2016年 07月 04日

日本・インドネシア共和国国交樹立60周年記念インドネシア ファッション@町田市立博物館(その2)

先日(6/11)に当ブログでお知らせした展覧会ですが、日本インドネシア服飾研究会から
チラシが届きましたので、再掲載します。


日本・インドネシア共和国国交樹立60周年 
インドネシア ファッション -海のシルクロードで花開いた民族服飾の世界―

展覧会概要

インドネシア共和国は世界最大の群島国家であり、300を超えるともいわれる民族が共存する世界最大の多民族国家でもあります。これらの民族はそれぞれ固有の言語や文化を持ち、さらに古代から海上交易の拠点として「海のシルクロード」を介しヒンドゥー文化、仏教文化、イスラム文化、西欧(キリスト教)文化などの東西文化を次々と受容し、複雑に展開させてきました。

このような文化を最も反映しているのが、各民族がその風土と歴史の中で独自の発展をさせてきた服飾です。本展では、戸津正勝氏がインドネシアの地域研究のために蒐集したコレクションを、前期は外国文化の影響を強く受けたジャワ島北部海岸やインドネシア東部の島々、後期はジャワの王宮やスマトラ島の伝統服飾に大別して展示します。国交樹立60周年に向けて、王宮やジャカルタ州立テキスタイルミュージアムをはじめ、インドネシア共和国諸機関の協力を得て、イカット(絣織)やバティック(蝋纈染)、金・銀糸などを織り込んだソンケット(紋織)といった、インドネシア全域に広がる様々な技法や文様のファッションを余すことなく紹介する、世界的にも貴重な機会となります。

a0054926_10595876.pnga0054926_1101774.png



会期
2016年7月9日(土曜日)から8月28日(日曜日)
〔前期〕7月9日(土曜日)から7月31日(日曜日)
〔後期〕8月5日(金曜日)から8月28日(日曜日)
※前、後期で全点入れ替え

開館時間
午前9時から午後4時30分

休館日
毎週月曜日、ただし7月18日(月曜日・祝日)は開館し、翌7月19日(火曜日)は休館

入館料
一般300円(中学生以下無料、障がい者半額)

主催・企画
町田市立博物館

監修
戸津正勝氏(ハリウッド大学院大学アジア服飾文化研究所所長、国士舘大学名誉教授)


関連イベント

◆演会「海のシルクロードと島々の染織」
日時:7月24日(日曜日)午後2時から3時30分
講師:戸津正勝氏(ハリウッド大学院大学アジア服飾文化研究所所長、国士舘大学名誉教授)
会場:町田市立博物館2階講堂
定員:60名(要予約、町田市イベントダイヤル(電話:042-724-5656)にて、
7月1日(金曜日)正午より募集開始(先着順)、要入館料)


◆体験講座「癒しの音色アンクルンを奏でてみよう」

日時:8月6日(土曜日)午後2時から3時
講師:吉田祐子氏(グループ・デワデウィ主宰)
会場:町田市立博物館2階講堂
対象:小学校4年生以上※小学生の場合は保護者同伴のこと
定員:30名(要予約、町田市イベントダイヤル(電話:042-724-5656)にて、
7月1日(金曜日)正午より募集開始(先着順)、要入館料)


◆ギャラリー・トーク(担当学芸員による展示解説)

日時:7月31日(日曜日)、8月21日(日曜日)各日午後2時から2時30分
会場:町田市立博物館1階展示室
定員:各回20名(予約不要、要入館料)


詳細
日本・インドネシア共和国国交樹立60周年 インドネシア ファッション 
-海のシルクロードで花開いた民族服飾の世界―
http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/museum/kikakutenji.html


関連記事
2016年 06月 11日
日本・インドネシア共和国国交樹立60周年記念インドネシア ファッション
@町田市立博物館
http://gadogado.exblog.jp/22896450/


当ブログのカテゴリ:インドネシアのバティック (現在 87項目)
http://gadogado.exblog.jp/i30/
[PR]

by gado-gado | 2016-07-04 11:01 | インドネシアのバティック


<< インドネシアのワヤン:これからの公演      ジャカルタ二階建て無料観光バス... >>