
Kata Pengantar: Agus Noor
Penerbit: Diva Press
Cetak: 2016
Tebal: 236 hlm
Harga: Rp. 65.000


Jual Buku Sastra-JBS
https://www.facebook.com/kedaijbs/
[PR]

by gado-gado | 2018-05-14 21:05 | インドネシアの文学
2018年 05月 14日

新刊:Serat Cantigi インドネシア語 小説

Jual Buku Sastra-JBSの Face Book(5/14)に出ていました。

a0054926_20563404.jpg

Judul: Serat Cantigi
Penulis: E. Rokajat Asura
Penerbit: Yogyakarta, Mojok
Cetak: Mei 2018
Tebal: viii+298 hlm
Harga: Rp. 78.000

2時間前 · Instagram ·


Pergulatan seorang anak untuk menemukan fakta bahwa bapaknya tidak terlibat
pemberontakan DI/TII mendapati jejak terjal.


Jual Buku Sastra-JBS
https://www.facebook.com/kedaijbs/
[PR]

by gado-gado | 2018-05-14 20:57 | インドネシアの文学
2018年 05月 14日

原色の声 響く町で インドネシアの国際作家フェスから=和合亮一(詩人)@毎日新聞 5/14

毎日新聞(5/14)に出ていました。

a0054926_07022264.gif

 インドネシア、スラウェシ島南部の都市マカッサルへ。ここで5月2日から国際作家
フェスティバルが開かれている。2011年から始まった。当時は日本で起きた東日本
大震災が大きな話題となったとお伺いした。インドネシアも04年のスマトラ島沖地震で
大きな津波を経験している。


 メイン会場は観光の名所であるロッテルダム要塞(ようさい)。この場所を中心に、
4日間で81ものトークセッションや朗読会が催されることになる。2日目の朝に到着。
その日の夕方5時、中庭の芝生で連日開催されているオープンマイクに飛び入りで参加
した。日本語の朗読であったが、驚くほどの拍手や歓声が初めからあり、こちらが驚いて
しまった。これまでアジアやヨーロッパの各国で朗読をし、それぞれにリアクションの力を
感じたが、どの国とも似ていない生の感じが草の上の客席にあった。翌日の夕刻もまた飛び
入り参加をした。その後、夜更けのメイン会場でも朗読させていただいた。客席の熱気と声
とが回を追うごとに増すように感じられる。とくに若者たちが多く集まってきた。


 国立ハサヌディン大学にて、震災と詩にまつわる講演もさせていただいた。リリ教授が
初めにスピーチをしてくださった。「壊れた橋や建物は必ず元に戻せる。しかし心は直せ
ない」。だからこそ、言葉が橋を架けることが必要なのだ、と。教室に集まってくれた学生
たちの多くは日本語を学んでいる。リリ教授はこう続けた。「日本に行ったら単なる旅行者
では終わらないこと」「日本語を学ぼうとするだけではなく、言葉とそこに暮らしている人を
学ぶこと」。熱心な学生たちの眼(め)に、この国と彼らがこれから訪れる日本の未来を想った。



原色の声 響く町で インドネシアの国際作家フェスから=和合亮一(詩人)
https://mainichi.jp/articles/20180514/dde/014/040/005000c


関連記事
マカッサル国際作家フェスティバル2018(5/2-5)
http://matsui-glocal.com/2018/05/12/マカッサル国際作家フェスティバル2018(5-2-5)/


2018年 04月 26日
福島から詩人・和合亮一さん 詩の朗読@マカッサル国際作家フェスティバル2018
https://gadogado.exblog.jp/238483436/


関連サイト
Makassar International Writers Festival 2018
http://makassarwriters.com/
[PR]

by gado-gado | 2018-05-14 20:40 | インドネシアの文学
2018年 05月 10日

インドネシアの作家・Pramoedya Ananta Toer 討論会:Pram The Man and His Legacy ジャカルタ

Richard Oh さんの Face Book(5/9)に出ていました。

a0054926_00172462.jpg
Pram The Man and His Legacy
Book Anthor Talk
日時:Sabtu, 12 Mei 2018 9.30 - 12:00
会場:Dia.Lo.Gue (artspace) Jl. Kemang Selatan 99a, Jakarta
主催:Jakarta Globe Reading Club

スピーカー
Max Lane (Pramoedya Ananta Toer's Translator)
Richard Oh (Novelist, Filmmaker and Director of Upcoming Film Adaptation "Perpuruan")


映画監督のRichard Oh さんは、Pramoedya Ananta Toerの小説・"Perpuruan"の映画を制作中。


Dia.Lo.Gue (artspace)
https://dialogue-artspace.com/


[PR]

by gado-gado | 2018-05-10 00:18 | インドネシアの文学
2018年 05月 07日

祝・インドネシアの詩人・D Kemalawati さん バンダ・アチェ賞2018受賞

cakradunia.comに出ていました。

バンダ・アチェ市813周年記念事業
テーマ:“I Love Banda Aceh”

バンダ・アチェ賞
芸術・文学部門: D Kemalawati

a0054926_13391085.jpg

Sastrawati nasional asal Aceh, D Kemalawati menerima penghargaan dari Walikota
Banda Aceh yang diserahkan pada malam resepsi HUT Kota Banda Aceh ke-813 yang
digelar di Taman Bustanussalatin (Taman Sari), Sabtu (5/5/18).

Untuk katagori seniman dan sastrawan Pemko Banda Aceh hanya memberikan kepada
D Kemalawati, penyair kelahiran Meulaboh Aceh Barat. Sementara katagori lain
diberikan lebih dari satu orang.

Sastrawati D Kemalawati Terima Banda Aceh Award 2018
http://cakradunia.com/d-kemalawati-terima-banda-aceh-award-2018.html


関連記事
D Kemalawati, Penyair Paling Produktif di Aceh
http://atjehliterature.blogspot.jp/2014/01/d-kemalawati-penyair-paling-produktif-di-aceh.html


Puisi Kopi D Kemalawati
http://www.lintasgayo.com/35856/puisi-kopi-d-kemalawati.html


2016年 07月 02日
インドネシア・アチェ国際(8ヶ国)詩人会議 & 27冊の詩集出版
https://gadogado.exblog.jp/22959686/
[PR]

by gado-gado | 2018-05-07 13:40 | インドネシアの文学
2018年 04月 26日

福島から詩人・和合亮一さん 詩の朗読@マカッサル国際作家フェスティバル2018

松井和久さんのブログ「ぐろーかる日記」(4/25)に出ていました。


予告:マカッサル国際作家フェスティバルに和合亮一氏が参加

そして、今年のフェスティバルには、福島の詩人・和合亮一氏に参加していただく
ことになりました。和合氏には、フェスティバルのなかで、震災後から現在に至る
福島の声を伝えていただき、詩の朗読もお願いする予定です。


マカッサル国際作家フェスティバル2018

a0054926_07022264.gif
Makassar International Writers Festival 2018
テーマ:Voice and Noise
会期:2 - 5 Mei 2018
会場:Fort Rotterdam


★今年、マカッサルから文学者を福島へ招聘する計画もあるそうです。


予告:マカッサル国際作家フェスティバルに和合亮一氏が参加
https://glocal-diary.blogspot.jp/2018/04/blog-post_25.html?spref=fb


関連サイト
Makassar International Writers Festival 2018
http://makassarwriters.com/


関連記事
 現代詩手帖2018年4月号:[特集]和合亮一、広がる詩の水平線
http://www.shichosha.co.jp/gendaishitecho/item_2034.html


2017年 05月 18日
インドネシアで 第7回マカッサル国際作家フェスティバル2017
https://gadogado.exblog.jp/23891297/


2016年 05月 11日
日本から松田青子さん@インドネシア・マカッサル国際作家フェスティバル2016
http://gadogado.exblog.jp/22799393/


2015年 06月 03日
絵本作家のきたむらさとしさん@インドネシア・マカッサル国際作家フェスティバル
http://gadogado.exblog.jp/21303518/


2014年 05月 17日
インドネシアでマカッサル国際作家フェスティバル 
Makassar International Writers Festival 2014
http://gadogado.exblog.jp/19805548/


2013年 06月 30日
インドネシアでマカッサル国際作家フェスティバル:
Makassar International Writers Festival 2013(2)
http://gadogado.exblog.jp/18017498/


2013年 06月 12日
インドネシアでマカッサル国際作家フェスティバル:
Makassar International Writers Festival 2013
http://gadogado.exblog.jp/17937815/


2011年 05月 12日
Makassar International Writers Festival 2011
http://gadogado.exblog.jp/12561729/


[PR]

by gado-gado | 2018-04-26 07:03 | インドネシアの文学
2018年 04月 11日

インドネシアの作家:Danartoさん  (27 Juni 1940-10 April 2018)

dkj.or.id/berita(4/11)に作家:Danartoさんの訃報が出ていました。
1990年から1年間京都大学東南アジア研究所の招聘外国人学者として日本に滞在。
ご冥福をお祈りします。

a0054926_19005797.jpg

Sastra Indonesia berduka. Sastrawan Indonesia, Danarto, meninggal dunia pada
hari Selasa, (10/4/2018) pkl. 20.54 WIB di Rumah Sakit Fatmawati, Jakarta,
akibat kecelakaan lalu lintas di Jalan Ir. Juanda, dekat UIN, Ciputat, Tangerang
Selatan.

Danarto lahir di Sragen, Jawa Tengah, 27 Juni 1940 sebagai anak keempat dari lima
bersaudara dari pasangan Jakio Harjodinomo, seorang mandor pabrik gula, dan Siti Aminah,
pedagang pengecer batik. Danarto menempuh pendidikan di Solo Sekolah Menengah Atas (SMA)
bagian Sastra dan melanjutkan studi di Akademi Seni Rupa Indonesia (ASRI) bidang Seni Lukis.


作品
Karya Danarto

Kumpulan Cerpen
• Godlob (1975)
• Adam Ma’rifat (1982)
• Orang Jawa Naik Haji, catatan perjalanan ibadah haji (1983)
• Berhala (1987)
• Setangkai Melati di Sayap Jibril (2000)
• Kacapiring (2008)

Novel
• Asmaraloka (1999)

Drama
• Obrok, Owok-Owok, Ebrek Ewek-Ewek (1976)
• Bel Geduwel Beh (1976)

Kumpulan Esai
• Gerak-gerak Allah (1996)


Berpulangnya Sastrawan Danarto
http://dkj.or.id/berita/berpulangnya-sastrawan-danarto/


資料
Danarto
https://id.wikipedia.org/wiki/Danarto


関連記事
原作は、 Danarto の短編・“Mereka Toh Tidak Mungkin Menjaring Malaikat”
2016年 11月 25日
インドネシアの演劇:"MENJARING MALAIKAT”@Festival Teater Jakarta
https://gadogado.exblog.jp/23399674/


原作::Danarto
2010年 06月 11日
インドネシアの演劇:Obrok Owok-owok, Ebrek Ewek-ewek@Teater Alam
https://gadogado.exblog.jp/10786556/


Danarto (69) untuk bidang kesusastraan
2009年 08月 15日
2009年度 Achmad Bakrie 賞(インドネシア)
https://gadogado.exblog.jp/8809321
[PR]

by gado-gado | 2018-04-11 19:06 | インドネシアの文学
2018年 01月 10日

インドネシア文学研究者・Melani Budiantaさんの公開講座:“Sastra, Hoaks, & Humaniora”

Dewan Kesenian Jakarta の Face Book(1/10)に出ていました。

Komite Sastra Dewan Kesenian Jakarta 主催。


Bincang Tokoh #10
テーマ:“Sastra, Hoaks, & Humaniora”
講師:Melani Budianta(インドネシア大学人文学部教授)
日時;:Rabu, 17 Januari 2018 Pukul 16.00 — 19.00 WIB
会場:Galeri Cipta III, Taman Ismail Marzuki

a0054926_14291546.jpg

Dewan Kesenian Jakarta
https://www.facebook.com/dewankesenianjakarta/


関連記事
2009年 07月 04日
4人のインドネシア大学の先生@インター・エイジア・カルチュラルタイフーン2009
http://gadogado.exblog.jp/8561560/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-10 14:43 | インドネシアの文学
2017年 12月 24日

新刊:Mata di Tanah Melus(著者:Okky Madasari)インドネシア語

Okky Madasariさんの Face Book(12/24)に出ていたので、元記事hot.detik.com/book
(12/22)を読みに行きました。
来年1月22日に出版予定。初めての子ども向けの小説。

a0054926_18453877.jpg

Judul: Mata di Tanah Melus
Penulis: Okky Madasari
Penerbit: Gramedia Pustaka Utama


Okky Madasari Segera Rilis Novel Baru Januari 2018
https://hot.detik.com/book/3781603/okky-madasari-segera-rilis-novel-baru-januari-2018


関連記事
2012年 12月 06日
インドネシアの文学賞:Khatulistiwa Literary Award 2012 受賞者発表
http://gadogado.exblog.jp/16931067/


2010年 04月 21日
新刊:“Entrok”(インドネシア語)
http://gadogado.exblog.jp/10462194/


Okky Madasari Ikuti Program Residensi Penulis ke Amerika
https://hot.detik.com/book/3590246/okky-madasari-ikuti-program-residensi-penulis-ke-amerika
[PR]

by gado-gado | 2017-12-24 18:49 | インドネシアの文学
2017年 11月 09日

インドネシアの作家3人ゲストスピーカー@マレーシア  George Town Literary Festival

Gramedia Pustaka Utamaの Face Book(11/9)に出ていました。

a0054926_11220142.gif

左から
Intan Paramaditha, , Laksmi Pamuntjak, M Aan Mansyur



Intan Paramaditha is an Indonesian author and a lecturer in media and film studies at Macquarie University, Australia. Reworking horror, myths and fairy tales, her fiction explores the relationship between gender and sexuality, culture and politics. She has published two collections of short stories: Sihir Perempuan (2005), shortlisted for the 2005 Khatulistiwa Literary Award, and Kumpulan Budak Setan (with Eka Kurniawan and Ugoran Prasad, 2010). She collaborated with Teater Garasi in the production of Goyang Penasaran, a play on sexuality and religious conservatism in Indonesia. Her short stories have been translated into English and German as Spinner of Darkness and Other Tales (2015).



Laksmi Pamuntjak is a bilingual Indonesian novelist, poet, essayist, journalist and food critic. Her bestselling first novel, Amba (The Question of Red, 2012/2016), won Germany’s LiBeraturpreis (2016) and was named in first place on the Weltempfänger list of the best works of fiction translated into German (2015). The novel was also shortlisted for the Khatulistiwa Literary Award (2012). Her latest book, There Are Tears in Things (2017), contains poems and prose texts, newly and previously published, collected over a period of 15 years. Her novel The Birdwoman’s Palate is due in 2018. She also writes on culture and politics for the Guardian and divides her time between Berlin and Jakarta.



M Aan Mansyur works as a community librarian at Katakerja, a social and creative space in Makassar, and is the program curator for the Makassar International Writers Festival. The author of several volumes of poetry and prose work; a recent collection of his poetry, Tidak Ada New York Hari Ini (There Is No New York Today) became a national bestseller, selling more than 100,000 copies in less than six months.



関連サイト
a0054926_11222916.png
George Town Literary Festival
http://www.georgetownlitfest.com/


関連記事
2017年 10月 09日
新刊:Gentayangan: Pilih Sendiri Petualangan Sepatu Merahmu (Intan Paramaditha著)インドネシア語
http://gadogado.exblog.jp/237851251/


2015年 04月 17日
新刊:"Amba" (インドネシア語 小説 Laksmi Pamuntjak 著)
http://gadogado.exblog.jp/21130103/


2016年 01月 08日
インドネシアの詩人:Aan Mansyur@映画:Ada Apa Dengan Cinta? 2 (AADC 2)
http://gadogado.exblog.jp/22107059/
[PR]

by gado-gado | 2017-11-09 11:23 | インドネシアの文学