2007年 12月 06日

インドネシアの小説:リンダ・クリスタンティ「スルタンの杖」@世界P.E.N.フォーラム「災害と文化」

先日お知らせした、世界P.E.N.フォーラム「災害と文化」ー叫ぶ、生きる、生きなおすーの詳細が発表されました。

世界P.E.N.フォーラム「災害と文化」?叫ぶ、生きる、生きなおす?

会期: 2008年2月22日(金)~25日(月)
会場: 東京新宿 全労済ホール/スペース・ゼロ
主催: 日本ペンクラブ  後援: 国際ペン

参加券: 1イベント1000円(12月1日一般発売開始)
定員: 各イベント500名

インドネシアからは、リンダ・クリスタンティさんが参加します。

小説 リンダ・クリスタンティ「スルタンの杖」

2月24日(日) 17:00~18:30

略歴=インドネシア・作家。1971年、バンカ島生れ。アチェで雑誌編集に携わる一方、歴史、女性などをテーマに小説や評論を発表。98年、「軍国主義と暴力」で人権ベストエッセイ賞、04年、短編集「マリオ・ピントの飛び馬」でカトゥリスティワ文学賞を受賞。

作品=アチェの昔話に夢中になって育った弟と、自由奔放な姉。姉は壊れかかった結婚生活から逃げるようにアチェ独立の活動家たちに接近していくが、やがて囚われの身に。彼女が盛大に祝おうとしていた50歳の誕生日の朝、地底で異変が起きた。弟は窓の向こうに、巨大な水の壁を見た。市井の人々を襲う政治の嵐と津波の猛威。

作=リンダ・クリスタンティ(インドネシア)
朗読=土居裕子(女優)+リンダ・クリスタンティ
音楽=ヤドランカ(弦鳴楽器 サズ)
画=加藤純(画家)

翻訳/構成=上野太郎 野上暁
朗読脚本=吉岡忍
脚本英語訳=ステイシー・スミス

時間=90分

プログラムと詳細
世界P.E.N.フォーラム「災害と文化」ー叫ぶ、生きる、生きなおすー
http://www.japanpen.or.jp/katsudou/saigai/saigai.html

関連記事
2007年 11月 22日
インドネシアの作家・Linda Christanty@世界P.E.N.フォーラム「災害と文化」
http://gadogado.exblog.jp/6475057/
[PR]

by gado-gado | 2007-12-06 20:53 | インドネシアの文学


<< インタビュー:コマツフォージン...      インドネシアの映画:"... >>