2014年 01月 19日

インドネシアのカカオでチョコレート 京都の「Dari K」の吉野慶一さん

日本経済新聞(1/8)に出ていました。

「Dari K」の吉野慶一さんともう1人、弁当箱(ベルトラン)のベルトラン トマさんが紹介されています。
この弁当箱は、先日(1/6)の未来世紀ジパングの「ニッポン再発見③ フランス人が夢中!
ニッポンのお弁当」に登場。とてもおもしろかったです。



 インドネシア中部、赤道直下のスラウェシ島。12月でも気温が30度を超す中、京都市のチョコレート製造販売会社「Dari K」(ダリケー)社長の吉野慶一(32)は汗を拭いつつ、現地の農業アドバイザーと同国向けのチョコドリンク作りに取り組んでいた。

 社員10人のベンチャー企業だが、大量生産せず厳選した豆で一つ一つ手作りするチョコは日本でも好評。東京の百貨店やホテルからの引き合いが相次ぐ。

 今後は農家が加工品を作り、ジャカルタなどで販売することを支援する。「インドネシアでも6次産業を根付かせたい」。年商6千万円の小さな会社の大きな挑戦は続く。



a0054926_10443979.png

画像は、2012年7月に京都の三条商店街のお店からから買ってきてもらった
「Dari K」のチョコレート。


世界へ関西スピリッツ 異郷で羽ばたく(2)
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO65008850Y4A100C1LDB000/


関連サイト
dari K
http://www.dari-k.com/


関連記事
2012年 07月 18日
インドネシアのカカオでチョコレート:Dari K@京都
http://gadogado.exblog.jp/15789005/


2012年 11月 15日
京都のチョコ工房・ダリ・K インドネシアのスラウェシ島で製造、ジャカルタで販売
http://gadogado.exblog.jp/16799778


ニッポン再発見③ フランス人が夢中!ニッポンのお弁当@未来世紀ジパング
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO65008850Y4A100C1LDB000/
[PR]

by gado-gado | 2014-01-19 10:45 | インドネシア


<< 2月の初心者のためのインドネシ...      ジャカルタの地図(Atlas ... >>