人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2022年 06月 24日

インドネシアのコレクティヴ・Struggles for Sovereignty: Land, Water, Farming, Food 他 @だれもが文化でつながる国際会議 主催:東京都

友人からお知らせが届きました。
インドネシアのコレクティヴ・Struggles for Sovereignty: Land, Water, Farming, Food 他 @だれもが文化でつながる国際会議 主催:東京都_a0054926_20184391.jpg
事業名:だれもが文化でつながる国際会議:Creative Well-being Tokyo 2022

概要:国際会議、ショーケース、短期集中キャンプ、ネットワーキングの4
からなるプログラムを総合的に実施し、芸術文化による多様な価値観の形成と
地域の包摂的環境の推進を目指すとともに、社会包摂と多様性の包含をめぐる
芸術文化による実践を東京から世界に向けて発信する。

日 時:2022年6月28日(火)から7月7日(木)
場 所:東京国立博物館、東京都美術館、上野恩賜公園竹の広場、LIFULL Fab
 
◆つながりを生み出す:私たちの文化的生態系

インドネシアにおける共助社会の取り組みや地域プロジェクトから、
芸術文化がもたらす人々のつながりとその社会的な機能に注目し、
文化施設の社会的処方の実践に向け、次なる展望を議論します。

登壇者
インドネシアのコレクティヴ・Struggles for Sovereignty: Land, Water, Farming, Food 他 @だれもが文化でつながる国際会議 主催:東京都_a0054926_20185832.jpg

登壇者
追記(6/29)
プロフィルの詳細
ガタリ・スルヤ・クスマ/Gatari Surya Kusuma
Struggles for Sovereignty:
Land, Water, Farming, Food (SFS)
ジョグジャカルタを拠点に活動。インドネシア国立ジョグジャカルタ芸術大学卒業後、
文化、社会、政治、芸術に関する知識生産と批判的検証を趣旨とする団体「クンチ・
スタディ・フォーラム & コレクティブ」に参加。「バクダパン・フード・スタディ・
グループ」にも発足当初から携わり、共同で食、環境、政治、文化の研究・リサーチ
手法の開発に関わる。他にも、学習プログラムの企画、研究、編集、フェローシップ
事業への参加やワークショップ実施などの実績を持つ。現在、SFS、バクダパン、Bodies
of Power / Power for Bodiesと共に、食と社会と環境正義に携わる実践者向けプラット
フォームに取り組んでいる。

追記(6/29)
プロフィルの詳細
ニサ/ Nisa
Struggles for Sovereignty:
Land, Water, Farming, Food (SFS)
インディペンデント・リサーチャー兼クリエイティブ・ワーカー。ガジャ・マダ大学
文化人類学部卒業後、バクダパン・フード・スタディ・ グループを共同設立。現在、
SFS のメンバーとして精力的に活動している。なかでも介護と家事の問題、労働問題に
関連する連帯と知識生産活動に関心を注ぎ、研究実践とラーニングメソッドの開発に取り組んでいる。



◆テクノロジーが切り拓く、新しい音楽
表現方法と楽器演奏の未来
―表現のアクセシビリティをめぐって

身体特性やアイデンティティ、言語などを越えて、だれもが表現者になるための
触媒ツール(=楽器)の開発の最前線から、先端技術が生みだす新しい音楽表現、
そして楽器演奏の未来に迫ります。

登壇者
アンドレアス・シアギャン/Andreas Siagian
アーティスト、エンジニア

◆短期集中キャンプ「共鳴する身体」

プログラムディレクター
インドネシアのコレクティヴ・Struggles for Sovereignty: Land, Water, Farming, Food 他 @だれもが文化でつながる国際会議 主催:東京都_a0054926_20191503.jpg
アンドレアス・シアギャン(アーティスト/エンジニア)
インドネシアのジョグジャカルタを拠点に活動。DIY電子工学、分野横断的な
アート活動を展開する。2012年に芸術と科学、テクノロジーの市民イニシァティブ
「Lifepatch(ライフパッチ)」を共同で設立。2014年にはHackteriaとLifepatchで
共催したHackterialabの共同ディレクションを担った。2013年にインドネシア・
ジョグジャカルタで、2015年にオーストラリア・メルボルンのビクトリア国立美術館で
開催された、音や楽器に焦点をあてたコラボレーション・プロジェクト「The Instrument
Builders Project」に参加。2018年には、「BioCamp: Gardens as ‘Biotechnik’」協働
ディレクター、Indonesia Netaudio Festival芸術監督、Hacklab Nusasonic協働ホスト、
「Arisan Tenggara」ファシリテーターを務める。2019年にドイツ・ベルリンにて
「MusicMakers Hacklab - CTM Festival」を共催し、「Yogyakarta Cultural Festival」
にてコンテンポラリー・オーディオビジュアル・パフォーマンスのキュレーションを担当。
近年は独自の楽器を創作し、自身のウェブサイト「instrumentasia」にて公開している。

短期集中キャンプ「共鳴する身体」


国際会議・開会式/基調講演、本会議のみ当日ライブ配信を実施いたします。
ライブ配信は、事前登録の申し込みは不要です。7月2日(土)〜7月4日(月)の間、
ご視聴いただけます。

視聴サイト

だれもが文化でつながる国際会議

関連記事
Lifepatchのアンドレアス・シアギャン(アーティスト、エンジニア)@ブログ「ガドガド」
2018年 02月 04日
インドネシアのLifepatchのメンバーと「“グリッチテープ”―音と映像をつくり出す
シンセサイザーを作ろう!」

2016年 06月 01日
インドネシアのAndreas Siagian@メディアアート国際シンポジウム:“アート&テクノロジー”


by gado-gado | 2022-06-24 20:25 | インドネシア


<< バリ島発 ガムランの調べ/日本...      07/31 - Selera ... >>