人気ブログランキング |
2018年 04月 20日

専門科目:情報 | バリ島のガムランへの情報学的アプローチ@放送大学 東京多摩学習センター 5/19 5/20

放送大学のホームページに出ていました。

a0054926_20572642.gif

面接授業
専門科目:情報 | ガムランへの情報学的アプローチ

講師:仁科 エミ(放送大学教授)

【授業内容】
バリ島の青銅の打楽器アンサンブル“ガムラン”。その演奏は共同体の自己組織化や社会の
葛藤制御に機能しています。ガムランの響きには、可聴域を超え複雑に変化する超高周波
成分が豊富に含まれ、それが可聴音と共存すると、脳深部の活性を高め多様な生理・心理・
行動的効果をもたらします。ガムラン演奏の実習を通して超高周波が発生する仕組みを体験
するとともに、情報学がもつ超領域型アプローチを理解することをめざします。

【授業テーマ】

第1回 バリ島の青銅打楽器アンサンブル”ガムラン”
第2回 ガムラン音に含まれる超高周波が基幹脳を活性化する
第3回 ガムランの実習(その1)
第4回 音を可視化する情報学の手法
第5回 身近な音を可視化する
第6回 音楽による共同体の自己組織化
第7回 ガムランの実習(その2)
第8回 文化によって異なる音楽と環境音

【学生へのメッセージ】
音響学、脳科学、民族芸術学などさまざまな領域を架橋するのが情報学のひとつの特徴です。
多様な領域にわたる内容を、予備知識が無くても理解出来るよう平易に講義します。各回の
時間配分は変更することがあります。

【受講者が当日用意するもの】
楽器(ガムラン)演奏の実習をします。動きやすい服装で参加してください。


専門科目:情報 | ガムランへの情報学的アプローチ
http://forests.ouj.ac.jp/ouj-f301/dt-29638.html



by gado-gado | 2018-04-20 20:58 | インドネシアの音楽


<< これからのインドネシア関連の催...      インドネシアの映画:'... >>