人気ブログランキング |

2012年 04月 30日 ( 4 )


2012年 04月 30日

インドネシアの語り部・Agus Nur Amal (アグス・ヌール・アマル)(42) さん

Sinar Harapan(4/28)に出ていました。

師匠はTengku Adnan PM Tohさん
Sebetulnya sudah sejak kecil Agus mengenal tuturan dengan cara yang unik ini. Di tanah kelahirannya, Aceh, asal mula ketertarikan Agus disebabkan seorang penghikayat bernama Tengku Adnan PM Toh yang sudah memopulerkannya semenjak 1950-an.

Agak berbeda dengan cara penghikayat lainnya, Tengku Adnan menyampaikannya dengan menggunakan medium senjata mainan, boneka bayi, bahkan kerap menirukan suara bus umum, PM Toh, yang beroperasi di Aceh. “Karena sering menirukan suara bus itu, Tengku Adnan digelari penonton PM Toh,” kata Agus.


作品
“Anak Emak Mencari Telur”
“Jenderal Puyer Bintang Tujuh”

今年の公演予定の題材
Ibu Sud
Cornel Simanjuntak

来年出版の予定
テーマ: Teater Objek
協力:Paul Zaloom(Amerika Serikat), Steven (Prancis)


Melantunkan Sejarah lewat Medium Panci
http://www.shnews.co/detile-1101-melantunkan-sejarah-lewat-medium-panci-.html






画像は、2007年に来日したときに国際交流基金で。

関連記事
Agus "PM Toh" Nur Amal(インタビュー)
TUKANG CERITA DI ACARA PERKAWINAN SAMPAI ARISAN
http://nostalgia.tabloidnova.com/articles.asp?id=8697&no=1

Revitalisasi Teater Tutur Aceh oleh Agus Nur Amal
http://qeybooks.blogspot.jp/2009/12/revitalisasi-teater-tutur-aceh-oleh.html

2009年 02月 08日
展覧会とパフォーマンス:Agus Nur Amalの“Jendela PM Toh”(インドネシア)
http://gadogado.exblog.jp/7920508/

2009年 02月 14日
インドネシアの語り部・Agus Nur Amalのパフォーマンス“Jendela PM Toh”
http://gadogado.exblog.jp/7953100

第2回アチェの子どもたちと創る演劇ワークショップ
http://www.jpf.go.jp/j/intel/new/0909/09-02.html

by gado-gado | 2012-04-30 20:35
2012年 04月 30日

インドネシア語学習サイト@大阪大学「高度外国語教育全国配信システムプロジェクト」

「アジア映画巡礼」のブログに、「マラーティー語を習ってみませんか?」という記事があったので、
早速大阪大学のホームページを訪ねました。

ビデオは、「日本語字幕付き」と「日本語字幕なし」の両方があり、学びやすいです。
内容も興味深い場面設定で、お話しが続き、自宅学習に最適です。


インドネシア語学習

第1課  挨拶と自己紹介をする

第2課  乗り合いバスに乗る

第3課  パダン料理店で食事をする

第4課  結婚式に出席する

第5課  市場で買い物をする

第6課  医者に行く

第7課  お手伝いさんに指示をする

第8課  断食が始まる

第9課  独立記念日を祝う

第10課 会話の言葉


インドネシア語学習コンテンツ
http://el.minoh.osaka-u.ac.jp/flc/ind/index.html

高度外国語教育独習コンテンツについて
http://el.minoh.osaka-u.ac.jp/flc/index.html

大阪大学世界言語研究センター
http://www.world-lang.osaka-u.ac.jp/

アジア映画巡礼
http://blog.goo.ne.jp/cinemaasia/

by gado-gado | 2012-04-30 11:18 | インドネシア
2012年 04月 30日

ガルーダ・インドネシア航空 羽田ーデンパサール線就航

今朝(4/30)のじゃかるた新聞のトップ記事です。

羽田ーデンパサール線就航
ガルーダ航空
日本人のバリ観光促進に期待


新路線は週に五本。羽田からは午前一時発、同七時三十五分着。デンパサールからは火・木・日が午後三時半発、同十一時半着、金・土が午後三時発、同十一時着。デンパサール発が二十七日、羽田発が二十八日に就航した。日本とバリを直接結ぶ路線はガルーダ航空のみとなっており、これまでの成田、大阪とデンパサール間の毎日一便に加え、今回の就航により、週十四便から十九便に増加する。ガルーダ航空の日本就航は今年で五十周年となり、記念すべき年に就航時の発着空港である羽田に再び乗り入れることになった。


じゃかるた新聞
http://www.jakartashimbun.com/

関連行事
インドネシアフェア
日時 : 4月28日(土)~30日(月・振休)
場所 : 羽田空港国際線旅客ターミナル
  4F 江戸舞台並びに広小路
  5F EDO HALL(江戸ホール)
主催 : 東京国際空港ターミナル株式会社
協力 : ビジットインドネシアツーリズムオフィス、ガルーダ・インドネシア航空


4月30日(月・祝)

ガムラン演奏
時間:①11:00~ ②13:00~ ③15:00~
出演:ウロツテノヤ子

ケチャダンス
時間:①11:30~ ②13:30~ ③15:30~
出演:Kecak Bali Tokyo

ジャワ舞踊
時間:①12:00~ ②14:00~
出演:ドゥタ・クンチャナ インドネシア舞踊団


関連記事
2012年 04月 21日
インドネシアフェア(ガムラン、アンクルン、ケチャ、バリ舞踊)@羽田空港 HALL
http://gadogado.exblog.jp/15104032/

関連サイト
ガルーダインドネシア航空
http://www.garuda-indonesia.co.jp/

by gado-gado | 2012-04-30 08:40 | 日本インドネシア友好
2012年 04月 30日

祝インドネシアの映画:"Dilema"最優秀賞@The 14th Russian International Festival of Detective Films

Antara(4/29)に出ていました。

プロデューサーのWulan Guritnoさんは
"Sungguh luar biasa hari ini. 'Dilema' sebagai film yang bukan mainstream ini telah mengalami banyak tantangan, mulai pendanaan hingga jumlah penonton. Tapi kita tetap optimis. Dan dengan kemenangan di Moskow ini, terbayar lunas semuanya," ujar Wulan berbinar-binar.


a0054926_054949.jpgJudul: DILEMA
Sutradara : Robert Ronny, Robby Ertanto Soediskam, Adilla Dimi
Produser : Wulan Guritno, Adilla Dimitri
Produksi : WGE PICTURES
Durasi: 90 minutes
Homepage : http://dilemathemovie.wikia.com/wiki/DilemaTheMovie_Wiki



この後、ピッツバーグ映画祭でも公開されるそうです。

"Dilema" juara festival internasional Moskow
http://www.antaranews.com/berita/308265/dilema-juara-festival-internasional-moskow

関連記事
2012年 04月 26日
インドネシアの映画:"Dilema"@The 14th Russian International Festival of Detective Films
http://gadogado.exblog.jp/15146684/

by gado-gado | 2012-04-30 00:54 | インドネシアの映画