2018年 03月 05日 ( 4 )


2018年 03月 05日

新刊:Elegi Senduk Garpu (インドネシア語)小説

Jual Buku Sastra-JBS の Face Book(3/5)に出ていました。

a0054926_20570894.jpg

Judul: :Elegi Senduk Garpu
Penulis: Bagus Dwi Hananto
Penerbit: Yogyakarta, Buku Mojok
Cetak: 2018
Harga: Rp.58.000
Tebal: viii+188 hlm


関連図書
Napas Mayat
Bagus Dwi Hananto
a0054926_20574059.jpg

Aku memotongnya dengan sangat rapi, membuang lemak yang tidak dipakai sehingga hanya
tersisa beberapa potong daging besar saja dari kaki, dada, dan tangan. Semua jeroan
dari bagian bawah sampai jantung kujadikan satu. Kupotong-potong dan kutambah bumbu
dapur dan berbagai sayur mulai dari wortel, kol, buncis, dan kesukaanku kacang polong;
menjadi sup mangkuk besar, siap buat disantap. Berporsi-porsi mangkuk aku ciduk dari
panci sup. Berkali-kali sampai lenyap ditelan mulut.

Inilah salah satu novel juara sayembara menulis paling prestisius di Indonesia. Ada
sesuatu di dalam novel ini yang telah membuat para juri memilihnya menjadi salah satu
emenang. Sesuatu yang kompleks, brutal, menyimpan dendam, sekaligus keindahan. Napas
Mayat mempertanyakan Tuhan, cinta, dan arti kemanusiaan di zaman sekarang.


Napas Mayat
https://www.gramedia.com/author/author-bagus-dwi-hananto
[PR]

by gado-gado | 2018-03-05 20:58 | 新刊(インドネシア語)
2018年 03月 05日

新刊:イスラーム映画祭公式ガイドブック:『映画で旅するイスラーム 知られざる世界へ』

イスラーム映画祭の Face Book(3/5)に新刊のお知らせが出ていました。

a0054926_20331212.jpg

イスラーム映画祭公式ガイドブック:『映画で旅するイスラーム 知られざる世界へ』
藤本 高之 (著),‎ 金子 遊
論創社
2018年3月15日発売
¥ 1,728
ISBN-10: 4846016927
ISBN-13: 978-4846016920


イスラーム発祥の地・中東をスタートにアジアからアフリカまで、
イスラームの文化が広まる国や地域を舞台にした映画、
そしてヨーロッパに暮らすムスリムの人々を描いた映画を70本ご紹介の他、
ジャーナリストや研究者の方々によるコラムを6本掲載しています。

コラム
「ガーダ」古居みずえさん
「アラブの春とエジプト音楽」中町信孝さん
「イスラームと婚姻制度」後藤絵美さん
「マリ、そこにある危機~映画が語るリアリティ」ンボテ★飯村さん
「インドネシア映画のムスリムファッション」野中葉さん
「イスラームと共に伝播したアラビア文字・言語」景山咲子さん


イスラーム映画祭
https://www.facebook.com/islamicff/

a0054926_20334285.jpg
関連記事
2018年 02月 04日
インドネシアの映画:イクロ クルアーンと星空(トークセッション)@第3回イスラム映画祭 ユーロスペース 3/19 13:00
https://gadogado.exblog.jp/238273977/
[PR]

by gado-gado | 2018-03-05 20:34 | 新刊
2018年 03月 05日

インドネシア人留学生・Eri Sahabudin さん:ロンボック島から筑波大学の修士課程への道のり

友人の Face Book(3/5)に出ていたので、元記事news.lombokgroup.com(2/26)を読みに行きました。


筆者
Eri Sahabudin (Awardee LPDP program Magister di University of Tsukuba, Jepang)

a0054926_10195384.png

Saya lahir disebuah dusun di dusun Lebah Munte di pedalaman Narmada, kabupaten lombok
Barat, dari keluarga yang serba terbatas. Saya anak ke sepuluh dari sepuluh bersaudara
dan satu-satunya yang bisa menikmati bangku sekolah sampai universitas. Dulu saya tidak
pernah membayangkan bisa kuliah, bahkan dapat melanjutkan program master di luar negeri
(Jepang), karena kedua orang tua saya hanya buruh tani yang penghasilannya tak menentu.
Jangankan untuk biaya sekolah, terkadang untuk makan saja kami kekurangan. Saat SD tidak
ada uang jajan dari orang tua, untuk bisa jajan saya harus berjualan es mambo yang saya
ambil dari tetangga. Saya jualan di sekolah saat jam istirahat, dan hasil dari berjualan
itu saya gunakan untuk jajan dan separuhnya saya tabung untuk membeli buku


Eri Sahabudinさんご自身の並々ならぬご努力もありますが、周囲に手を差し伸べてくれる
方々に恵まれたのだなと思いました。

小学校では休み時間にアイスキャンディを売って、おやつ代と貯金に。
小学校卒業後1年間は、朝はタピオカの団子を売り、夕方は皿洗いをして中学校の入学資金を貯める。

SMA 1 Narmada 高校から、マランの国立ブラウィジャヤ大学水産学部に進学。
Dana Pengembangan Pendidikan Nasional (DPPN) の奨学金で筑波大学に進学。


Eri Sahabudinさんの言葉:夢を持とう!

Sekali lagi saya katakan “ jangan takut untuk bermimpi, mimpi bukanlah tentang uang,
tapi tentang keyakinan dan harapan. Ketika harapan itu masih ada, yakinlah mimpi itu
akan jadi nyata, bermimpilah untuk menjadi orang besar dan dekatlah dengan Zat Yang
Maha Besar, maka kamu akan didekatkan dengan orang-orang yang akan mengantarkanmu
untuk mejadi orang yang besar”.


Kisah Pemuda Asal Lombok: Dari Celana SD Yang Bolong Sampai Diusir Dari Kos-Kosan Hingga Mendapatkan Beasiswa S2 di University Of Tsukuba, Jepang
http://news.lombokgroup.com/kisah-pemuda-asal-lombok-dari-celana-sd-yang-bolong-sampai-diusir-dari-kos-kosan-hingga-mendapatkan-beasiswa-s2-di-university-of-tsukuba-jepang/


関連サイト
Eri Sahabudinさんが筑波大学留学のために受けた奨学金制度
Dana Pengembangan Pendidikan Nasional (DPPN)
Beasiswa Magister Doktor
https://www.lpdp.kemenkeu.go.id/beasiswa-magister-doktor/


[PR]

by gado-gado | 2018-03-05 10:22 | ~をインドネシア語で読む・聞く
2018年 03月 05日

インドネシア:口ずさみ、歓声も JIエキスポ ジャワ・ジャズ大盛況 初出演の加藤ひろあきさん全8曲 代表曲「テリマカシ」も

今朝(3/5)のじゃかるた新聞に出ていました。


 インドネシア最大の音楽イベント「ジャカルタ国際BNIジャワ・ジャズ・フェスティバル(ジャワ・ジャズ)2018」が2~4日、中央ジャカルタ区クマヨランの国際展示場(JIエキスポ)で開かれた。国内外のアーティスト約110組が多様なジャンルの音楽を奏で、多国籍の観客が集まった。

初出演の加藤ひろあきさん


■思った以上の観客
 3日に全8曲のステージを代表曲「テリマカシ」で締めくくった加藤さんは「思った以上に
観客がいっぱいでびっくりした。日本人や欧米の人もいて一緒に楽しんでくれ、手応えを感じた。
やってきたことは間違ってないんだなと自信になった」と話した。

 マレーシアで毎年5月にあるジャズの若手発掘を目的としたイベント「ワールド・ユース・
ジャズ・フェスティバル(WYJF)」を2012年に創立したニック・A・アズミ(66)
さんは「彼のことを知り、実際に見に来た。インドネシアに拠点を移しても日本の本来の姿を
忘れずに活動する姿は、世界に発信しうるとても良いストーリー。来年はぜひクアラルンプールに
連れて行きたい」と感激した。(中島昭浩)

a0054926_08443446.jpg
口ずさみ、歓声も JIエキスポ ジャワ・ジャズ大盛況
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/40554.html


関連記事

2018年 03月 01日

a0054926_08560168.jpg
加藤ひろあきさん アジア最大のジャズフェスティバル「Java Jazz Festival 2018」念願の出演
https://gadogado.exblog.jp/238363180/


[PR]

by gado-gado | 2018-03-05 08:46 | インドネシアの音楽