2015年 01月 08日

インドネシア:2月に外国人の雇用規定改正、インドネシア語の試験を義務化へ

NNA ASIA(1/5)に出ていました。


これまでの外国人就業規制では、
「インドネシア語でのコミュニケーションができる」?

TOIFL (Test of Indonesian as Foreign Language)


インドネシアのハニフ・ダキリ労働相は、外国人の雇用に関する規定の改正を
2月にも終える考えを示した。就労認可の取得条件に、インドネシア語の試験を
義務付けるほか、学歴の要件なども厳格にする意向だ。

外国人労働者の雇用に関する労働相令『2013年第12号』の改定作業を進めており、
法務・人権省との調整を来月中に完了する。外国人労働者に対するインドネシア語の
試験は、英語を母国語としない人向けのテストとして実施する。

学歴は短大卒業以上を求める。取締役または監査役を除き、インドネシア人労働者
への技術移転を行う宣誓書の作成も義務付ける方針も明らかにした。


インドネシア 2015/01/05(月曜日)
2月に外国人の雇用規定改正、言語義務化へ[労働]
http://news.nna.jp/free/news/20150105idr006A.html


NNA ASIA
http://www.nna.jp/


関連記事

Menteri Ketenagakerjaan M Hanif Dhakiri mengatakan, pihaknya segera
mengimplementasikan peraturan pemerintah bahwa tenaga kerja asing
yang bekerja di Indonesia diwajibkan menguasai Bahasa Indonesia
.

"Kita harapkan bulan Februari revisi Permenaker selesai dan uji
kemampuan Bahasa Indonesia bisa segera diimplementasikan bagi
para TKA (tenaga kerja asing) yang ingin bekerja di Indonesia
,"
kata M Hanif Dhakiri di Kantor Kementerian Ketenagakerjaan, Jakarta, Jumat.

Tenaga kerja asing wajib bisa bahasa Indonesia
http://www.antaranews.com/berita/471960/tenaga-kerja-asing-wajib-bisa-bahasa-indonesia
[PR]

by gado-gado | 2015-01-08 17:56 | インドネシア


<< インドネシアのファッション事情...      企業人の経験を教育に生かす 日... >>