2016年 11月 12日

インドネシアに初のパンダ、来月来園 受け入れ準備万端、ボゴールのタマンサファリ

今朝(11/12)のじゃかるた新聞のトップ記事に出ていました。

a0054926_11232364.jpg


 来月、中国からジャイアントパンダがインドネシアに初めてやってくる。受け入れ
先の西ジャワ州ボゴール県の動物園「タマンサファリ・インドネシア」ではパンダ舎が
完成し、来年1月にも一般公開したいと意気込んでいる。

 ヤンセン・マナンサン園長は3日、じゃかるた新聞の取材にジャイアントパンダ
2頭が年内にも来園し、1月にも公開したい考えを明らかにした。ジャイアント
パンダの受け入れは世界で14カ国目。園内の土産店には1年以上前からぬいぐるみや
キーホルダーなどパンダのグッズが並び、「主役」の来園を待ちわびてきた。ヤンセン
園長は「3年前から受け入れに向けて話を進めてきた。ついにです」と笑顔を見せる。

 タマンサファリはことし、開園30周年を迎えた。広さ168ヘクタールの敷地に
約300種3千頭を飼育している。

 群馬サファリパークと姉妹園として提携しているほか、上野動物園にスマトラトラ、
多摩動物公園にオランウータンを提供するなど、日本の動物園と長く交流を続けてきた。


初のパンダ、来月来園 受け入れ準備万端、来年1月にも公開 ボゴールのタマンサファリ
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/32330.html


建設中のパンダ舎の前で、Taman Safari Indonesia のオーナー・
Jansen Manansangさんのインタビュー。

a0054926_13292879.png
a0054926_13294916.png



関連映像
Pererat Hubungan Indo-Tiongkok, Taman Safari Rencanakan Inseminasi Panda
Metro Xinwen - Power Talk 21 Maret 2015 (3)
https://www.youtube.com/watch?v=LvPftavt9PA





関連サイト
Taman Safari Indonesia
http://www.tamansafari.com/


関連記事
2016年 02月 03日
インドネシアに中国からパンダが 年末にタマンサファリへ「ジンフー」「フェイユン」
http://gadogado.exblog.jp/22358644/


Akhirnya, Sepasang Panda Akan Hadir di Taman Safari Indonesia
http://travel.detik.com/read/2016/08/09/125022/3271502/1382/akhirnya-sepasang-panda-akan-hadir-di-taman-safari-indonesia


2012年 04月 04日
インドネシアのコモドと中国のパンダ交換に合意
http://gadogado.exblog.jp/14979571/
[PR]

by gado-gado | 2016-11-12 11:24 | インドネシア


<< オランダでインドネシア映画祭 ...      祝・インドネシアの映画:Nya... >>