2016年 01月 28日

インドネシアのジャカルタで 今夜はお刺し身! 「さかなや」が配送サービス

今朝(1/28)のじゃかるた新聞のピックアップ記事に出ていました。

インドネシア語のクラスにいた和田圭さん、2年前にスラバヤで鮮魚店
「さかなや はじめました」を開業、そしてジャカルタでも「さかなや」を。
ご活躍が嬉しいです。

a0054926_765327.png


 「さかなや」のオーナーは水産コンサルタントの和田圭さん(30)。同店はスラバヤで2014年12月にオープンして以来、同地で日本人の主婦を中心に口コミなどで広がり、多くの人が利用している。ベビーフードに同店の商品を使う人もいるという。「お刺し身は調理に手間もかからず、重宝してくださる主婦の方も多い。家庭での料理に1品、お刺し身を加えてもらい、安全でおいしい魚を気軽に食べてほしい」

 小学生6年間をジャカルタ日本人学校(JJS)で過ごした和田さん。「ジャカルタではとにかく魚がおいしくなく、日本に帰国して魚を食べた時、あまりのおいしさに感動し、魚が大好きになった。今ジャカルタにいる子どもたちには、おいしい魚を食べて日本に帰ってほしい」と話す。帰国後は魚好きが興じて釣りやダイビングはもちろん、水産業の商社に入社。和田さんの魚へのこだわりは人一倍強い。


 商品は解凍後に刺身で食べられるヤリイカ(100グラム1万6千ルピア)や天然エビ(同3万5千ルピア)、骨のないハタやサワラ、イトヨリダイのフィレ(同1万6千~2万3千ルピア)、魚の開きや一夜干しなどもそろう。

 目玉商品はスラウェシから仕入れる「生マグロ」(100グラム3万ルピア)。マグロは大きいほど脂がのっておいしいため、1匹70キロ以上の大型マグロを仕入れている。「ヤリイカの一夜干し(同2万3千ルピア)」もおすすめだという。



a0054926_773396.jpg

画像は「さかなや」のホームページから。


今夜はお刺し身! 「さかなや」が配送サービス
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/28540.html


関連サイト
さかなや
http://www.sakanayajakarta.com/


関連記事
日本人が魚屋オープン 食卓に新鮮な魚を スラバヤの和田さん
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/21819.html


2014年 12月 02日
インドネシア・スラバヤの和田圭さん 鮮魚店「さかなや はじめました」
http://gadogado.exblog.jp/20457747


スラバヤに日本人向けの魚屋、「さかなや はじめました」がオープン
http://www.samsul.com/eat/Sakanaya-Hajimemashita.php
[PR]

by gado-gado | 2016-01-28 07:11 | インドネシア


<< 大東文化大学国際関係学部の学生...      新刊:Bikin Laris ... >>