カテゴリ:展覧会( 340 )


2018年 03月 29日

インドネシアの美術家・エコ・ヌグロホさんの作品:Bouquet of Love@バリ島のポテト・ヘッド・ビーチ・クラブ

エコ・ヌグロホさんは、昨年の奥能登国際芸術祭2017 に参加し、また来年は
瀬戸内国際芸術祭出展予定です。

エコ・ヌグロホさんの Face Book(3/29)に出ていたので、元記事を読みに行きました。

作者:Eko Nugroho
作品名:Bouquet of Love
場所:ポテト・ヘッド・ビーチ・クラブ (バリ島 Seminyak)

a0054926_12093273.jpg

This Street Artist Designed Bali’s New Beach Club With the Best Material Possible
http://www.onegreenplanet.org/news/bali-street-artist-recycled-plastic/


関連記事
2017年 09月 21日
インドネシアからエコ・ヌグロホさん@奥能登国際芸術祭2017 その2
https://gadogado.exblog.jp/237776625/
[PR]

by gado-gado | 2018-03-29 12:10 | 展覧会
2018年 03月 28日

インドネシアの現代美術家アイ・チョー・クリスティンの個展「霊性と寓意」@金沢21世紀美術館 (-8/19)

金沢21世紀美術館の公式サイトに出ていました。

a0054926_09191947.jpg
展覧会
アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意
会期:2018年4月28日(土) - 8月19日(日)
会場:金沢21世紀美術館

概要

アイ・チョー・クリスティン(Ay Tjoe Christine, 1973-)はインドネシアの西ジャワ州
バンドン出身の、インドネシアで活躍している現代アーティストです。彼女はドライポイント
などの凹版印刷の技術を習得した後、テキスタイルデザイナーとしてキャリアを積み、2000年
頃からアーティストとしての活動を本格的にスタートさせました。

キリスト教の説話や精神的主題に基づいて表現を行うアイ・チョーの作品は、人間の不完全性や
二面性についての深い洞察に裏付けられています。とりわけ絵画における飛び散るような色彩の
断片は自身の揺れ動く感情の在りようを示す一方、カンヴァスの余白との魅力的な調和をみせる
抽象化されたイメージには、万物と人間との関係性を探求するアイ・チョーの真摯な姿勢が現れて
いるようです。

アイ・チョーの日本の美術館での初個展となる本展は、活動初期のドライポイントやドローイング、
具象から抽象の間で表現の可能性を探求してきた油彩画群、ソフトスカルプチャーや大規模なイン
スタレーション、さらに本展のために制作された新作の大型絵画など、約50点の作品を通して、
およそ20年にわたる多角的な創作活動の成果をご紹介いたします。


関連プログラム

a0054926_09190001.jpg
Ay Tjoe Christine
アーティスト・トーク 「アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意」
日時:2018年4月28日(土) 14:00〜15:30
場所:金沢21世紀美術館 レクチャーホール
料金:無料
定員:80名
申込方法:ウェブサイトにて4月6日(金) 10:00から申込み受付開始(先着順)
※逐次通訳付き

インドネシアの現代美術家アイ・チョー・クリスティンの個展「霊性と寓意」@金沢21世紀美術館 (-8/19)
http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1758


関連映像
An interview with artist Ay Tjoe Christine
https://www.youtube.com/watch?v=OHxP3KkTaI4


関連記事
作家紹介
アイ・チョー・クリスティン Ay Tjoe Christine
アイ・チョー・クリスティンは、1973年、インドネシア・バンドゥン生まれ。バンドゥン工科
大学美術学部を卒業し、テキスタイルデザイナーとして働いたあと、2000年代にアーティスト
としてのキャリアをスタートします。彼女の作品は、SongEun Art Spaceでの個展「Christine
Ay Tjoe : Perfect Imperfection」(ソウル、2015年)、「The Famous One from Lucas」(Third
Floor - Hermès、シンガポール、2011年)また、シンガポール・アート・ミュージアム(2012)や
国立台湾美術館(2012)でのグループ展など、世界中の美術館で広く展示されています。

http://www.otafinearts.com/ja/artists/ay-tjoe-christine/


Christine Ay Tjoe
http://www.arndtfineart.com/website/artist_21229


[PR]

by gado-gado | 2018-03-28 09:23 | 展覧会
2018年 03月 23日

ギャラリー・トーク:インドネシアのLeonhard Bartolomeusさん@「冬のおとなミュージアム 異境にて─日本作家の見たアジア」福岡アジア美術館

福岡アジア美術館のホームページ(3/22)に出ていました。


福岡アジア美術館/Fukuoka Asian Art Museumさん
a0054926_09120924.jpg

《3/24 ギャラリー・トークのご案内》
3/24(土)13時より、現在開催中の常設展「冬のおとなミュージアム 異境にて
─日本作家の見たアジア」のギャラリー・トークを行います。
本展において、インドネシアの風景を描いた森錦泉の作品を紹介しています。
現在あじびにレジデンス中のレオナルド・バルトロメウスさんに、森錦泉の作品の
位置づけ及び、その後の政治・経済状況の変化の中で、インドネシアの風景画が
どのように移り変わってきたかをお話いただきます。
ぜひお立ち寄りください


Leonhard Bartolomeusさんは、ジャカルタの『ruangrupa』のキュレター。

a0054926_09125023.jpg

冬のおとなミュージアム 異境にて─日本作家の見たアジア
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/detail/453


福岡アジア美術館
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/


関連記事
Leonhard Bartolomeus
https://indoartnow.com/curators/leonhard-bartolomeus


Ongoing小川の東南アジアリサーチ旅行記
成長が止まらない 2016年2月17日(ruangrupa)
http://ongoingogawa.jugem.jp/?eid=28
[PR]

by gado-gado | 2018-03-23 09:13 | 展覧会
2018年 03月 03日

【バリ・ガムラン&舞踊グループ バパン・サリ展】@旧日銀・広島アートスポットvol.12

バリガムラン&舞踊 “Bapang Sari(バパン・サリ)のFace Book(3/3)に出ていました。

【バリ・ガムラン&舞踊グループ バパン・サリ展】

a0054926_09191119.jpg

2018年3月19日(月)〜25日(日) 10:00〜17:00
旧日本銀行広島支店
広島市中区袋町5-21

● 展示物
楽器:ガムランの楽器を多数展示します
映像:バパン・サリの過去公演の映像を上映します
パネル:バリ・ガムランについての情報とバパン・サリの活動をパネルでご紹介します。

イベント
●ワークショップ ガムランの楽器を奏でてみよう!
3月21日(水・祝)13:00〜17:00
無料、予約不要、時間中随時参加受付 

● バパン・サリ ミニライブ
3月24日(土)①13:00〜13:30、②15:00〜15:30
バパン・サリのメンバーによるガムランとバリ舞踊の演奏


バリガムラン&舞踊 “Bapang Sari(バパン・サリ)
https://www.facebook.com/BapangSari/
[PR]

by gado-gado | 2018-03-03 09:19 | 展覧会
2018年 02月 27日

ギャラリートーク:「梶浦聖子の制作の糧 ジョグジャでの滞在制作」@梶浦聖子展 ー物語は歩いているー 川越市 ruriro(ルリロ)

鋳金作家の梶浦聖子さんからご案内をいただきました。

梶浦聖子さんは、インドネシア政府奨学生としてジョグジャカルタの国立芸術大学で
彫刻を学ばれました。

a0054926_23035668.jpg

梶浦聖子展 -物語は歩いている-
2018年3月3日(土)- 3月18日(日)
前半3日-6日、後半9日-18日 途中展示の入れ替えがあります。
7日、8日、15日休み
11:00-18:00 金曜日は11:00-20:00


3月4日13:00〜
鋳金ワークショップ「monasuky 架空の動物の秘密」真鍮のアクセサリー
費用 5000円(茶菓付き、材料費込み)
定員 6名(要予約)電話(049-290-2391)にてお申し込みください


3月17日(土)ギャラリートーク
「梶浦聖子の制作の糧 ジョグジャでの滞在制作」
日時:3月17日(土)14:00~ 無料


ruriro(ルリロ)
〒350-1113
埼玉県川越市田町2-6
TEL :049-290-2391
MAIL:ruriro.art@gmail.com


ruriro(ルリロ)
http://ruriro.com


ruriro(ルリロ)
https://www.facebook.com/ruriro2018/


関連サイト
monasuky
http://monasuky.blog.shinobi.jp/


関連記事
2018年 02月 09日
展覧会:「こころのカタチ」鋳金作家の梶浦聖子さんも@川越市 ruriro オープン企画
https://gadogado.exblog.jp/238309673/


[PR]

by gado-gado | 2018-02-27 23:04 | 展覧会
2018年 02月 13日

す下降にンバンレパ兵神神兵パレンバンに降下す@小沢剛 不完全−パラレルな美術史展覧会 千葉市美術館

今日(2/13)の朝日新聞夕刊の「文化」欄に出ていました。

a0054926_17152017.jpg

 第2次世界大戦下で描かれた「戦争画」に関する作品が2点ある。一つは、日本軍の兵士が銃を構える姿が描かれた、鶴田吾郎の戦争画「神兵パレンバンに降下す」を模写したもの。ただ忠実には写さず、片側に描いた絵を、キャンバスを二つ折りして転写することで、兵士同士が銃口を向け合う構図を作り出した。


2015年10月に資生堂ギャラリで開催された、「小沢剛展 帰って来たペインターF」に
行きましたがとてもおもしろかったです。


小沢剛 不完全−パラレルな美術史展覧会

a0054926_17134540.jpg

現代アーティスト小沢剛(1965-)は、自らの周りや美術の歴史などから様々な事象を
拾い上げ、笑いを誘うユーモアと鋭い分析的視点を備えた作品に仕立てあげてきました。
本展では、新作インスタレーションを筆頭に、小沢が日本美術史からテーマを得て制作
した作品を中心に展示します。


2018年1月6日 ー 2月25日
千葉市美術館


小沢剛
Tsuyoshi Ozawa
1965年東京生まれ。東京芸術大学在学中から、風景の中に自作の地蔵を建立し、写真に
収める《地蔵建立》開始。93年から牛乳箱を用いた超小型移動式ギャラリー《なすび画廊》や
《相談芸術》を開始。99年には日本美術史の名作を醤油でリメイクした《醤油画資料館》を制作。
2001年より女性が野菜で出来た武器を持つポートレート写真のシリーズ《ベジタブル・ウェポン》
を制作。2004年に個展「同時に答えろYesとNo!」(森美術館)、09年に個展「透明ランナーは走り
つづける」(広島市現代美術館)を開催。


小沢剛 不完全−パラレルな美術史|2017年度 展覧会 ... - 千葉市美術館
http://www.ccma-net.jp/exhibition_01.html


関連サイト
小沢剛
https://www.ozawatsuyoshi.net/


関連記事
「美術」のあり方に新視点 小沢剛、千葉で現代美術展 ブリオー氏、東京で講演
https://www.asahi.com/articles/DA3S13357927.html?iref=pc_ss_date
a0054926_17141023.jpg
■「小沢剛展 帰って来たペインターF」 開催要項
会期: 2015年10月23日(金)~ 12月27日(日)
会場: 資生堂ギャラリー

「帰って来た」シリーズ第二弾となる本展は、戦争中にインドネシアで従軍した
架空の日本人画家「ペインターF」の戦前から戦後の生きざまを物語にして、
絵画と映像作品に仕上げます。インドネシアでは日本軍の占領下だった1943年に、
現地の住民への宣撫活動を目的として文化施設が設けられました。そこでは現地
住民への美術教育が行われ、戦後のインドネシア画壇にいくばくかの影響を与えた
のではないかともいわれています。

2015年 10月 15日
小沢剛展 「帰って来たペインターF」(戦争中にインドネシアで従軍した架空の日本人画家)
http://gadogado.exblog.jp/21740899/
[PR]

by gado-gado | 2018-02-13 17:16 | 展覧会
2018年 02月 13日

インドネシアで 増山士郎個展:Pameran Tunggal Shiro Masuyama "Intervention"

主催者: Ruang MES 56 の Face Book(2/12)に出ていました。


Pameran Tunggal Shiro Masuyama "Intervention"
公開 · 主催者: Ruang MES 56

a0054926_07125166.jpg

15 - 21 Februari 2018
Ruang MES 56
Jalan Mangkuyudan No. 53A (Belakang Spa & Shiatsu)
Yogyakarta 55143

Pembukaan Pameran:
Kamis, 15 Februari 2018
19.00 WIB

Bincang Seniman:
Senin, 19 Februari 2018
16.00 WIB


Pameran Tunggal Shiro Masuyama "Intervention"
https://www.facebook.com/events/874550979383875/


関連ブログ
half year residencies in Southeast Asia!東南アジアでの半年のレジデンスのブログ
https://southeastasianresidencies.blogspot.jp/2018/02/feeling-better-after-accepting-all.html


関連サイト
Ruang MES 56
https://www.facebook.com/mes56/
[PR]

by gado-gado | 2018-02-13 07:14 | 展覧会
2018年 02月 09日

展覧会:「こころのカタチ」鋳金作家の梶浦聖子さんも@川越市 ruriro オープン企画

鋳金作家の梶浦聖子さんからご案内をいただきました。

梶浦聖子さんは、インドネシア政府奨学生としてジョグジャカルタの国立芸術大学で
彫刻を学ばれました。

a0054926_14353802.jpg
ruriro
オープニング企画「こころのカタチ」
本展は、梶浦聖子(鋳金)、鈴木修司(染付磁器)、寺村サチコ(テキスタイルアート)、
中村真(漆)、西山雪(ガラス)の素材も表現も異なる5人の作家の作品展示。


会期:2018年2月15日〜25日 11:00~18:00(会期中無休)

会場:ruriro 川越市田町2−8
電話:049-290-2391

会期中に
“中村真の金継ぎ相談会”17日13:00~
“百鬼丸の切り絵ライブ”18日13:30~
の2つのイベントが開催されます。

展示スペースの中で、体験するイベントの中で、忙しく効率を求めて動いている現代に生きる
私たちが、ふと振り返り、立ち止まり、感覚を見つめる。各作家が、制作に込めた想いを表現
した“カタチ”を通して、“こころ”にそっと寄り添います。

埼玉県の川越市にある一軒家空間に展開される制作が、暮らしと創作の世界を繋げます。


Ruriro(ルリロ)
https://www.facebook.com/ruriro2018/


関連記事
2015年 07月 28日
梶浦百展 『桃の交差点』(梶浦聖子&鈴木修司)@埼玉県鶴ヶ島市 ギャラリーううふ
http://gadogado.exblog.jp/21493765/


2015年 06月 19日
レクチャー:インドネシア芸術考@梶浦聖子 展 Chiku Chiku Chocolate 古民家ギャラリー「かぐや」
http://gadogado.exblog.jp/21359130/


2014年 10月 28日
インタビュー:インドネシアで在外研修の梶浦聖子さん@彩自慢 ~輝く埼玉人~ 
http://gadogado.exblog.jp/20328238/


2014年 10月 13日
インドネシアで在外研修の梶浦聖子さん@17th DOMANI・明日展
http://gadogado.exblog.jp/20284941/


2014年 04月 12日
梶浦聖子展 ーあの山の二階ー@ギャラリーううふ(埼玉・鶴ヶ島市)
(インドネシア・ジョグジャカルタ)
http://gadogado.exblog.jp/19670355/


2012年 10月 12日
鋳金作家・梶浦聖子さんの「展覧会にひとくぎり」@現代手工芸乃党のモノ作りコラム
http://gadogado.exblog.jp/16568705/


2012年 09月 15日
梶浦聖子個展:バッハとクラゲ 第二章@銀座ペッパーズギャラリー
http://gadogado.exblog.jp/16198711/


2012年 05月 09日
展覧会 梶浦聖子コテンコテン Seiko Kajiura Koten Koten ~ハリカミスとただいま~
http://gadogado.exblog.jp/15260014/


2012年 04月 21日
インドネシア・ジャワのビンテージ家具@現代手工芸乃党のモノ作りコラム
http://gadogado.exblog.jp/15097902/


2011年 03月 06日
展覧会:東京ウサギ(TOKYO KELINCI)加藤真美/梶浦聖子/笠原里愛/早川純子
@インドネシア・ジョグジャ
http://gadogado.exblog.jp/12229585/


2008年 01月 16日
梶浦聖子@ジョグジャカルタ ビエンナーレ 2007
http://gadogado.exblog.jp/6685578/


2007年 09月 13日
インドネシア在住の梶浦聖子さん@国際野外の表現展2007比企
http://gadogado.exblog.jp/6159273/


2007年 02月 17日
梶浦聖子個展 島鳥
http://gadogado.exblog.jp/5131982


2007年 01月 30日
梶浦聖子個展 島鳥(Simadori in Tokyo)
http://gadogado.exblog.jp/m2007-01-01/#5054230


2006年 02月 26日
梶浦 聖子 個展 「 クロモスガッタ 」
http://gadogado.exblog.jp/3255670/


[PR]

by gado-gado | 2018-02-09 14:36 | 展覧会
2018年 01月 15日

インドネシアGotha Antasenaさんのジョグジャ芸術大学卒業制作展: "PEREMPUAN"

Gotha Antasenaさんの Face Book(1/1)に出ていました。

Gotha Antasenaさんは逗子海岸映画祭に2年連続で参加しています。


Pande Gotha Antasena
EXHIBITION"PEREMPUAN"
Final Exam, TA

a0054926_07203423.jpg

会期:17 - 19 Januari 2018
会場:R.J Katamsi ISI Yogyakarta

Dosen Pembimbing I: Drs. Titoes Libert.M.Sn.
Dosen Pembimbing II: I Gede Arya Sucitra. S.Sn.M.A.


Gotha Antasena
https://www.facebook.com/Goooootcha


関連サイト
Gotha Antasena
http://www.thepictaram.club/instagram/gothaantasena


関連記事
2017年 05月 16日
インドネシアの短篇映画@インドネシアデイ5/6@逗子海岸映画祭 観客500人
http://gadogado.exblog.jp/23888107/


2016年 04月 30日
インドネシアの映画・"Siti" & 実験音楽@逗子海岸映画祭  インドネシア・デイ(5/7)
http://gadogado.exblog.jp/22764378/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-15 07:22 | 展覧会
2017年 11月 11日

インドネシア 7世紀の交易大国 国立博物館 スリウィジャヤ特別展:Kedatuan Sriwijaya The Great Maritime Empire

今朝(11/11)のじゃかるた新聞に出ていました。

a0054926_06162692.jpg

 中央ジャカルタの国立博物館で、特別展「都市国家スリウィジャヤ——偉大な海洋帝国」が
開催されている。インドネシア最初の国家とされ、交易大国だったスリウィジャヤ王国
時代の香辛料貿易などについて知ることができる。

 スリウィジャヤ王国は7世紀ごろ、マラッカ海峡を挟むスマトラ島とマレー半島を支配、
以後数百年以上、香辛料などの中継貿易で繁栄した。特別展は、唐の僧侶義浄が671年、
インドに向かう途中、同国を訪れた記録から始まる。


 特別展は28日まで。開館は火~金曜が午前8時~午後4時、土、日曜が午前8時~午後5時。
入場料はインドネシア人が5千ルピア、子ども2千ルピア、外国人は1万ルピア。


7世紀の交易大国 国立博物館 スリウィジャヤ特別展
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/38456.html


関連記事
Jalur Rempah Masa Kedatuan Sriwijaya
http://www.museumnasional.or.id/jalur-rempah-masa-kedatuan-sriwijaya-1221


関連映像
Kedatuan Sriwijaya Jalur Rampah - Museum Nasional Jakarta

[PR]

by gado-gado | 2017-11-11 06:24 | 展覧会