2018年 09月 25日

インドネシアの木版画運動も 展覧会:「闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s」@福岡アジア美術館 (11/23 - 2019/1/20)

当ブログの「これからのインドネシア関連の催し」では予告していた展覧会ですが、詳細が福岡アジア
美術館のホームページに出ていました。
来年2月にはアーツ前橋での巡廻展覧会があります。


展覧会:闇に刻む光 「アジアの木版画運動」

a0054926_07124612.gif

2018年11月23日(金・祝)~2019年1月20日(日)
10:00-20:00(最終入場時間 19:30)
休館日:水曜日(1月2日(水)は開館)、年末年始(12月26日~1月1日)

福岡アジア美術館 企画ギャラリー(7階)

一般1000 (800) 円 高大生700 (500) 円 中学生以下無料

巡回情報
2019年2月2日(土)〜3月24日(日) アーツ前橋(群馬県前橋市)

インドネシア関連

5. 1950s-60s インドネシア:新聞にみる版画交流
冷戦時代にインドネシアが主導した第三世界の連帯のなかで、自国およびアジア各地の
作家による木版画が新聞で紹介される。


10. 2000s-インドネシアとマレーシア:自由を求めるDIY精神
1998年のスハルト政権崩壊の前後、音楽家、美術家、学生、政治活動家らが結成した集団
(コレクティヴ)が、政治の腐敗や環境破壊を告発、農村・漁村の民衆を支援する。DIY
(Do It Yourself)精神から、木版画メディアが復活をとげ、その影響がアジア各地に及ぶ。



関連イベント
「こんにちはシネラです―福岡市総合図書館収蔵の名作アジア映画を届けます―」

12月9日(日)インドネシアの映画上映
14:00~「クルドサック」”Kuldesak”(インドネシア)1998年 デジタル カラー 99分 
協力:Miles Films 監督:ミラ・レスマナ、ナン・T・アハナス、リリ・リザ、リザル・マントファニ
日本語・英語字幕付き


展覧会:「闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s」@福岡アジア美術館 (11/23 - 2019/1/20)
https://asiawoodcut.wordpress.com/

by gado-gado | 2018-09-25 07:13 | 展覧会


<< 祝・インドネシアの映画:「めく...      テレビ:遠い国のあなたへ~少女... >>