人気ブログランキング |
2018年 10月 23日

来日するインドネシアの女優・Agni Pratisthaさん@「アジア三面鏡2018:Journey」東京国際映画祭

「アジア三面鏡2018:Journey」インドネシア編に出演するAgni Pratisthaさんは、Putri Indonesia 2016 で、2007年のミスユニバースのインドネシア代表。
姉・Sigi Wimalaさんも女優でモデル。その夫のTimo TjahjantoさんはKillers (2013)の監督。


a0054926_16001098.jpg
出演した映画
Tahun Judul Peran Keterangan
2004 Mengejar Matahari Rara
2012 Cinta Tapi Beda Diana
2012 Jakarta Hati Segmen Dalam Gelap
2013 9 Summers 10 Autumns Isa
2016 Pinky Promise Kartika Rahayu
TBA Message Man Jenti


以下は、「アジア三面鏡2018:Journey」の公式サイトから。

アジア三面鏡2018:Journey

セカール役:アグニ・プラティスタ(インドネシア)

1987年オーストラリア生まれ、ジャカルタ育ち。2005年にロッテルダム国際映画祭への入選を
果たした“Mengejar Matahari”(英題:Chasing the Sun)にヒロイン役で出演している。そのほか
“Cinta Tapi Beda” や“Pinky Promise”でもメインキャストとして出演している。その他Chubby
Maxというクッキーブランドを立ち上げたり、Ark Motion Imagesを創立したりするなど、起業家と
しても活躍している。2006年にはPuteri Indonesia (Miss Indonesia Universe)で優勝を果たし、
Miss Universe 2007でインドネシア代表として出場した。

コメント
『第三の変数』への出演は私にとって大変素晴らしい機会となりました。様々な課題が立ちはだかり
ましたが、100%の力を込め、お互いに支え合うことのできる完璧なチームと仕事ができました。これ
以上のことは望めません。


アジア三面鏡2018:Journey
https://asian3mirror.jfac.jp/2018_journey/ja/


Agni Pratistha
https://id.wikipedia.org/wiki/Agni_Pratistha


関連記事
22 Oktober 2018
Lama Tak Muncul, Ini Kabar Baru Puteri Indonesia 2006 Agni Pratistha
https://www.idntimes.com/hype/throwback/harambe-haramjadah/lama-tak-terdengar-ini-kabar-puteri-indonesia-2006-agni-pratistha-c1c2/full

関連映像
Sarah Sechan - Agni Pratistha lebih ceria setelah menikah


by gado-gado | 2018-10-23 16:05 | インドネシアの映画


<< 来日するインドネシアの俳優・O...      被災文化財を救え インドネシア... >>