人気ブログランキング |
2019年 01月 10日

宝生会の1月の夜能:能「車僧」金野泰大とガムラン「ラーマヤナ~アジアの神鷲ガルーダ~」他

友人からお知らせが届きました。

以下は、宝生会の公式サイトから。


一月・夜能「夜楽の調べ」〔2019年1月25日(金)開催〕、チケット発売中 *18時30分始

a0054926_17523963.gif
冒頭の特別鼎談「テーマ:車僧 天狗のルーツを探る」、インドネシアの伝統音楽「ガムラン」の
演奏に続き、主公演の能「車僧」シテ 金野泰大をお届けします。最後の仕舞は「右近」「経政クセ」
「鉄輪」の三曲です。

宝生流企画公演
夜能 ~夜楽の調べ~
日時:2019年1月25日(金)午後6時30分開演
会場:宝生能楽堂(水道橋駅)


ガムラン演奏
シダカルヤ
皆川厚一、プトゥ・スティアワン、濱元智行、川村亘平、藤崎聡美

プログラム

a0054926_17530998.gif

宝生流
http://www.hosho.or.jp/


チケット購入
http://www.hosho.or.jp/ticket/

関連記事
2017.09.15@「伝統のチカラ、芸能のカタチ」
【あしあと】対談 宝生和英×木ノ下裕一
https://dento.jfac.jp/15092017/


2017年 10月 06日
新刊:「伝統のチカラ、芸能のカタチ」インドネシア調査出張、伝統芸能や古典と向き合う対談シリーズ@国際交流基金アジアセンター
https://gadogado.exblog.jp/237837431/


2018年 01月 11日
見て、聞いて、感じる伝統芸能のいま–インドネシアと日本–(伝統のチカラ、芸能のカタチ事業)
https://gadogado.exblog.jp/238192300/

by gado-gado | 2019-01-10 17:54 | インドネシアの音楽


<< これからのインドネシア関連の催...      日本インドネシアコラボCDが完... >>