人気ブログランキング |

2019年 04月 22日 ( 2 )


2019年 04月 22日

インドネシアの映画:Keluarga Cemara(「マツの木の家族」)の主題歌:"Harta Berharga" 加藤ひろあき&Arina Mocca@沖縄国際映画祭

entertainment.kompas.com(4/20)に出ていました。
沖縄国際映画祭で上映後のライブで披露されたそうです。

a0054926_16032417.jpg

"Harta Berharga" Areswendo Atmowiloto
作詞:Areswendo Atmowiloto
訳詞:加藤ひろあき
歌:加藤ひろあき &Arina Mocca


Soundtrack film yang ikonik, "Harta Berharga", terbang hingga ke Negeri Sakura.
Lagu ciptaan Arswendo Atmowiloto itu dibawakan oleh penyanyi Hiroaki Kato dan Arina 'Mocca'
dalam Okinawa</a> International Movie Festival 2019 di Jepang, Kamis (18/4/2019).


"Harta Berharga" Versi Jepang-Indonesia Disambut Hangat di Okinawa



(VIDEO) Soundtrack Keluarga Cemara Ditampilkan Live di Jepang
https://entertainment.kompas.com/read/2019/04/20/081700310/-video-soundtrack-keluarga-cemara-ditampilkan-live-di-jepang?utm_source=Twitter&utm_medium=Refferal&utm_campaign=Sticky_Mobile&fbclid=IwAR39FnWYqlJJYc1z4oR0t2h5ZkC2P0ZddY38RESvdq5zjfuhpY7zyvVRmrM


関連映像
BCL - Harta Berharga (OST "Keluarga Cemara") | Official Video
12,726,365 回視聴



関連記事
"Saat Soundtrack film Keluarga Cemara Dibawakan Dalam Bahasa Jepang",
https://entertainment.kompas.com/read/2019/04/20/074654910/saat-soundtrack-film-keluarga-cemara-dibawakan-dalam-bahasa-jepang


2019年 04月 05日
インドネシアの映画:「マツの木の家族」(Keluarga Cemara) 上映日時決定 4/18 @沖縄国際映画祭2019
https://gadogado.exblog.jp/239204030/


2019年 01月 20日
インドネシアの映画賞:Piala Maya 2019 受賞者リスト "Keluarga Cemara" 6部門受賞
https://gadogado.exblog.jp/239069454/


2017年 09月 29日
インドネシアの映画:"Keluarga Cemara" (人気テレビドラマの映画化)監督:Yandy Laurens
https://gadogado.exblog.jp/237809908/


追記(4/23)
関連記事
インドネシア映画『マツの木の家族』のヤンディ・ローレンス監督が「家族の形を考えるきっかけに」とメッセージ

https://oimf.jp/news/detail/215/?fbclid=IwAR3rG9YRQMXsQK_QpM4yI3K6teErI7fB1ZHrXpWpWc6C7jJC0aTf4Fn2_NA

by gado-gado | 2019-04-22 16:06 | インドネシアの映画
2019年 04月 22日

新刊:『正義と忠誠 混成アジア映画研究2018』(シンポジウムの記録:インドネシアの映画「茶房館から牌九を越えて」@大阪アジアン映画祭2018)

混成アジア映画研究会のホームページに出ていました。


『正義と忠誠 混成アジア映画研究2018』

山本博之編著、CIRAS Discussion Paper 82、
京都大学東南アジア地域研究研究所、2019年3月

a0054926_08504894.jpg
『混成アジア映画研究2018』
目次
刊行にあたって(山本博之)

第1部 特集 正義と忠誠

正義と忠誠の十字路:2018年のマレーシアにおける政権交代と映画(山本博之)
詫びる父と化ける女:2018年インドネシア映画に見る語り継ぎと語り直し(西芳実)
「天使」はタイには必要ないか? 日本の原作小説『カラフル』とともに:
タイ映画『Homestay』(2018)覚書(平松秀樹)
人魚の物語のハッピーエンド:2018年のフィリピン映画(山本博之)

第2部 シンポジウムの記録
「茶房館から牌九を越えて」


混成アジア映画研究会
http://personal.cseas.kyoto-u.ac.jp/~yama/film/index.html


関連記事
2018年 03月 26日
シンポジウム:さらなる挑戦をみせた『牌九(パイゴウ)』から近年のインドネシア映画業界を紐解く@大阪アジアン映画祭 3/15
https://gadogado.exblog.jp/238423646/

by gado-gado | 2019-04-22 08:51 | インドネシアの映画