2008年 06月 10日

「現代日本の陶磁器」展@マカッサル(インドネシア)

国際交流基金ジャカルタ文化センター主催の陶磁器展が、現在マカッサルで開催中です。
多くの入場者で賑わっているという記事が、Kompas(6/9)に出ていました。

「現代日本の陶磁器」展
会期:Minggu (8/6) - 20 Juni
会場:Hotel Imperial Aryaduta Makassar


Pameran yang berakhir 20 Juni 2008 itu sesak oleh pengunjung dari berbagai kalangan, mulai dari pelajar/mahasiswa, seniman, eksekutif profesional, pengusaha, hingga birokrat.

M Dahlan Abubakar, seorang pengunjung, menilai pameran itu setidaknya menjadi ajang perenungan tentang kerja keras orang Jepang sekaligus ajang menghibur batin masyarakat yang kini menghadapi melangitnya harga kebutuhan pokok.

Keramik Jepang Sedot Publik Makassar
http://cetak.kompas.com/read/xml/2008/06/09/01134663/keramik.jepang.sedot.publik.makassar

関連記事
国際交流基金ジャカルタ文化センターのホームページに展覧会の概要が出ています。

"Japanese Pottery - The Rising Generation from Traditional Japanese Kilns".
日本各地の7つの陶磁器の産地の35人の作家の作品を展示。

またジャカルタでは

「現代日本の陶磁器」展
ジャカルタ展
日時 :開会式  7月18日(金)19:30~
一般公開 7月19日(土)~8月4日(月)9:30~18:00(祝日閉館)
場所 :ジャカルタ日本文化センターホール
公開 :一般公開・入場無料

現代の若手陶芸作家の作品を用いて、現代日本陶芸界を紹介します。本展覧会は、「器」をテーマに35人の若手陶芸家が70点の作品を創作しました。
 写真は川口淳作品「色絵の器セット」(国際交流基金蔵)。

お問合せ;ジャカルタ日本文化センター ディアナ(021-520-1266)

Pameran Keramik Keliling
http://www.jpf.or.id/id/index.php?option=com_content&task=view&id=103&Itemid=1

国際交流基金ジャカルタ文化センター
http://www.jpf.or.id/id/
[PR]

by gado-gado | 2008-06-10 09:48 | 展覧会


<< インドネシアの人気バンド・サム...      マルク州タニンバル紀行 Ke ... >>