人気ブログランキング |
2019年 04月 02日

日本・インドネシア「村人が語る! ボルネオ島の火災最前線とこれからの森づくり in 東京~村の青年団と日本の学生との交流を通して」

国際交流基金アジアセンターのホームページに出ていました。

日本とインドネシアの若者による地域資源を活用した持続可能な開発のための活動。

生物多様性の宝庫 #ボルネオ島 。この島の原生林は、違法伐採やパーム油生産のための
大規模農園、森林火災などによって半減しました。

2018年12月、国際交流基金アジアセンターの「アジア・市民交流助成」を受けて、ボルネオ
保全学生グループの中高生とボルネオ島の青年団が交流し、地域資源を活用した持続可能
社会について共に考える機会を持ちました。

このたび、青年団より2名が来日し、ボルネオ島の現状について伝えるイベントを開催します。
ご関心のある方はぜひご参加ください。
 日本・インドネシア「村人が語る! ボルネオ島の火災最前線とこれからの森づくり in 東京~村の青年団と日本の学生との交流を通して」_a0054926_17403146.jpg

「村人が語る! ボルネオ島の火災最前線とこれからの森づくり in 東京
~村の青年団と日本の学生との交流を通して」

日時:2019年4月7日(日曜日)13時30分~16時30分(13時10分受付開始)
場所:JICA 地球ひろば​ 2階 国際会議場(東京)
参加費:無料
定員:100人(申し込みに達し次第締め切らせていただきます)


参加費:無料

定員:100人(申し込みに達し次第締め切らせていただきます)

【当日のスケジュール】
13:30 挨拶
13:35-14:00 ドキュメンタリームービー「もりをふたたび」上演、解説
14:00-15:00 タンジュン・ハラパン村青年団ドニーさん・フェブリさん講演
(休憩 10分)
15:10-15:40 ボルネオ保全学生グループSGBCメンバーとドニさん・フェブリさん対談
15:40-16:20 会場とともにディスカッション
16:20 お知らせ、閉会

ご参加希望の方は申し込みフォームより、お申込みください。

【申し込み方法】
下記の申し込みフォームからお申込みください。
https://goo.gl/r4sBHZ


詳細、お申込みはボルネオ保全学生グループのページをご覧ください。
http://sgbc.sakura.ne.jp/sgbc.sakura.ne.jp/event/20190407/

by gado-gado | 2019-04-02 17:41 | インドネシア


<< インドネシアの映画:"...      インドネシア映画「マルリナの明... >>