2013年 12月 21日

インドネシアで世界絞り展 絞り染めの美しさ再発見@じゃかるた新聞(12/20)

昨日(1020)のじゃかるた新聞の【じゃらんじゃらん特集】にジャカルタテキスタイル博物館と京都絞り工芸館の共催で開催中の「世界絞り展」の記事が出ていました。

a0054926_940236.png



世界各地に伝わる伝統文化「絞り染め」の展覧会が22日まで、西ジャカルタのテキスタイル博物館で開かれている。日本やインドネシア、インド、アフリカ5カ国の作品が一堂に集う貴重な催しだ。関係者は、絞り染めの美しさを多くの人に再発見してもらうと同時に、作風の幅を広げる機会にしたいと意気込む。

 テキスタイル博物館と京都絞り工芸館の共催。会場には同工芸館が制作した長さ8メートルの着物など大作4点や世界各地の作品約25点が並ぶ。パネル約70点を備え付け、絞りの技法も一つ一つ紹介。スカーフや小物なども販売する。


京都絞り工芸館の吉岡信昌副館長は
絞り染めの工程は「『気が遠くなって倒れそう』と言われるほど時間と集中を要する」と吉岡さん。職人の育成が課題の一方で、凹凸のデザインに引かれた世界各地のデザイナーが絞り染めに注目するようになってきたという。「伝統的な着物以外にも絞り染めの用途を広げ、需要を増やしていきたい。バティック(ろうけつ染め)と融合した作品も制作したい」と期待している。



【じゃらんじゃらん特集】絞り染めの美しさ再発見
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/15278.html


関連サイト
Museum Tekstil Jakarta
http://museumtekstiljakarta.com/en


京都絞り工芸館
http://shibori.jp/pl/?category_name=home


関連記事
インドネシアにて世界絞り展を開催します
http://shibori.jp/pl/?p=2941


世界絞り展 in インドネシア のご案内
http://jicca-kansai.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/in-b1ba.html


2013年 12月 16日
インドネシアで世界絞り展 (World Shibori Exhibition)@ジャカルタのテキスタイル博物館
http://gadogado.exblog.jp/19160387/


2012年 11月 06日
姉妹美術館調印式記念:ジャカルタ・テキスタイル・ミュージアム&京都「京都絞り工芸館」交流展
http://gadogado.exblog.jp/16741932/
[PR]

by gado-gado | 2013-12-21 09:43 | 展覧会


<< インドネシア代表のサッカー選手...      インドネシアのショートショート... >>