人気ブログランキング |

2019年 02月 06日 ( 2 )


2019年 02月 06日

新刊:Hidup Matinya Sang Pengarang (Antologi Esai Tentang Kepengarangan Oleh Sastrawan & Filsuf)インドネシア語

Jual Buku Sastra-JBS の Face Book(2/6)に出ていました。
a0054926_14584177.jpg

Judul: Hidup Matinya Sang Pengarang
Editor: Toety Heraty (Editor)
Penerbit: Jakarta, YOI
Tebal: xxvii+372 hlm
Harga: Rp.120.000
Antologi Esai Tentang Kepengarangan Oleh Sastrawan & Filsuf


Jual Buku Sastra-JBS
https://www.facebook.com/kedaijbs/

by gado-gado | 2019-02-06 14:59 | 新刊(インドネシア語)
2019年 02月 06日

インドネシアの木版画運動も 展覧会:「闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s」@アーツ前橋( 2/2 - 3/24)

アーツ前橋で開催中の展覧会「闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s」のチラシをいただきました。

「闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s」
a0054926_14410486.gif

会期:2019年2月2日(土) - 3月24日(日)
開館時間:11時~19時
休館日:水曜日


インドネシア関連

5. 1950s-60s インドネシア:新聞にみる版画交流
冷戦時代にインドネシアが主導した第三世界の連帯のなかで、自国およびアジア各地の
作家による木版画が新聞で紹介される。


10. 2000s-インドネシアとマレーシア:自由を求めるDIY精神
1998年のスハルト政権崩壊の前後、音楽家、美術家、学生、政治活動家らが結成した集団
(コレクティヴ)が、政治の腐敗や環境破壊を告発、農村・漁村の民衆を支援する。DIY
(Do It Yourself)精神から、木版画メディアが復活をとげ、その影響がアジア各地に及ぶ。


関連展示
★アジアの社会的相互行為としての美術

参加アーティスト
インドネシア
イルワン・アーメット&ティタ・サリナ/Irwan Ahmet & Tita Salina

a0054926_14404848.gif

展覧会:「闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s」
https://www.artsmaebashi.jp/?p=12321


関連記事
2018年 09月 25日
インドネシアの木版画運動も 展覧会:「闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s」@福岡アジア美術館 (11/23 - 2019/1/20)
https://gadogado.exblog.jp/238774675/


2018年 10月 03日
アーティストトーク:インドネシアからIrwan AHMETT & Tita SALINA@アーツ前橋 「つまずく石の縁 -地域に生まれるアートの現場-」10/12
https://gadogado.exblog.jp/238788469/


2018年 09月 07日
インドネシアからIrwan AHMETT & Tita SALINA@アーツ前橋 「つまずく石の縁 -地域に生まれるアートの現場-」
https://gadogado.exblog.jp/238746044/


2018年 08月 19日
インタビュー:インドネシアのIrwan Ahmett & Tita Salina@&Artsの第12号(アーツ前橋の機関誌)
https://gadogado.exblog.jp/238714661/

by gado-gado | 2019-02-06 14:42 | 展覧会