2018年 07月 08日 ( 6 )


2018年 07月 08日

テレビ:インドネシアの山岳地帯の大地に描かれた、謎の巨大なクモの巣模様@アーススキャナー~宙(そら)からわかる奇景の謎~

テレビの番組表に出ていました。



アーススキャナー~宙(そら)からわかる奇景の謎~▽大地に描かれたクモの巣模様
7/15 (日) 13:00 ~ 13:30 (30分)
NHK BSプレミアム(Ch.3)

番組概要

世界各地の衛星画像にうつる「奇妙な景色」その謎に迫る。
ファイル5の今回は、インドネシアの山岳地帯の大地に描かれた、
謎の巨大なクモの巣模様。誰が?何のために?

インドネシア フローレス島
山岳地帯に広がる巨大クモの巣模様

a0054926_23175086.gif

~宙(そら)からわかる奇景の謎~▽大地に描かれたクモの巣模様
http://www4.nhk.or.jp/P4590/


追記(7/8)
関連記事
インドネシア人の友人が教えてくれました。
Sawah Berbentuk Jaring Laba-Laba di Manggarai ini, Hanya Satu-Satunya di Dunia
http://www.mongabay.co.id/2017/07/28/sawah-berbentuk-jaring-laba-laba-di-manggarai-ini-hanya-satu-satunya-di-dunia/

[PR]

by gado-gado | 2018-07-08 23:18 | テレビ
2018年 07月 08日

インドネシアの舞踊家・Riantoさん@SoftMachine (演出:Choy Ka Fai)バルセロナ sala Hiroshima

Riantoさんの Face Book(7/8)に出ていました。

Rianto Ddc

Softmachine Director by Choy Ka Fai comeback to Europe, Catch me in “ softmachine
“ on 11-12 July 2018 at sala Hiroshima teatre Barcelona , Spain

a0054926_21194075.jpg
Concepto, dirección y documentación: Choy Ka Fai
Coreografía: Rianto, Surjit Nongmeikapam
Interpretación: Choy Ka Fai, Rianto, Surjit Nongmeikapam
Dramatúrgia: Tang Fu Kuen
Diseño de iluminación: Andy Lim, Art Factory
Diseño de sonido / Concepción sonora: Zulkifle Mahmod
Responsable de producción: Yap Seok Hui, Art Factory
Management en gira: Mara Nedelcu


SoftMachine: Surjit + Rianto
http://www.hiroshima.cat/softmachine/


関連映像
Choy KaFai "SoftMachine: Rianto (Indonesia)"



関連記事
2016年 02月 16日
インドネシアの舞踊家・リアント@『ソフトマシーン:スルジット&リアント 』KYOTO EXPERIMENT 2016
https://gadogado.exblog.jp/22468283/


アジアから/でダンスとテクノロジーと歴史を考える - チョイ・カファイ インタビュー
http://jfac.jp/culture/features/asiahundred04/


2018年 01月 15日
インドネシアの舞踊家・Riantoさん@UNTIL THE LIONS(振付:AKRAM KHAN)フランス アヌシー
https://gadogado.exblog.jp/238205874/


2017年 11月 20日
インドネシアの舞踊家・Riantoさん@Europalia Arts Festival Indonesia
https://gadogado.exblog.jp/238000868/


2006年 06月 14日
インドネシアの舞踊家・リアントさん@アジア・ミックス(大東文化大学国際関係学部)
http://gadogado.exblog.jp/3735410/
[PR]

by gado-gado | 2018-07-08 21:22 | インドネシアの演劇
2018年 07月 08日

祝・インドネシアの映画:"Chump"@Los Angeles Underground Film Forum 2018

Sigit Pradityoさんの Face Book(7/8)に、公式作品に選ばれたと出ていました。



Judul: "Chump"
Sutradara: Sigit Pradityo
Penulis: Tara Ellena
Cinematographer: Evanrianto
Produser: Angwyncasandra
Produksi: Lutung Poetih


"Chump"
https://lutungpoetih.id/gallery/chump/


関連映像 Chump trailer

https://www.youtube.com/watch?v=_go46QRmgHA
[PR]

by gado-gado | 2018-07-08 17:25 | インドネシアの映画
2018年 07月 08日

インドネシアのキーボード奏者・ルイルイさん@プラウディアなつメロコンサート 7/14

昨日のブログの記事アクセス数で、ルイルイ・ハルディ・パンダナさんについて10年前に
書いた記事がちょっと目立っていました。


7月14日に江戸川区タワーホールで開催される「プラウディアなつメロコンサート」が
影響しているようです。

パンダナ ルイルイハルディさんの Face Book(7/2)にこのコンサートのチラシが出ていました。

a0054926_10295450.jpg
プラウディアなつメロコンサート
7月14日(土)
江戸川区タワーホール



関連サイト
Proudia Grand Orchestra
ピアノ・フル-ト・キ-ボ-ドによる優雅なトリオ
http://pgo.npokasc.com/


2009年 07月 25日
インドネシア人エレクトーン奏者・ルイルイ・ハルディ・パンダナさん(その2)
https://gadogado.exblog.jp/8697251/
[PR]

by gado-gado | 2018-07-08 10:30 | インドネシアの音楽
2018年 07月 08日

インドネシアのパンダ:アジア期待の「かわい商人」@海を渡ったパンダをたどって 朝日新聞(6/25)夕刊

朝日新聞の夕刊2面の「~をたどって」シリーズは、楽しみに読んでいます。
「海を渡ったパンダをたどって」の第5回に、インドネシアのタマンサファリ」のパンダが登場。

a0054926_09511134.jpg

 ASEANが事務局を置くインドネシア。胡政権時代に約束したパンダが2017年9月、
ようやくやってきた。オスが「彩陶(ツァイタオ)」、メスが「湖春(フーチュン)」。熱帯の
首都ジャカルタから車で2時間ほど高地へと走る。ボゴールの民間の動物園「タマンサファリ」が
迎え入れた。

 経営するのは中華系インドネシア人の3兄弟。父親が戦中に上海から移り住み、サーカス団を
結成。80年代に入ってサファリを開業した。


(海を渡ったパンダをたどって:5)アジア期待の「かわいい商人」
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13556520.html?rm=150


関連映像
Dua Panda Tiba di Indonesia! (1)



関連サイト
a0054926_09513137.gif
Istana Panda Indonesia@Taman Safari Indonesia
http://panda.tamansafari.com/


関連記事
2017年 09月 29日
インドネシアにパンダがやって来た 雄のチャイタオ 雌のフーチュン タマンサファリで11月公開へ
https://gadogado.exblog.jp/237808315/


2017年 09月 27日
明日サファリ・インドネシアに中国から来園するパンダの名前は Cai Tao(彩陶) & Hu Chun"(湖春)
http://gadogado.exblog.jp/237799786/


2016年 11月 12日
インドネシアに初のパンダ、来月来園 受け入れ準備万端、ボゴールのタマンサファリ
http://gadogado.exblog.jp/23358597/


2016年 02月 03日
インドネシアに中国からパンダが 年末にタマンサファリへ「ジンフー」「フェイユン」
http://gadogado.exblog.jp/22358644/


2012年 04月 04日
インドネシアのコモドと中国のパンダ交換に合意
http://gadogado.exblog.jp/14979571/


関連サイト
Taman Safari Indonesia
http://www.tamansafari.com/
[PR]

by gado-gado | 2018-07-08 09:54 | インドネシア
2018年 07月 08日

新刊:『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』ボルネオのプナン人

NHKラジオの朝のラジオ体操の後の「著者からの手紙 」は毎週楽しみに聞いていますが、
今朝(7/8)は、『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』の著者・奥野克巳さんが登場。

a0054926_07121349.jpg

『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』
奥野克巳著
亜紀書房
2018年5月23日
四六判並製・288頁 
1,800円+税

内容紹介

ボルネオ島の狩猟採集民「プナン」とのフィールドワークから見えてきたこと。豊かさ、
自由、幸せとは何かを根っこから問い直す、刺激に満ちた人類学エッセイ!

「奥野さんは長期間、継続的にプナン人と交流してきた。そこで知り得たプナン人の人生
哲学や世界観は奥野さんに多くの刺激と気づきをもたらした。この書を読み、生産、消費、
効率至上主義の世界で疲弊した私は驚嘆し、覚醒し、生きることを根本から考えなおす契機を
貰った。」
――関野吉晴氏(グレートジャーニー)


【目次】
はじめに
1 生きるために食べる
2 朝の屁祭り
3 反省しないで生きる
4 熱帯の贈与論
5 森のロレックス
6 ふたつの勃起考
7 慾を捨てよ、とプナンは言った
8 死者を悼むいくつかのやり方
9 子育てはみなで
10 学校に行かない子どもたち
11 アナキズム以前のアナキズム
12 ないことの火急なる不穏
13 倫理以前、最古の明敏
14 アホ犬の末裔、ペットの野望
15 走りまわるヤマアラシ、人間どもの現実
16 リーフモンキー鳥と、リーフモンキーと、人間と
おわりに――熱帯のニーチェたち
参考文献


『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』
http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=856


関連記事
『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』奥野克巳著 生き方のゼロ地点
http://www.sanyonews.jp/article/740405/1/rct=entartain_culture
[PR]

by gado-gado | 2018-07-08 07:13 | 新刊