人気ブログランキング |

2013年 09月 30日 ( 3 )


2013年 09月 30日

インドネシアの映画:『デノクとガレン』(Denok & Gareng)@山形国際ドキュメンタリー映画祭(その2)

昨日(9/29)映画美学校試写室で開催された、連続講義「怪奇映画天国アジア」第2回「誰も知らないインドネシアの強烈な怪奇」の会場で 山形国際ドキュメンタリー映画祭のプログラムをもらいました。

a0054926_16131077.jpg


『デノクとガレン』

a0054926_16133872.pnga0054926_1614265.png
a0054926_16142579.png


上映日時
10月11日(金) 12:00

10月12日(土)15:00


デノクとガレン
Denok & Gareng

インドネシア/2012/インドネシア語/カラー/89分
監督:ドゥウィ・スジャンティ・ヌグラヘニ Dwi Sujanti Nugraheni

豚を飼育して生活するデノクとガレン一家。父が借金を残して出奔した夫の実家で、母や弟たちと一緒に生活する。常に経済的な問題を抱えながらもどこか楽天的な雰囲気に満ちた一家の日々が伸びやかに描かれる。

http://www.yidff.jp/2013/nac/13nac02.html


関連サイト
山形国際ドキュメンタリー映画祭
http://www.yidff.jp


Denok & Gareng
http://www.denok-gareng.com/


関連記事
2013年 07月 30日
インドネシアの映画:『デノクとガレン』(Denok & Gareng)@山形国際ドキュメンタリー映画祭 
http://gadogado.exblog.jp/18227539/


2013年 07月 12日
インドネシアのホラー映画:「誰も知らないインドネシアの強烈な怪奇」
@連続講義「怪奇映画天国アジア」
http://gadogado.exblog.jp/18078018/

by gado-gado | 2013-09-30 16:15 | インドネシアの映画
2013年 09月 30日

インドネシア人 テンペ王・ルストノさん 日本から海外へ

bisniskeuangan.kompas(9/29)に出ていました。
筆者は、Richard Susilo(Koresponden Tribunnews.com, dari Tokyo Jepang)さん。

a0054926_1454596.png

日本で490カ所で販売。
海外は、韓国、メキシコ、ハンガリー、フランス、ポーランドまで。

Ia punya keluarga bahagia, sukses di bidang tempe, dan sudah menjualnya ke 490 tempat di Jepang dari Hokkaido sampai ke Okinawa. Tampaknya Rustono masih "lapar" untuk belajar ke seluruh negara di dunia, tidak hanya di Jepang.

Tribunnews.com beberapa hari lalu, yang seharian bersamanya, diantar ke semua tempat baik pabrik maupun rumahnya. "Biarlah urusan dalam negeri Jepang nantinya diatur keluarga saya, dan saya sendiri akan mencari tahu kesempatan bisnis ke negara lain," tekannya berkali-kali.


Rustono, Raja Tempe Jepang Kelahiran Grobogan
http://bisniskeuangan.kompas.com/read/2013/09/29/0922180/Rustono.Raja.Tempe.Jepang.Kelahiran.Grobogan?utm_source=WP&utm_medium=box&utm_campaign=Ktswp


関連記事
2012年09月28日
「国民食」で夢を追う 世界に羽ばたくテンペ 「ものづくり」の心で成功 滋賀在住のルストノさん
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/4420.html


2012年 09月 28日
インドネシアの「国民食」テンペで世界に羽ばたく 滋賀在住のルストノさん
http://gadogado.exblog.jp/16443849/


2011年 09月 24日
NHK がインドネシアのテンペを取材
http://gadogado.exblog.jp/13671352/


2010年 02月 21日
テンペ王・ルストノさん:日本でインドネシアのテンペを
http://gadogado.exblog.jp/10014915/

by gado-gado | 2013-09-30 14:55 | インドネシア人の活躍
2013年 09月 30日

インドネシアの【9.30事件特集】@じゃかるた新聞(9/30)

今朝(9/30)のじゃかるた新聞は【9.30事件特集】で記事4本が出ています。


【9.30事件特集】 「スカルノ退き、会社も」 日本人2人が証言 

■―商社社員 
商社ワルガ・プラで働いていた上野勝二郎=当時(26)さん

■「父の友人投獄された」―小学3年生
杉本まり子=当時(10)さん

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/13625.html


【9.30事件特集】 歴史教科書、虐殺記述せず スハルト時代から踏襲

 インドネシアの歴史教科書は、9・30事件は国家を脅かした最も重大な事件の一つとして大きく取り上げている。事件の責任はPKIにあるとしたスハルト政権の見解を踏襲し、PKI系将校によるクーデター未遂の経緯は詳述しているが、事件後に国軍が指揮し、全国各地で吹き荒れたPKI粛清の嵐には言及していない。虐殺の事実を認めない史観が受け継がれ、スカルノ氏からスハルト氏へと権限移譲に至る一連の事件の全体像を示すには限界もある。

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/13626.html


【9.30事件特集】日本政府、政権継続を予測 親スカルノから スハルト支援へ 
倉沢・慶応大名誉教授 

 世界の共産化を恐れて容共路線のスカルノ政権転覆を望んでいた西側諸国の中でも、9・30事件に対する当初の日本の見方は違った。日本は西側諸国の中で圧倒的にスカルノ氏に近く、権益を守りたかったという意図が見える。来年、同事件関連の本を出版するインドネシア研究者の倉沢愛子・慶応大名誉教授に聞いた。

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/13628.html



他に有料記事に

和解の道、今も模索 9月30日事件から48年 共産党系将校クーデター未遂(09/30) 有料
http://www.jakartashimbun.com/free/today/


じゃかるた新聞
http://www.jakartashimbun.com/

by gado-gado | 2013-09-30 09:08 | インドネシア