2018年 06月 09日

インドネシアの現代美術家アイ・チョー・クリスティンの個展「人間とは」描き出す@金沢21世紀美術館

朝日新聞デジタル(6/8)に出ていました。

a0054926_05262984.gif

 ほとばしる色彩のなかに、手や魚、犬の顔など、具体的な形の断片も浮かぶ。ギロチンのような
装置を使った大きなインスタレーションも。抽象画とも具象画ともつかない作品群は、ダイナミック
かつ繊細で、見る者の感情を揺り動かす。その根底には「人間とは何か」という問いがあるという。
インドネシアで活動する現代アーティスト、アイ・チョー・クリスティン(1973~)の、日本の
美術館では初となる個展が、金沢21世紀美術館(金沢市)で開かれている。


 人間の不完全性や二面性について、透徹したまなざしを向けてきたアイ・チョー。彼女の作品は、
見る者の内面を揺さぶり、その根源へと目を向けさせる。「人間を人間たらしめるものとは何か」と
いう問いが、作品に共通するテーマという。


 自身は中華系インドネシア人でカトリック教徒というルーツを持つ。「正直言って私は、インド
ネシアという国では少数派に属する。さまざまな差別、あつれきを経験するなかで、『人間性とは
何か』『個人はどうあり続けることができるのか』ということを、私なりに繰り返し考え続けています」


「人間とは」描き出す 現代作家アイ・チョー日本初個展
https://www.asahi.com/articles/ASL674FPBL67PTFC012.html


関連記事
アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1758


2018年 05月 19日
インドネシアのアイ・チョー・クリスティンが語る@金沢21世紀美術館の注目個展 「アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意」
https://gadogado.exblog.jp/238531011/


2018年 03月 28日
インドネシアの現代美術家アイ・チョー・クリスティンの個展「霊性と寓意」@金沢21世紀美術館 (-8/19)
https://gadogado.exblog.jp/238426165/
[PR]

by gado-gado | 2018-06-09 05:28 | 展覧会


<< インドネシアの映画: '...      これからのインドネシア関連の催... >>