2018年 10月 05日

展覧会:フェスティバル・ベバス・バタス『ときどき TOKIDOKI―日本のアール・ブリュットinインドネシア―』@インドネシア国立美術館

北澤潤八雲事務所の Face Book(10/5)に出ていました。


北澤潤八雲事務所

[ TOKI DOKI Japanese Art Brut Exhibition in Indonesia]
a0054926_17373396.png

インドネシア国立美術館で来週10月12日から「TOKI DOKI Japanese Art Brut Exhibition
in Indonesia」が開幕します。インドネシア教育文化庁が主催するFESTIVAL BEBAS BATAS の
一貫として実施されます。

北澤は本展にパートナーアーティスト及びコーディネーターとして関わっており、展覧会全体の
制作に携わりながら、来年以降「ボーダレスアートミュージアムNO-MA」と共に日本とインドネシア
で展開していく新プロジェクト《Momentary Museum》を、展示室の中に仮設の場をつくりだすことで、

その構想を発表します。

13日には国際交流基金ジャカルタ文化センターのホールにて国際シンポジウムも開催されます。



以下は、(NO-MAウェブサイトより)。
a0054926_17371079.png
フェスティバル・ベバス・バタス
「ときどき TOKIDOKI―日本のアール・ブリュットinインドネシア―」

2018年度、インドネシアにおいて障害のある人を中心とした文化芸術を発信する大規模なイベント
「フェスティバル・ベバス・バタス」が企画され、その一環として日本のアール・ブリュット作品と、
これからの両国の交流の展望について展示する「ときどき TOKIDOKI―日本のアール・ブリュット
inインドネシア―」が開催されます。

<出展作家>  
 戸來 貴規(岩手県)、岩崎 司(岩手県)、木本 博俊(愛知県)、木村 茜(滋賀県)、
 三橋 精樹(滋賀県)、佐藤 朱美(北海道)、山崎 健一(新潟県)、吉澤 健(東京都)

<パートナーアーティスト・コーディネーター>
 北澤 潤(美術家/合同会社北澤潤八雲事務所代表)
 http://www.junkitazawa.com/


詳細
フェスティバル・ベバス・バタス『ときどき TOKIDOKI―日本のアール・ブリュットinインドネシア―』
http://www.no-ma.jp/?p=17562



<フェスティバル・ベバス・バタス 公式サイト>
http://www.festivalbebasbatas.org/
[PR]

by gado-gado | 2018-10-05 17:38 | 展覧会


<< インドネシアの映画:『デノクと...      新刊:"12 yea... >>