人気ブログランキング |

2019年 08月 17日 ( 2 )


2019年 08月 17日

Google Indonesia(8/17) もインドネシア共和国独立74周年記念日バージョン

本日8月17日はインドネシア共和国の独立74周年記念日。
Google Doodle Indonesia もインドネシア独立記念日バージョンです。

a0054926_08592199.jpg

2019年8月17日
2019 年インドネシア独立記念日
https://www.google.com/doodles/indonesia-independence-day-2019


関連記事
2016年 08月 17日
Google Indonesia(8/17) もインドネシア独立記念日バージョン
https://gadogado.exblog.jp/23114137/


2015年 08月 18日
Google Indonesia もインドネシア共和国独立70周年記念バージョン
http://gadogado.exblog.jp/21557730/


2013年 08月 17日
インドネシア共和国独立68周年記念日と独立50周年記念グッズ
http://gadogado.exblog.jp/18375927/

by gado-gado | 2019-08-17 09:01 | インドネシア
2019年 08月 17日

インドネシア映画倶楽部 第8回 「人間の大地(BUMI MANUSIA)」@Plus 62

Plus 62 の Face Book(8/16)に出ていました。


‪横山裕一さんの映画「人間の大地」レビューです。‬

‪「植民地時代の支配する者とされる者、そこに生じる不条理から、自分とは、自分たちの民族とは、
そして人間とは何かを問い、自己に目覚めていく過程を描く」‬

「原作にとても忠実だが、強いメッセージが込められた、美しい映像の中で繰り広げられる一大時代
絵巻のような作品だ」

現在、XXIとCGVで公開中。英語字幕があります。


今回も横山裕一さんの解説をじっくり読ませていただきました。
今秋開催される東響国際映画祭か東京フィルメックスで上映されないかな?と楽しみにしています。

a0054926_06563933.jpg

ついにインドネシアを代表する作家、プラムディア・アナンタ・トゥールの名作が映画化・公開された。
原作は1980から90年代、当時のスハルト政府により発禁処分されていた不遇の作品だ。植民地時代の支配
する者とされる者、そこに生じる不条理から、自分とは、自分たちの民族とは、そして人間とは何かを問い
、自己に目覚めていく過程を描く。ハヌン監督自らが認めるように原作にとても忠実だが、強いメッセージが
込められた、美しい映像の中で繰り広げられる一大時代絵巻のような作品だ。



ハヌン監督は17歳だった94年、発禁処分の同書(「人間の大地」}を人目を忍んで読んでいたという。
「見つかったら逮捕されるんじゃないかとビクビクしながら読んだ」とのことだが、同時に「この
テーマは誰もが知るべき事だ」と強く感じたという。後に映画人となった同監督はプラムディアと出会う。
プラムディアは「人間の大地」の映画化を強く希望していたという。ハヌン監督にとっては少年時代、
そして青年時代からの「思い」をようやく「映像化」できた感慨深さから、「プラムディアの夢が実現した」
と6月の試写会で涙ながらに告白している。


インドネシア映画倶楽部 第8回 「人間の大地(BUMI MANUSIA)」
https://plus62.co.id/archives/15706?fbclid=IwAR03VVl7linHQnNjNGTk48_7q9zVEZhIUDVTs5BZLgjQ1hrJBdP-wCA4yeo


インドネシア映画倶楽部 第1回 「マルリナ〜ある殺人者の四幕〜」
(MARLINA SI PEMBUNUH DALAM EMPAT BABAK)

インドネシア映画倶楽部 第2回 「アホックと呼ばれる男」(A MAN CALLED AHOK)

インドネシア映画倶楽部 第3回「トゥンコラック(ドクロ)」(TENGKORAK)

インドネシア映画倶楽部 第4回「ディラン1991」 (DILAN 1991)

インドネシア映画倶楽部 第5回 「我が素晴らしき肉体の記憶 (KUCUMBU TUBUH INDAHKU)」

インドネシア映画倶楽部 第6回 「メイの27ステップ (27 STEPS OF MAY)」

インドネシア映画倶楽部 第7回 「アンブ〜母(Ambuh)」


関連映像
Official Trailer BUMI MANUSIA | 15 Agustus 2019 di Bioskop



関連記事
2019年 08月 12日
インドネシアの映画:Bumi Manusia 「人間の大地」胸に迫る植民地の不条理 映画評 光放つ女性の生き様
https://gadogado.exblog.jp/239473713/


2019年 05月 25日
連載:インドネシア映画倶楽部 第7回 「アンブ〜母 (AMBU)」 少数民族バドゥイ族の母娘の愛@Plus 62
https://gadogado.exblog.jp/239282443/



2019年 05月 10日
連載:インドネシア映画倶楽部 第6回 「メイの27ステップ (27 STEPS OF MAY)」@Plus 62
https://gadogado.exblog.jp/239258402/


2019年 04月 25日
連載:インドネシア映画倶楽部 第5回 「我が素晴らしき肉体の記憶 (KUCUMBU TUBUH INDAHKU)」@Plus 62
https://gadogado.exblog.jp/239233820/


2019年 03月 27日
連載:インドネシア映画倶楽部 第4回 「ディラン1991」 (Dilan 1991)@Plus 62
https://gadogado.exblog.jp/239190293/


2019年 03月 04日
連載:インドネシア映画倶楽部 第3回「トゥンコラック(ドクロ)」(Tengkorak)@Plus 62
https://gadogado.exblog.jp/239135046/


2019-01-29
インドネシア映画倶楽部 第2回 「アホックと呼ばれる男」(A MAN CALLED AHOK)
https://plus62.co.id/archives/15296


2019-01-11
インドネシア映画倶楽部 第1回 
「マルリナ〜ある殺人者の四幕〜」(Marlina Si Pembunuh dalam empat Babak)
https://plus62.co.id/archives/15281

by gado-gado | 2019-08-17 00:02 | インドネシアの映画