2012年 08月 02日

インドネシアの小学校と仙台の小学校の交流

じゃかるた新聞(8/1)のトップ記事です。


贈り物、日イつなげる
仙台から文房具届く
「震災支援のお礼」
千羽鶴など送った小学校に

 東日本大震災で被災した小学生に励ましのメッセージなどを送ったインドネシアの児童たちへ、日本から文房具が届いた。支援に対する感謝の気持ちとして、仙台市教育委員会が寄付したもので、インドネシアの小学校でレクリエーションのボランティアをする槐島(げじま)はま子さんがこのほど、南ジャカルタ・チプテのアル・ヒクマ・イスラム小学校と西ジャワ州カラワン県のマルガカヤ第2小学校、同州ブカシ県のアル・アズハル小学校に送り届けた。震災を機に国を越えた交流が生まれている。


じゃかるた新聞
http://www.jakartashimbun.com/
[PR]

by gado-gado | 2012-08-02 09:19 | 日本インドネシア友好


<< 岡山のブドウ、白桃をインドネシアへ      インドネシアの最初のメダルは、... >>