2019年 01月 09日

日本インドネシアコラボCDが完成  「アチェと日本のかけ橋」 交流から生まれた10曲 その2

じゃかるた新聞(1/9)に出ていました。
先日(1/3)当ブログでこのCDのことを書いてすぐに注文し、到着を待っているところです。

a0054926_08282064.png

 2004年のスマトラ沖地震、11年の東日本大震災で大きな被害を受けたアチェ州、東北。
2年間にわたる被災地間交流の中で生まれた全10曲を収録したCDアルバム「あなたとわたし
 アチェと日本のかけ橋」が完成した。震災体験や被災地への思いなどが日イ両国の言語で
歌われている。 


全10曲のうち、9曲の作曲を手掛けたのは仙台在住の現代アーティスト、門脇篤さん(49)。
歌詞は交流を通して知り合ったインドネシア人が書き、一部は日本語に訳されている。



日イコラボCDが完成  「アチェと日本のかけ橋」 交流から生まれた10曲
https://www.jakartashimbun.com/free/detail/45730.html?fbclid=IwAR06tR9HFLU9XBJ91UkWaAx9ih2rUKn2hMqqzZ9sutHXU9QPjGxUmN_unDA


関連記事
2019年 01月 03日
新刊:CD「アチェと日本のかけ橋」(Titi antara Aceh dan Jepang)インドネシア語 
https://gadogado.exblog.jp/238954291/


2019年 01月 03日
祝・映画:「インドネシアで私が200キロ自転車をこいだ理由」(門脇 篤 監督)@神戸スポーツ映画祭2019
https://gadogado.exblog.jp/238953996/

by gado-gado | 2019-01-09 10:17 | アチェ


<< 宝生会の1月の夜能:能「車僧」...      インドネシアのドキュメンタリー... >>