2012年 06月 29日

インドネシアで 版画展:「Tak Kenal Maka Tak Sayang(知らなければ愛せない)」

国際交流基金 ジャカルタ日本文化センターの催事 2012年7月増刊号 に出ていました。


版画展:「Tak Kenal Maka Tak Sayang(知らなければ愛せない)」、ディスカッション・ワークショップ

国際交流基金ジャカルタ日本文化センターでは、若手版画作家グループ「Refreshink Printmaking/ Refreshink」の版画展を開催します。 この展示会は、日本との交流パートナーとしての活躍が期待されるインドネシアの若手芸術家 支援を目的とした「ネオピオン」の一事業として開催します。また版画展開催中に「Refreshink」によるディスカッションと版画ワークショップも開催いたします。


a0054926_1504888.jpg


版画展「Tak Kenal Maka Tak Sayang(知らなければ愛せない)」

日 時 : 開会式 2012年7月2日(月)16:00~
2012年7月2日(月)~7月20日(金)10:00~18:00 土・日閉館
場 所 : 国際交流基金ジャカルタ日本文化センター2階 ホール
公 開 : 一般公開(無料)

〔ディスカッション〕
日 時 : 2012年7月10日(火) 15:00~17:00
場 所 : 国際交流基金ジャカルタ日本文化センター2階 ホールロビー
テーマ : 版画とその歴史
ディスカッサント : アミヌッディン・TH・シレガル(Aminuddin TH Siregar)
バンドン工科大学(ITB)講師、スマルジャ・ギャラリー(The Soemardja Gallery)代表
言 語 : インドネシア語
公 開 : 一般公開(無料)

●アミヌッディン・TH・シレガル Mr. Aminuddin TH Siregar
2006年にバンドン工科大学(ITB)芸術大学から修士号(美術)を取得。現在、同大学芸術デザイン学部講師兼スマルジャ・ギャラリー主任学芸員。インドネシア美術史が専門で、2007年には福岡アジア美術館の招へいでインドネシアの近代美術と日本の関係を歴史をふまえながら研究。国内の展覧会を手がけるかたわら、インドネシアの美術と市場の関係にも高い関心を寄せ、執筆活動も盛んに行っている

〔ワークショップ〕
日 時 : 第1回 2012年7月12日(木) 14:00~16:00
第2回 2012年7月13日(金) 14:00~16:00
場 所 : 国際交流基金ジャカルタ日本文化センター2階 多目的室
費 用 : 50,000ルピア(材料代)
言 語 : インドネシア語
定 員 : 各回20名、事前申し込みが必要

※申し込み方法は国際交流基金ジャカルタ日本文化センターホームページ(www.jpf.or.id)をご参照ください。


お問合せ: 国際交流基金(ジャパン・ファウンデーション) 
ディアナ (021-520-1266)


詳細
http://www.id.emb-japan.go.jp/jf/1207b.html

詳細(インドネシア語)
Pameran-Workshop-Diskusi : SENI GRAFIS
Tak Kenal maka Tak Sayang
Pameran Bersama Komunitas Refreshink
http://www.jpf.or.id/event/budaya/pameran-workshop-diskusi-seni-grafis
[PR]

by gado-gado | 2012-06-29 15:01 | 展覧会


<< インドネシアで アジア・リーダ...      インドネシアで ジャカルタ・ブ... >>