2018年 02月 25日

祝・インドネシアの映画:Sekala Niskala (The Seen and Unseen)見えるもの 見えざるもの GENERATION KPLUS部門賞@ベルリン国際映画祭

 Gita FaraさんのFace Book(2/24)に出ていたので、ベルリン国際映画祭の公式サイトを訪ねました。
a0054926_00575049.jpg


The Grand Prix of the Generation Kplus International Jury for the Best Film, endowed with 7,500 euro by the Deutsches Kinderhilfswerk (The Children’s Charity of Germany):

Sekala Niskala (The Seen and Unseen)
By Kamila Andini, Indonesia / Netherlands / Australia / Qatar
The Grand Prix of the Generation Kplus International Jury for the Best Film goes to a director who has a particular cinematic vision. A poetic tale of life in balance and out of balance. It conveys the soulful journey through sorrow, rage and acceptance. It touched us all through its unique universe. It is a film that embraces risk, authenticity and the mystical in a finely tuned filmic dance.


Awards and Juries in the Generation section
https://www.berlinale.de/en/das_festival/preise_und_juries/preise_generation/index.html


関連記事
2018年 02月 18日
祝・インドネシアの映画:The Seen and Unseen(見えるもの、見えざるもの)@ベルリン国際映画祭2018
https://gadogado.exblog.jp/238340829/


2017年 10月 05日
祝・インドネシアの映画2本: 『見えるもの、見えざるもの』&『殺人者マルリナ』@第18回東京フィルメックス
http://gadogado.exblog.jp/237834830/
[PR]

by gado-gado | 2018-02-25 01:09 | インドネシアの映画


<< 静岡在住のインドネシア人・ラク...      インドネシアガムラン演奏と舞踊... >>