人気ブログランキング |
2020年 01月 16日

インドネシアから5人の俳優とミュージシャン@完全版マハーバーラタ 小池博史ブリッジプロジェクトなかのZERO大ホール7/4 - 7/7

小池博史ブリッジプロジェクトのメールマガジンで、「完全版マハーバーラタ〜
愛の章/嵐の章」公演の【特設ホームページ】開設のお知らせが届きました。

出演者にインドネシアから5人の俳優とミュージシャンのお名前がありました。

Danang Pamungkas
インドネシア伝統舞踊、コンテポララリーダンス、振付
インドネシアから5人の俳優とミュージシャン@完全版マハーバーラタ 小池博史ブリッジプロジェクトなかのZERO大ホール7/4 - 7/7_a0054926_20395534.jpg
インドネシアスラカルタ芸術大学卒業。伝統舞踊を追求し、マンクヌガラン
宮殿でマンクヌガラン伝統舞踊を学ぶ。 Claud Gate Dance Theater台湾の
団員として活躍。2016年ウィーン・オーストリア教育省主催のKultur Kontact
奨学レジデンシープログラム、Asian Cultural Councilのアメリカ・ニュー
ヨークでの奨学プログラムに選ばれる。現在はスラカルタのDan's Dance
Studioでダンサーと振付家として活躍中。

Ari Dwianto
俳優
インドネシアから5人の俳優とミュージシャン@完全版マハーバーラタ 小池博史ブリッジプロジェクトなかのZERO大ホール7/4 - 7/7_a0054926_20402469.jpg
2001年Teater Garasi YogyakartaのWaktu Batuに出演を機に俳優としての
活動を開始。 2004年にBengkel Mime Theaterを創立、Kodok Ijo Projectと
共に身体劇Prahara Rumah Tanggaを制作。 2016年、インドネシアと日本で
共同制作をした鈴木忠志演出Dionysusに出演。 2018年ソロパフォーマンス
A Brief History of Danceを発表し、インドネシアの多数の都市とIndonesian
Dance Festival 2018にて上演。

Suryo Purnomo
インドネシア伝統舞踊、エアリアル、ファイヤーダンス
インドネシアから5人の俳優とミュージシャン@完全版マハーバーラタ 小池博史ブリッジプロジェクトなかのZERO大ホール7/4 - 7/7_a0054926_20410647.jpg
2003年ジョグジャカルタにてダンサー、振付家の活動を開始。伝統的舞踊や
エアリアル、ファイヤーダンス、アクロバティックの技術を生かし、Besar
Widodo、Anterdanse、Bimo Wiwohatmo、Miroto、Didik Nini Thowok、
Padepokan Bagoing Kussudiardjo、Purawisataなど、多くのプロジェクトや
共同作業に参加する。Miura、Snuff Puppets、Mao Arata Project、JCDNを
はじめとするインターナショナルダンス/フェスティバル公演などで国際的
にも活動している。現在バリ島にて行われているDevdan Show のスターダンサー。

Hermawan Sinung Nugroho
ジャワ伝統舞踊
インドネシアから5人の俳優とミュージシャン@完全版マハーバーラタ 小池博史ブリッジプロジェクトなかのZERO大ホール7/4 - 7/7_a0054926_20413168.jpg
ジョグジャカルタのインドネシア芸術高等学校(SMKI)にてダンス講師として
教鞭をとる。 ジョグジャカルタを代表する芸術センターPadepokan Seni
Bagong Kussudiardjo(PSBK)や地域で催される様々なダンス、舞台芸術
イベント(Jagongan Wagen)で活躍している。UNESCO世界遺産プランバナン
寺院で披露される伝統舞踊団Ramayana Baletのダンサー。

Yennu Arienda
作曲家、ギター
インドネシアから5人の俳優とミュージシャン@完全版マハーバーラタ 小池博史ブリッジプロジェクトなかのZERO大ホール7/4 - 7/7_a0054926_20415667.jpg
Y-DRAとしても知られる。作曲、プロデューサー、ミュージシャン、DJ,
デジタルアーティストとして音楽、舞台と映像で活躍。作品の原点は
インドネシアの伝統的価値観と歴史、特にジャワ文化である。ジャワ
文化を取り入れた創作手法では、本能と身体から湧き出る表現がローカル
とグローバル、過去と現在、伝統と現代の間を行き来している。インド
ネシアの伝統的価値観に止まらず、音楽、ダンス、パフォーマンス、
ビジュアル、そして儀式に至るまで要素を取り入れ、社会的・歴史的な
文脈によって現代的なかたちでそれらを再現する作風を持つ。実験デュオ
Raja Kirik、劇団Teater Garasi / Garasi Performance Insititute、ロック
バンドMelancholic Bitch、音楽レーベルTrauma Rhythmic Record、実験集団
サウンドラボWYSTとパペット劇団Papermoon Puppet Theaterで活動。最近の
ソロ作品はアルバムNo-Brain Dance (2019)、ビジュアル個展Image the Giant
(2019)とRaja Kirik (2019)

「完全版マハーバーラタ〜愛の章/嵐の章」公演 @なかのZERO大ホール 
※「東京2020 NIPPONフェスティバル共催プログラム」※
【特設ホームページ】
https://mb2020.info/ 


by gado-gado | 2020-01-16 20:42 | インドネシアの演劇


<< これからのインドネシア関連の催...      インドネシアの飲み物:ESTE... >>