人気ブログランキング |
2020年 01月 14日

介護人材1割をインドネシア人らに バンドンとタッグ、日本語教育 愛知県豊田市

今朝(1/14)のじゃかるた新聞に出ていました。

愛知県豊田市は、西ジャワ州バンドン市と介護人材の分野で協力を進めている。
2025年までに550人の介護人材が不足すると試算し、その1割をインド
ネシアを中心とした外国人とする目標を掲げる。昨年12月にはバンドン市の
担当者が豊田市を訪れ、日本へ向かう人材の育成を目的とする研修センターを
つくる意向を示した。

合意書に関係し、バンドン市のインドネシア教育大学とパジャジャラン大学で
看護を学んだ卒業生に対し、日本語教育を行う枠組みが9月から始まった。
教育費用の大半は、受け入れ事業者が負担。日本語教育の実績のある「インド
ネシア介護人材教育センター」が教育を担い、「将来のリーダー」(豊田市)
となる人材の育成を目指している
介護人材1割をインドネシア人らに バンドンとタッグ、日本語教育 愛知県豊田市_a0054926_09480113.jpg
介護人材1割をインドネシア人らに バンドンとタッグ、日本語教育 愛知県豊田市
https://www.jakartashimbun.com/free/detail/50693.html

関連記事
2019年6月20
豊田市とインドネシア・バンドン市が連携 「スマートシティの計画に向けた連携に関する覚書」の締結について
https://www.city.toyota.aichi.jp/pressrelease/1031628/1031907.html

Disnaker Fasilitasi Warga Kota Bandung Berkarier di Jepang
https://reaktor.co.id/disnaker-fasilitasi-warga-kota-bandung-berkarier-di-jepang/

当ブログのカテゴリ:インドネシアの看護師・介護士(現在 217 項目)
https://gadogado.exblog.jp/i24/


by gado-gado | 2020-01-14 09:49 | インドネシアの看護師・介護士


<< 映像ニュース:“安い労働力では...      新刊:Kultus Under... >>