2010年 02月 02日

インドネシアからの技能実習生@研修・技能実習制度改正

今朝(2/2)のじゃかるた新聞のトップ記事です。

技能実習生の待遇改善へ
「1年目から最賃法適用」
労働移住省とIMMジャパン
制度改正で覚書に調印


日本の法務省が昨年、研修・技能実習制度を改正したことに伴い、ムハイミン・イスカンダル労働移住相と中小企業国際人材育成事業団(IMMジャパン)の柳澤共榮理事長はジャカルタで一日、インドネシア人研修・技能実習生の派遣の待遇改善などを盛り込んだ覚書を交わした。制度改正では、各国から日本に派遣される研修生の立場をより明確にしようと、在留資格の分類として新たに「技能実習」を設け、一年目から技能実習生として、労働基準法、最低賃金法などの労働関係法令を通じた権利保護が強化されるようになる。インドネシアからの研修・技能実習生の受け入れ団体はIMMジャパンのほかにも約三十団体あり、今年七月から一斉に新制度が適用される。


じゃかるた新聞
http://www.jakartashimbun.com/

関連記事
Menakertrans & Ketua Umum IMM Tandatangani Amandemen Nota Kesepahaman Program Magang Ke Jepang
http://www.nusantara-news.com/2010/02/menakertrans-ketua-umum-imm-tandatangani-amandemen-nota-kesepahaman-program-magang-ke-jepang.html
[PR]

by gado-gado | 2010-02-02 07:18 | インドネシア


<< インドネシア文学の討論会: “...      インドネシアの女形舞踊家・Di... >>