人気ブログランキング |
2006年 10月 18日

マリオノさんが熱く語る 戦前日本に15歳で留学

今日(10/18)のじゃかるた新聞のトップ記事の見出しです。

「クリーンな国」作りたい  「美しい国」に対して
マリオノさんが熱く語る  戦前日本に15歳で留学
JJS総合学習

ジャカルタ日本人学校(JJS)六年生は、総合学習でこれまでも、第二次世界大戦前後のインドネシアを、ジャカルタ育ちで戦前から日イの交流を見てきた石居日出雄さん、元ロームシャ(労務者)のムジミン・ハディウィラントさん、(七四)、残留日本兵の宮原永治さんからお話を伺っているようです。

マリオノさんは東ジャワ州クディリ県出身。地元有力者だった父のつてで一九三六年、十五歳の時に日本へ私費留学した。玉川学園で五年間学び、開戦後は日本軍政下でインドネシアの若者を南方特別留学生として日本へ引率。「アジアの独立」「大東亜共栄圏」を掲げていた当時の日本で学び、岐阜で貧しい生活や厳しい訓練を日本の学友たちと耐えた。戦後は駐日インドネシア大使補佐を務めるなど、日イ交流に尽力し、二〇〇二年に春の叙勲で勲四等瑞宝章を受章している。

じゃかるた新聞
http://www.jakartashimbun.com/

関連記事
マリオノ氏に勲4等瑞宝章 戦前から日イ交流に貢献
http://www.jakartashimbun.com/pages/week1.shtml#5

2002年8月19日のトップニュース
独立の意味かみしめ歩く
毎年モナスまで25キロ
元日本留学生マリオノさん
http://www.jakartashimbun.com/pages/20020819top.html

by gado-gado | 2006-10-18 15:48


<< ユスフ・アンワル新駐日インドネ...      新刊:詩集 "Jog... >>