人気ブログランキング |
2009年 02月 19日

「福田千栄子 箏・三弦レクチャー・デモンストレーション」をインドネシア語で読む

先日お知らせした、福田千栄子 箏・三弦レクチャー・デモンストレーションについての詳しい記事が、
Kompas(2/19)に出ていました。

箏曲「みだれ」
Dibuka dengan lagu Midare (Berirama Baru), lagu yang diciptakan Yatsuhashi Kengyo (meninggal 1685) abad ke-17, Chieko mempertunjukkan bagaimana Yatsuhashi menciptakan pakem-pakem Sokyoku dengan alat musik Koto. Koto adalah alat musik petik menggunakan 5 tangga nada dengan 13 dawai, yang dapat menghasilkan 2,5 oktaf.


Chieko terlihat lincah memainkan Koto, yang fisiknya sepanjang lebih kurang 1,5 meter, terbuat dari kayu paulownia. Di bagian dalam dibuat kosong, namun bagian bawah di masing-masing ujung ada lubang. Jari-jari tangan kiri menekan senar dan menggoyangnya, sedangkan jari-jari tangan kanan memetik lembut. Musiknya enak didengar dan diresapi dengan hati.


Rancaknya Permainan Chieko Fukuda dengan Koto dan Shamisen
http://oase.kompas.com/read/xml/2009/02/18/2001060/rancaknya.permainan.chieko.fukuda.dengan.koto.dan.shamisen..

この福田千栄子 箏・三弦レクチャー・デモンストレーションは、次の日程でも実施されます。

ジャカルタ
日時 :2月23日(月)午後1時
場所 :インドネシア大学 人文学部講堂
Universitas Indonesia, Kampus UI Depok

バンドン
日時 :2月19日(木)
場所 :インドネシア芸術学院バンドン校 音楽学部教室 STSI Bandung, Jl. Buah batu 212

関連記事
2009年 02月 17日
福田千栄子 箏・三弦レクチャー・デモンストレーション@国際交流基金ジャカルタ文化センター
http://gadogado.exblog.jp/7965614/

by gado-gado | 2009-02-19 07:51 | ~をインドネシア語で読む・聞く


<< 「インドネシア語大辞典 第4版...      インドネシアの映画:"... >>