カテゴリ:展覧会( 335 )


2018年 02月 13日

す下降にンバンレパ兵神神兵パレンバンに降下す@小沢剛 不完全−パラレルな美術史展覧会 千葉市美術館

今日(2/13)の朝日新聞夕刊の「文化」欄に出ていました。

a0054926_17152017.jpg

 第2次世界大戦下で描かれた「戦争画」に関する作品が2点ある。一つは、日本軍の兵士が銃を構える姿が描かれた、鶴田吾郎の戦争画「神兵パレンバンに降下す」を模写したもの。ただ忠実には写さず、片側に描いた絵を、キャンバスを二つ折りして転写することで、兵士同士が銃口を向け合う構図を作り出した。


2015年10月に資生堂ギャラリで開催された、「小沢剛展 帰って来たペインターF」に
行きましたがとてもおもしろかったです。


小沢剛 不完全−パラレルな美術史展覧会

a0054926_17134540.jpg

現代アーティスト小沢剛(1965-)は、自らの周りや美術の歴史などから様々な事象を
拾い上げ、笑いを誘うユーモアと鋭い分析的視点を備えた作品に仕立てあげてきました。
本展では、新作インスタレーションを筆頭に、小沢が日本美術史からテーマを得て制作
した作品を中心に展示します。


2018年1月6日 ー 2月25日
千葉市美術館


小沢剛
Tsuyoshi Ozawa
1965年東京生まれ。東京芸術大学在学中から、風景の中に自作の地蔵を建立し、写真に
収める《地蔵建立》開始。93年から牛乳箱を用いた超小型移動式ギャラリー《なすび画廊》や
《相談芸術》を開始。99年には日本美術史の名作を醤油でリメイクした《醤油画資料館》を制作。
2001年より女性が野菜で出来た武器を持つポートレート写真のシリーズ《ベジタブル・ウェポン》
を制作。2004年に個展「同時に答えろYesとNo!」(森美術館)、09年に個展「透明ランナーは走り
つづける」(広島市現代美術館)を開催。


小沢剛 不完全−パラレルな美術史|2017年度 展覧会 ... - 千葉市美術館
http://www.ccma-net.jp/exhibition_01.html


関連サイト
小沢剛
https://www.ozawatsuyoshi.net/


関連記事
「美術」のあり方に新視点 小沢剛、千葉で現代美術展 ブリオー氏、東京で講演
https://www.asahi.com/articles/DA3S13357927.html?iref=pc_ss_date
a0054926_17141023.jpg
■「小沢剛展 帰って来たペインターF」 開催要項
会期: 2015年10月23日(金)~ 12月27日(日)
会場: 資生堂ギャラリー

「帰って来た」シリーズ第二弾となる本展は、戦争中にインドネシアで従軍した
架空の日本人画家「ペインターF」の戦前から戦後の生きざまを物語にして、
絵画と映像作品に仕上げます。インドネシアでは日本軍の占領下だった1943年に、
現地の住民への宣撫活動を目的として文化施設が設けられました。そこでは現地
住民への美術教育が行われ、戦後のインドネシア画壇にいくばくかの影響を与えた
のではないかともいわれています。

2015年 10月 15日
小沢剛展 「帰って来たペインターF」(戦争中にインドネシアで従軍した架空の日本人画家)
http://gadogado.exblog.jp/21740899/
[PR]

by gado-gado | 2018-02-13 17:16 | 展覧会
2018年 02月 13日

インドネシアで 増山士郎個展:Pameran Tunggal Shiro Masuyama "Intervention"

主催者: Ruang MES 56 の Face Book(2/12)に出ていました。


Pameran Tunggal Shiro Masuyama "Intervention"
公開 · 主催者: Ruang MES 56

a0054926_07125166.jpg

15 - 21 Februari 2018
Ruang MES 56
Jalan Mangkuyudan No. 53A (Belakang Spa & Shiatsu)
Yogyakarta 55143

Pembukaan Pameran:
Kamis, 15 Februari 2018
19.00 WIB

Bincang Seniman:
Senin, 19 Februari 2018
16.00 WIB


Pameran Tunggal Shiro Masuyama "Intervention"
https://www.facebook.com/events/874550979383875/


関連ブログ
half year residencies in Southeast Asia!東南アジアでの半年のレジデンスのブログ
https://southeastasianresidencies.blogspot.jp/2018/02/feeling-better-after-accepting-all.html


関連サイト
Ruang MES 56
https://www.facebook.com/mes56/
[PR]

by gado-gado | 2018-02-13 07:14 | 展覧会
2018年 02月 09日

展覧会:「こころのカタチ」鋳金作家の梶浦聖子さんも@川越市 ruriro オープン企画

鋳金作家の梶浦聖子さんからご案内をいただきました。

梶浦聖子さんは、インドネシア政府奨学生としてジョグジャカルタの国立芸術大学で
彫刻を学ばれました。

a0054926_14353802.jpg
ruriro
オープニング企画「こころのカタチ」
本展は、梶浦聖子(鋳金)、鈴木修司(染付磁器)、寺村サチコ(テキスタイルアート)、
中村真(漆)、西山雪(ガラス)の素材も表現も異なる5人の作家の作品展示。


会期:2018年2月15日〜25日 11:00~18:00(会期中無休)

会場:ruriro 川越市田町2−8
電話:049-290-2391

会期中に
“中村真の金継ぎ相談会”17日13:00~
“百鬼丸の切り絵ライブ”18日13:30~
の2つのイベントが開催されます。

展示スペースの中で、体験するイベントの中で、忙しく効率を求めて動いている現代に生きる
私たちが、ふと振り返り、立ち止まり、感覚を見つめる。各作家が、制作に込めた想いを表現
した“カタチ”を通して、“こころ”にそっと寄り添います。

埼玉県の川越市にある一軒家空間に展開される制作が、暮らしと創作の世界を繋げます。


Ruriro(ルリロ)
https://www.facebook.com/ruriro2018/


関連記事
2015年 07月 28日
梶浦百展 『桃の交差点』(梶浦聖子&鈴木修司)@埼玉県鶴ヶ島市 ギャラリーううふ
http://gadogado.exblog.jp/21493765/


2015年 06月 19日
レクチャー:インドネシア芸術考@梶浦聖子 展 Chiku Chiku Chocolate 古民家ギャラリー「かぐや」
http://gadogado.exblog.jp/21359130/


2014年 10月 28日
インタビュー:インドネシアで在外研修の梶浦聖子さん@彩自慢 ~輝く埼玉人~ 
http://gadogado.exblog.jp/20328238/


2014年 10月 13日
インドネシアで在外研修の梶浦聖子さん@17th DOMANI・明日展
http://gadogado.exblog.jp/20284941/


2014年 04月 12日
梶浦聖子展 ーあの山の二階ー@ギャラリーううふ(埼玉・鶴ヶ島市)
(インドネシア・ジョグジャカルタ)
http://gadogado.exblog.jp/19670355/


2012年 10月 12日
鋳金作家・梶浦聖子さんの「展覧会にひとくぎり」@現代手工芸乃党のモノ作りコラム
http://gadogado.exblog.jp/16568705/


2012年 09月 15日
梶浦聖子個展:バッハとクラゲ 第二章@銀座ペッパーズギャラリー
http://gadogado.exblog.jp/16198711/


2012年 05月 09日
展覧会 梶浦聖子コテンコテン Seiko Kajiura Koten Koten ~ハリカミスとただいま~
http://gadogado.exblog.jp/15260014/


2012年 04月 21日
インドネシア・ジャワのビンテージ家具@現代手工芸乃党のモノ作りコラム
http://gadogado.exblog.jp/15097902/


2011年 03月 06日
展覧会:東京ウサギ(TOKYO KELINCI)加藤真美/梶浦聖子/笠原里愛/早川純子
@インドネシア・ジョグジャ
http://gadogado.exblog.jp/12229585/


2008年 01月 16日
梶浦聖子@ジョグジャカルタ ビエンナーレ 2007
http://gadogado.exblog.jp/6685578/


2007年 09月 13日
インドネシア在住の梶浦聖子さん@国際野外の表現展2007比企
http://gadogado.exblog.jp/6159273/


2007年 02月 17日
梶浦聖子個展 島鳥
http://gadogado.exblog.jp/5131982


2007年 01月 30日
梶浦聖子個展 島鳥(Simadori in Tokyo)
http://gadogado.exblog.jp/m2007-01-01/#5054230


2006年 02月 26日
梶浦 聖子 個展 「 クロモスガッタ 」
http://gadogado.exblog.jp/3255670/


[PR]

by gado-gado | 2018-02-09 14:36 | 展覧会
2018年 01月 15日

インドネシアGotha Antasenaさんのジョグジャ芸術大学卒業制作展: "PEREMPUAN"

Gotha Antasenaさんの Face Book(1/1)に出ていました。

Gotha Antasenaさんは逗子海岸映画祭に2年連続で参加しています。


Pande Gotha Antasena
EXHIBITION"PEREMPUAN"
Final Exam, TA

a0054926_07203423.jpg

会期:17 - 19 Januari 2018
会場:R.J Katamsi ISI Yogyakarta

Dosen Pembimbing I: Drs. Titoes Libert.M.Sn.
Dosen Pembimbing II: I Gede Arya Sucitra. S.Sn.M.A.


Gotha Antasena
https://www.facebook.com/Goooootcha


関連サイト
Gotha Antasena
http://www.thepictaram.club/instagram/gothaantasena


関連記事
2017年 05月 16日
インドネシアの短篇映画@インドネシアデイ5/6@逗子海岸映画祭 観客500人
http://gadogado.exblog.jp/23888107/


2016年 04月 30日
インドネシアの映画・"Siti" & 実験音楽@逗子海岸映画祭  インドネシア・デイ(5/7)
http://gadogado.exblog.jp/22764378/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-15 07:22 | 展覧会
2017年 11月 11日

インドネシア 7世紀の交易大国 国立博物館 スリウィジャヤ特別展:Kedatuan Sriwijaya The Great Maritime Empire

今朝(11/11)のじゃかるた新聞に出ていました。

a0054926_06162692.jpg

 中央ジャカルタの国立博物館で、特別展「都市国家スリウィジャヤ——偉大な海洋帝国」が
開催されている。インドネシア最初の国家とされ、交易大国だったスリウィジャヤ王国
時代の香辛料貿易などについて知ることができる。

 スリウィジャヤ王国は7世紀ごろ、マラッカ海峡を挟むスマトラ島とマレー半島を支配、
以後数百年以上、香辛料などの中継貿易で繁栄した。特別展は、唐の僧侶義浄が671年、
インドに向かう途中、同国を訪れた記録から始まる。


 特別展は28日まで。開館は火~金曜が午前8時~午後4時、土、日曜が午前8時~午後5時。
入場料はインドネシア人が5千ルピア、子ども2千ルピア、外国人は1万ルピア。


7世紀の交易大国 国立博物館 スリウィジャヤ特別展
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/38456.html


関連記事
Jalur Rempah Masa Kedatuan Sriwijaya
http://www.museumnasional.or.id/jalur-rempah-masa-kedatuan-sriwijaya-1221


関連映像
Kedatuan Sriwijaya Jalur Rampah - Museum Nasional Jakarta

[PR]

by gado-gado | 2017-11-11 06:24 | 展覧会
2017年 10月 13日

駐日インドネシア大使館主催「インドネシアの展示~環境とエコツーリズム~」@日本アセアンセンター

日本アセアンセンターのホームページに出ていました。


駐日インドネシア大使館主催
「インドネシアの展示~環境とエコツーリズム~」のご案内

a0054926_17594326.gif

10月21日(土)~25日(水)、日本アセアンセンター・アセアンホールで
「インドネシアの展示~環境とエコツーリズム」が開催されます。

本展示では、インドネシアの環境や資源保全に配慮して製作された製品、観光商品に加えて
同国の重要な産業である林業とそれに関する社会的責任プログラムをご紹介します。また、
地域の人々の手仕事による民芸品や、芸術家との交流を通して、彩り豊かなインドネシアの
文化についてもご紹介します。

特に今回は、インドネシアのユリ・プルワント氏と、日本の土肥麻里子氏によるアート展示も
併せて開催されますのでぜひお出かけください。

会期中、バティック描画や伝統楽器アンクルン演奏のワークショップなども
行われますのでふるってご参加ください。

♪♪ 参加募集中 ♪♪


1)開会式: 10月21日(土)11:00~

開会式では、インドネシアの伝統的な舞踊と武道のパフォーマンスもお楽しみいただけます。
またインドネシアのスナックなどもご用意いたします。
どなたでもご参加いただけますのでぜひお越しください。(事前登録不要)


2)バティック描画と、楽器アンクルンのワークショップ
●バティックの描画<22日(日)~25日(水) 11:00~12:00、15:30~16:30の2回>
バティック描画を体験してみませんか?初めての方にも楽しんでいただけるよう、
道具などもすべてご用意してお待ちしています。


●アンクルンを弾く<22日(日)~25日(水) 14:00~15:30>
インドネシアの伝統楽器アンクルン。専門家によるワークショップで、
竹の優しい音色をお楽しみください。


【お申込み方法】
ワークショップはお申込みいただいた方優先となります。
お申し込みは、ご希望の日時、氏名を下記宛にお知らせ願います。
お申込先: 在京インドネシア大使館 E-mail: forestry@kbritokyo.jp


<<開催概要>>

■日時: 2017年10月21日(土)~25日(水)午前10時30分~午後5時

■会場:

日本アセアンセンター・アセアンホール (都営三田線 御成門駅A4出口 徒歩1分)
東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1階
/ja/ajc/about/access.html 

■主催: 駐日インドネシア共和国大使館

■後援: 国際機関日本アセアンセンター

■参加費: 無料

■お問合せ: 在京インドネシア大使館 E-mail: forestry@kbritokyo.jp


インドネシアの展示:環境とエコツーリズムを開催 2017年10月21日(土)~25日(水)
http://www.asean.or.jp/ja/ajc-info/20171021_indonesia-exhibition/


日本アセアンセンター
http://www.asean.or.jp/ja/


[PR]

by gado-gado | 2017-10-13 18:00 | 展覧会
2017年 10月 09日

インドネシアで 台湾の抱っこひもの展覧会:“Fertil, Barakat, Ayom-Budaya Gendongan Bayi”

Sarasvati Art Magazine の Face Book(10/9)に出ていました。

National Museum Of Prehistory Taiwan (NMP) 所蔵の抱っこひも27点の展示。

a0054926_18032929.jpg

“Fertil, Barakat, Ayom-Budaya Gendongan Bayi” (Fertility, Blessings and Protection- Cultures of Baby Carriers)
会期:20-29 Oktober 2017
会場:Museum Nasional, Jakarta
National Museum Of Prehistory Taiwan (NMP)
Studiohanafi
Museum Nasional Indonesia

美術
Hanafi
Enrico Halim (Aikon)


セミナー
PROGRAM PUBLIK
Seminar “Gendongan Bayi Asia”
Jumat, 20 Oktober 2017, 15.00 WIB di Ruang Seminar Museum Nasional Indonesia
Narasumber:
Chi-San Chang (Kurator National Museum of Prehistory-Taiwan),
Tony Rudjansyah (Antropolog)
Dave Lumenta (Antropolog) ,

* Terbuka untuk umum dan bebas biaya


a0054926_18052307.jpg
Foto ibu menggendong bayi menggunakan gendongan bayi kain. (Foto: Jen, Hsien-Min/ Dok. Studiohanafi)


Makna Budaya Gendongan Bayi
http://www.sarasvati.co.id/exhibition/10/makna-budaya-gendongan-bayi/


[Press Release] Budaya Gendongan Bayi “Fertil, Barakat, Ayom”
http://www.studiohanafi.com/press-release-budaya-gendongan-bayi-fertil-barakat-ayom/


関連サイト
Studiohanafi
http://www.studiohanafi.com/
[PR]

by gado-gado | 2017-10-09 18:07 | 展覧会
2017年 10月 07日

展覧会:インドネシアのアルベルト・ヨナタン@ポーラ ミュージアム アネックス|東京・銀座

ポーラ ミュージアム アネックスのホームページに出ていました。


名称:アルベルト・ヨナタン TERRENE
会期:2017年10月7日~11月5日
会場:ポーラ ミュージアム アネックス
住所:東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階

a0054926_23481264.gif


 粘土を用いて陶磁器制作を行う、インドネシア出身の若手アーティスト、
アルベルト・ヨナタンの個展が開催される。
 

 ヨナタンは2007年にバンドン工科大学陶芸学部を卒業。12年にバンドン工科大学院
修士課程修了後、京都を拠点に活動している。13年のヴェネツィアビエンナーレにて、
インドネシア館代表アーティストの1人として最年少で選出され、「サンシャワー:
東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」(国立新美術館・森美術館)にも
参加するなど、注目を集めている。


 本展では、すべてのパーツにおいて雛形などを使用せず、作家自らの手でつくり上げた
陶磁器を用いたインスタレーションを発表。映像やドローイングなど、現在進行中の
プロジェクトの新作を含めて約10点の展示を予定している。



アルベルト・ヨナタン
ポーラ ミュージアム アネックス|東京・銀座
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/exhibition/index.html


関連サイト
Albert Yonathan Setyawan
https://www.artsy.net/artist/albert-yonathan-setyawan


関連記事
ALBERT YONATHAN SETYAWAN
https://www.mizuma.sg/artists/setyawan-albert-yonathan/
[PR]

by gado-gado | 2017-10-07 00:02 | 展覧会
2017年 09月 28日

インドネシア大使館も参加@ASEAN WEEKEND!(「六本木アートナイト2017」同時開催&「サンシャワー」展関連プログラム)

国際交流基金アジアセンターのホームページに出ていました。




「サンシャワー展」(http://jfac.jp/culture/events/e-sunshower2017/)開催中の六本木で、
東南アジアの今を知ろう! 一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト2017」に合わせ
「ASEAN WEEKEND!」を開催します。【SHOP】【TALK】【FOOD&DRINK】の3つのテーマで、
ASEAN各国のアート・カルチャー情報をオールナイトで発信します。秋の週末、六本木で東南
アジアを感じてみませんか?


【SHOP】
ASEAN各国の大使館が参加して、民芸品やデザイングッズなどを販売します。また、東南アジアに滞在中の“日本語パートナーズ”が現地からWEB生中継!(第一部、第三部のみ)
街歩きしながら様々なスポットをご紹介。その日そのときのまちの営みをライブでお伝えします!

さらに、タイ・インドネシア・ラオス・マレーシア・ベトナム・カンボジアに派遣された“日本語パートナーズ”経験者が活動報告もします。


【TALK】
東南アジアに縁のある新進気鋭の若手アーティストやクリエイターが、東南アジアの
“今”を夜通しでトーク! アート、都市、スポーツ、ファッション、音楽など、様々な
テーマでまったりと、楽しく語ります。参加費は無料です。



【FOOD&DRINK】
東南アジア各地の軽食や飲み物も楽しめます。


開催日時 9月30日(土曜日)~10月1日(日曜日) 注:計2日

第1部: 9月30日(土曜日)14時 ~ 21時
第2部: 9月30日(土曜日)22時 ~ 10月1日(日曜日)5時
第3部: 10月1日(日曜日)11時 ~ 18時


会場
六本木ヒルズ アクセス 毛利庭園横
〒106-6108 東京都港区六本木6丁目10-1



◆インドネシアのファジャール・アバディ・RDP「気分はどう?」
六本木ヒルズプログラム

a0054926_07143479.jpg

9/30(土) 23:00〜

六本木ヒルズ 毛利庭園横
無料
[定員]Tシャツがなくなり次第終了

「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」にも参加しているインドネシアのファジャール・
アバディ・RDPがアートナイトでもワークショップを開催します。大きいサイズのTシャツ
に、今のあなたの気分を表すテキストをプリントすることができます。参加者にそのTシャツを
着てアートナイトに参加してもらい、様々な人々の様々な感情を可視化します。


ファジャール・アバディ・RDP

「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」参加作家。インドネシアのバンドゥンを
中心に、食事などの日常的な行為を媒介にコミュニティーの人々や社会の既存システムと
関わるプロジェクトを行っている。

http://www.roppongiartnight.com/2017/programs/6668#program_artist



ASEAN WEEKEND!(「六本木アートナイト2017」同時開催&「サンシャワー」展関連プログラム)
http://jfac.jp/culture/events/e-aseanweekend2017/


関連サイト
公式webサイト 六本木アートナイト
http://www.roppongiartnight.com/
[PR]

by gado-gado | 2017-09-28 07:15 | 展覧会
2017年 09月 25日

OASISのインドネシア人コレクター・Ilham Priananda さんの展覧会@高円寺のSUBstore Tokyo

8月に高円寺のSUBstore Tokyoで開催された展覧会、OASIS exhibitionに
所蔵品を持って来日した、Ilham Priananda さんの記事@hai(9/25)です。


a0054926_21355831.jpg

~「Oasis」のグッズ展示会~
世界でも指折りのOasisグッズコレクターであるHam Prandは、12歳から17年間に渡り
貴重なアイテムを収集し続け、母国インドネシアでは2013年に「MolekLane Museum」を
開館しました。今回は数々の貴重なアイテムの中から厳選したOasisプロモーショングッズ、
実際に使用されていた楽器やメンバーのサイン入りグッズ等を、2日間のみ高円寺SUB STOREで
展示します。



Ilham Priananda namanya. Sekilas, nggak ada bedanya doi dengan cowok kebanyakan.
Tapi kalo mampir ke kamarnya, baru deh kita tau kalo doi adalah (kemungkinan besar)
fans Oasis nomor satu se-Indonesia.

"Tadinya rencananya bawa cabin aja. Tapi ternyata barang-barang sebesar 7 kg itu
sedikit banget. Akhirnya satu cabin sama bagasi. Total 30 kg. Selain cd, vinyl,
dan kaset, gue bawa macem-macem mulai dari tambourine-nya Liam, segala barang-barang
dengan tandatangan, jaket-jaket Oasis yang promotional item, kaos, dan majalah vintage
langka. Sisanya yang gue nggak bawa, gue foto terus gue print A3 dan gue pajang," paparnya.

a0054926_21354096.jpg


Keren, Cowok Indonesia Ini Bikin Pameran Oasis di Jepang!
http://hai.grid.id/Feature/Music/Keren-Cowok-Indonesia-Ini-Bikin-Pameran-Oasis-Di-Jepang


関連サイト
SUBstore Tokyo
https://www.facebook.com/substore.tokyo01/

[PR]

by gado-gado | 2017-09-25 21:37 | 展覧会