人気ブログランキング |
2013年 07月 17日

インドネシアの映画プロデューサー・ジョン・バダルさん@SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 長編部門

シンガポール映画祭の松下由美さんのtwitter に出ていました。


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭ゲスト情報:脅迫や迫害を受けながらも屈せずインドネシアででLGBT映画祭 Q! Film Festivalを運営するジョン・バダル氏がコンペ審査員の一人。
https://twitter.com/MatsushitaYumi


それで、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭のホームページを訪ねました。


長編部門審査員
ジョン・バダル John Badalu(インドネシア)
映画プロデューサー
a0054926_236238.png

プログラマーとしてプチョン国際ファンタスティック映画祭やブラジルのトラフィック映画祭などに携わる。現在、ベルリン国際映画祭と上海国際映画祭で東南アジア部門担当としても活躍。ベルリン国際映画祭やバンコク国際映画祭などで審査員を務めるほか、プロデューサーとしても活動しており、2012年『Parts Of The Heart 』、『Peculiar Vacation and Other Illnesses』、2013年『What They Don't Talk About When They Talk About Love』などの製作に携わる。日本、スペイン、インドネシアでの企画も進行中


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭
本年度審査員
http://www.skipcity-dcf.jp/jurors2013.html


関連記事
My Jakarta: John Badalu
http://www.thejakartaglobe.com/archive/my-jakarta-john-badalu/

by gado-gado | 2013-07-17 23:06 | インドネシアの映画


<< 大相撲ジャカルタ巡業 砂かぶり...      バリ舞踊・インドネシア料理@2... >>