<   2016年 09月 ( 117 )   > この月の画像一覧


2016年 09月 30日

これからのインドネシア関連の催し(アチャラ)

インドネシア関連の催しはこのページで紹介した後、まとめて「アチャラ
カレンダー」に載せています。

「アチャラカレンダー」が新しいサイトに移りました。
書き込み方法が変わったので、まだうまく使いこなせません。


a0054926_23163043.png



2016年
xx/xx - 日本インドネシア合作ドラマ第2弾「桜に願いを」@フジテレビ


7月
07/05 - 展示:クリス―神秘なるインドネシアの武器―@東京国立博物館(- 10/10)


9月
09/30 - 『デスメタルインドネシア』刊行記念『デスメタルインドネシアンナイト』@ 阿佐ヶ谷ロフトA



10月
10/01 - インドネシアバリ島から スアール・アグン 来日公演2016~祝祭の音楽 ジェゴグ・大地の響き~@静岡音楽館AOI
- インドネシアの映画:「鏡は嘘をつかない」@盛岡(ピカデリー? ルミエール?)


10/02 - インドネシアバリ島から スアール・アグン 来日公演2016~祝祭の音楽 ジェゴグ・大地の響き~@東京・めぐろパーシモンホール
- 「1950年代以降のマレーシア、インドネシアにおけるフェミニズム運動-アーティストの視点から」@アジア・アートウィーク フォーラム波紋-日本、マレーシア、インドネシア美術の20世紀 横浜美術館円形フォーラム
- 「小野佐世男と1940年代のインドネシア美術」@アジア・アートウィーク フォーラム
波紋-日本、マレーシア、インドネシア美術の20世紀 高架下スタジオSite-D集会場(横浜市中区黄金町
- 第8回ジャワ舞踊・影絵・ガムラン奉納公演「観月の夕べ」@岸和田市 岸城神社


10/03 - インドネシアジャワ島 美しき狩人ハナカマキリ 熱帯の森に咲く@ワイルドライフ NHK BS3 8:00 ~ 9:00


10/08 - ジャワ舞踊(冨岡 三智)@船場まつり 大阪市船場


10/09 - 福生甘蔵バリ舞踊公演 ~バリ島の宙と共に舞う夜~ Naga Jepang 荒内琴江

10/10- インドネシア・カルチャー・ディ2016 バティック(Batik)の魅力@福岡市アクロス福岡
- インドネシア料理ランチライブ:Bernyanyi dan berjoget Bersama@渋谷モンキーフォーレスト 


10/14 - ASEAN最新事情講座シリーズ ~インドネシアの構造改革・最新金融政策~@日本アセアンセンター


10/15 - 日本インドネシア市民友好フェスティバル@代々木公園(~10/16)
- インドネシアと日本の音楽的交流な夜:Bintang Night "YUMI&伊藤圭佑スペシャルライブ"@目黒 東京倶楽部


10/16 - バリガムラン&舞踊「バパン・サリ」公演2016『面と向かう』@兵庫県立美術館
- 十六夜コンサート~小島夕季 ジャワ舞踊の夕べさん@上野公園野外ステージ
- 東南アジアのドキュメンタリー映画作品上映会(「京都国際映画祭」連携企画)@京都大学


10/17 - 「インドネシア バリ島 沈船の怪魚 驚きの狩りを追う」@ワイルドライフ NHK BS3 8:00 ~ 9:00


10/21 - インドネシアから Didik Nini Thowok@ ひとつの机とふたつの椅子とシェイクスピア座・高円寺
- インドネシア文化の夕べ:Malam Budaya Indonesia@クレオ大阪中央


10/22 - インドネシア・バリ島の獅子バロン@三陸国際芸術祭 in 六本木アートナイト2016「シシの系譜」
- 公開講座:インドネシアにおける国家語と民族語-700の言語が息づく島々の多言語状況-@慶應義塾大学言語文化研究所
- インドネシアから Didik Nini Thowok & Titi Margesti Ningsih/Liswati/Yusuf Busro@ ひとつの机とふたつの椅子とシェイクスピア座・高円寺
- インドネシア・スンダ地方の伝統音楽レクチャー&コンサ-ト「バンドゥンからの音便り」@静岡文化芸術大学


10/23 - インドネシアから Titi Margesti Ningsih/Liswati/Yusuf Busro@ ひとつの机とふたつの椅子とシェイクスピア座・高円寺
- インドネシアの映画:「鮮血のレイトショー」(Midnight Show)@東京スクリーム・クイーン映画祭 渋谷 UPLING FACTORY 20:00
- ジャワのガムランと舞踊のコンサート”スナン スナン”(語感に響く青銅のアンサンブル)@東京 音工場


10/25 - インドネシア映画特集【カラフル!インドネシア】@東京国際映画祭 「CROSSCUT ASIA」第3弾 (- 11/3)
- 公開セミナー: インドネシアからアヤン・ウトリザ・ヤキンさん@アジアの未来は、世界の未来~共に考えるプラットフォームをつくる@アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム2016
- インドネシアの映画:「鮮血のレイトショー」(Midnight Show)@東京スクリーム・クイーン映画祭 渋谷 UPLING FACTORY 20:50


10/27 - セミナー「ムスリムファッション × インドネシアへの進出(現地企業報告)」@日本ムスリムファッション協会


10/28 - インドネシアから人形20体@世界の人形祭 瀬戸内国際芸術祭2016 香川県東かがわ市 (- 10/30)
- 講演会:東南アジアにおけるイスラム過激派の動きとテロリズム~現状と展望~@日本インドネシア協会
- インドネシア/マナド(北スラウェシ)長期滞在プログラムセミナー@目黒 インドネシア大使館


10/xx - インドネシア紹介: Indonesia Campus To Campus(Indonesia Trip Advisors Team)



11月
11/02 - 「MARGINAL GONGS」〜GONGの響きが精霊たちの儀式と祝祭を映し出す〜@スパイラルホール (東京・青山)


11/03 - 「MARGINAL GONGS」〜GONGの響きが精霊たちの儀式と祝祭を映し出す〜@スパイラルホール (東京・青山)
- インドネシアのアニメ映画:バトル・オブ・スラバヤ@新千歳空港国際アニメーション映画祭 12:30


11/05 - インドネシア代表はSabi Band@Asian Beat Band Competition 2016 Grand Final 東京ビッグサイト 国際展示場 TFT ビル
- インドネシアの映画:「鏡は嘘をつかない」公開@宇都宮ヒカリ座( - )


11/06 - 福生甘蔵バリ舞踊公演 ~バリ島の宙と共に舞う夜~ Naga Jepang 荒内琴江
- インドネシアのアニメ映画:バトル・オブ・スラバヤ@新千歳空港国際アニメーション映画祭 10:00


11/10 - セミナー:『ASEANのファッショントレンド×ムスリムファッション』(日本ムスリムファッション協会 & 中小企業基盤整備機構)
- セミナー「ASEANのファッショントレンド × ムスリムファッション」@日本ムスリムファッション協会


11/11 - 映画講座:インドネシア怪奇映画の女王・スザンナ(四方田犬彦)@東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」連携企画 アテネ・フランセ文化センター お茶の水

11/12 - 第10回インドネシア語スピーチコンテスト 神田外語大学
- インドネシア語劇@神田外語大学


11/13 - 第14回インドネシアフェスティバル@名古屋
- バリ舞踊講演会「バリ舞踊の魅力〜神々の祭りへの誘い」講師:松重貢一郎(阿佐ヶ谷バリ舞踊祭実行委員長)@阿佐ヶ谷地域区民センター


11/19 - インドネシア語劇"Melodi" ミュージカルドラマ@東京外国語大学外語祭2016
- バリ舞踊とリンディックの夕べ@テアトロ・ルセロ企画vol.8公演 大阪府池田市


11/20 - 第9回インドネシア語スピーチコンテスト@南山大学外国語学部・インドネシア学生会名古屋支部主催
- 特別企画:シンポジウム アジア映画に関するシンポジウム(仮称)@東京フィルメックス



12月
12/03 - インドネシアのユディ・タジュディン演出「サーカス物語」@静岡県舞台芸術センター


12/10 - インドネシアのユディ・タジュディン演出「サーカス物語」@静岡県舞台芸術センター


12/15 - ビジュアルドキュメンタリープロジェクト2016: 上映会@京都大学東南アジア研究所


12/17 - ビジュアルドキュメンタリープロジェクト2016: 上映会@東京ウィメンズプラザ


12/18 - インドネシアのユディ・タジュディン演出「サーカス物語」@静岡県舞台芸術センター


12/23 - インドネシアのユディ・タジュディン演出「サーカス物語」@静岡県舞台芸術センター



2017年
01/26 - セミナー「ムスリムファッション × エシカルファッション」@日本ムスリムファッション協会


3月
03/18 - バリ沖縄芸能合同公演「踊るしま~バリと琉球~」@那覇市パレット市民劇場



アチャラカレンダー(新URL)
http://hpcgi3.nifty.com/sanggar/calen/calen.cgi
[PR]

by gado-gado | 2016-09-30 23:16 | アチャラ
2016年 09月 30日

インドネシアの女性ジャーナリスト・Herawati Diahさん (1917-2016)

Kompas(9/30)にHerawati Diahさんの訃報が出ていました。
99歳でした。ご冥福をお祈りします。

a0054926_21183651.jpg


外国(アメリカ)で最初に大学教育を受けたインドネシア人女性。
1917年、Tanjung Pandan, Belitung 生まれ。
英字紙・Indonesian Observer を夫の BM DIAH 氏と創刊。
雑誌 "Keluarga" の創刊。
ホテルAryaduta の経営
東京外国語大学でインドネシア語を教えていた義兄・スジョノさんの家に寄宿して、
日本のアメリカンスクールにも1年間通う。
インドネシア独立宣言を英語とオランダ語に翻訳。



Tokoh Pers Nasional Herawati Diah Meninggal Dunia
http://nasional.kompas.com/read/2016/09/30/08360411/tokoh.pers.nasional.herawati.diah.meninggal.dunia


関連記事
Senior journo Herawati Diah passes away
http://www.thejakartapost.com/news/2016/09/30/senior-journo-herawati-diah-passes-away.html


Herawati Diah, sang penerjemah teks Proklamasi Kemerdekaan RI
http://elshinta.com/news/81148/2016/09/30/herawati-diah-sang-penerjemah-teks-proklamasi-kemerdekaan-ri


著書
a0054926_2119353.jpg

Judul: AN ENDLESS JOURNEY: Reflections of an Indonesian Journalist
Penulis: Herawati Diah


関連映像
CAKRAWALA ANTV HERAWATI DIAH, Jejak Jurnalis Perintis
https://www.youtube.com/watch?v=bSIQ1pqSty4




Herawati Dyah, Profil Wanita Inspiratif Indonesia
https://www.youtube.com/watch?v=kpLI592UGp4




関連記事
Herawati Diah
https://id.wikipedia.org/wiki/Herawati_Diah


2011年 03月 08日
日本留学のインドネシア人最高齢者・マリオノ(Mariono Mertodhihardjo)さんと
ディアさん
http://gadogado.exblog.jp/12239861/


2007年 04月 05日
インドネシアのジャーナリスト・Herawati Diahさん
http://gadogado.exblog.jp/5362874/


追記(10/1)
関連記事@じゃかるた新聞(10/1)
初の女性日本留学生死去(10/01) 有料

 第二次世界大戦前に日本や米国に留学した初のインドネシア人女性で、インドネシア独立以降、報道界の基盤を築いたジャーナリストの重鎮、ヘラワティ・ディアさん=写真=が30日、南ジャカルタのメディストラ病院で死亡した。99歳。  バンカブリトゥ...
[PR]

by gado-gado | 2016-09-30 21:20 | インドネシア
2016年 09月 30日

東南アジアのドキュメンタリー映画作品上映会(「京都国際映画祭」連携企画)@京都大学

京都大学東南アジア研究所のホームページに出ていました。

「京都国際映画祭」連携企画:
ドキュメンタリープロジェクト2015入選作品 + 東南アジア映画作品上映会


a0054926_17525465.jpg

日時:2016年10月16日(日) 13:00 – 19:00 (12:30開場)
場所:京都大学東南アジア研究所 稲盛 3階大会議室
対象:一般
入場料:無料、予約不要



主催:京都大学東南アジア研究所
連携:京都国際映画祭2016
協力:国際交流基金 フェスティバル/トーキョー Negativ Film Productions
太秦株式会社 京都国際インディーズ映画祭

プログラム: ポスターDL »
13:00 開会挨拶

13:15-15:00
Visual Documentary Project 2015入選作品
・2人のマイケル
・ジウおじいちゃんへ捧ぐ
・儚さ
・私の足
・我が政治人生

15:00-15:15
京大研究者による解説

15:25-18:41
東南アジア映画作品選
・The Monk
・消えた画(え)クメール・ルージュの真実

18:41-
京大研究者による解説


「京都国際映画祭」連携企画:ドキュメンタリープロジェクト2015入選作品 + 東南アジア映画作品上映会
http://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/event/20161016/


関連記事
a0054926_17532748.png

「Fragile」(邦題:『儚さ』) 監督:Bebbra Mailin 撮影地:マレーシア

ストーリー:マレーシアのサバ州に住むインドネシア人家族の生活を、厳しい生活の
中でも、歌手になるという夢を持ち続ける12歳の少女ニルワナの視点から描く。(9分)


【Visual Documentary Project 2015】入選作品決定!
http://jfac.jp/culture/news/visual-documentary-project-2015-selectedworks/


東南アジアの短編ドキュメンタリー映画上映会【Visual Documentary Project 2015】
http://jfac.jp/culture/events/visual-documentary-project-2015-%E4%B8%8A%E6%98%A0%E4%BC%9A/
[PR]

by gado-gado | 2016-09-30 17:54 | インドネシアの映画
2016年 09月 30日

映画講座:インドネシア怪奇映画の女王・スザンナ@東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」連携企画

東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」連携企画で、11月に映画講座があります。


a0054926_10491534.jpg

インドネシアの怪奇映画の伝説的女優・スザンナ
日時:11月11日(金)19:00
会場:アテネ・フランセ文化センター お茶の水
講師:四方田犬彦


アテネ・フランセ文化センター
http://www.athenee.net/culturalcenter/


関連記事
a0054926_10494867.jpg

Suzanna
https://id.wikipedia.org/wiki/Suzanna


代表作
1. Sundel Bolong (1981)
2. Malam Satu Suro (1988)
3. Perkawinan Nyi Blorong (1983)
4. Ratu Buaya Putih (1988)
5. Malam Jumat Kliwon (1986)
6. Ajian Ratu Laut Kidul (1991)
7. Telaga Angker (1984)
8. Ratu Ilmu Hitam (1981)
9. Titisan Dewi Ular (1990)

9 Film Horor Suzanna yang Dijamin Bikin Kamu Gak Bisa Tidur Malam Ini!
https://hype.idntimes.com/entertainment/pinka-wima/9-film-suzana-yang-dijamin-bikin-kamu-gak-bisa-tidur-malam-ini


Kisah Suzanna, ratu film horor Indonesia
https://www.merdeka.com/artis/kisah-suzanna-ratu-film-horor-indonesia.html


2016年 09月 21日
祝・インドネシアの映画11本も@東京国際映画祭【カラフル!インドネシア】特集
http://gadogado.exblog.jp/23232086/


関連サイト
東京国際映画祭
http://2016.tiff-jp.net/ja/


東京国際映画祭
https://www.facebook.com/tifftokyo.net/
[PR]

by gado-gado | 2016-09-30 10:51 | インドネシアの映画
2016年 09月 30日

テレビ:インドネシアジャワ島 美しき狩人ハナカマキリ 熱帯の森に咲く@ワイルドライフ(10/3)

番組ホームページに出ていました。

9月26日放送の再放送。


10月3日 (月) 8:00 ~ 9:00 (60分)
NHK BSプレミアム(Ch.3)

a0054926_9391748.png


インドネシアのジャワ島。熱帯の森には植物の姿で周囲に溶け込み、突然、獲物を襲う
恐るべきカマキリたちがすむ。枯れ葉そっくりなカレハカマキリ、枯れ枝になりきる
カレエダカマキリ…。中でも最強の狩人が、ハナカマキリだ。白とピンクの美しい花の
姿でミツバチをおびき寄せ、0.03秒という驚きの速さでしとめる。なんと最新の
研究で、姿ばかりか特殊な匂いまでまねて狩りをしていることが判明した。超絶技法に
徹底的に迫る。


インドネシアジャワ島 美しき狩人ハナカマキリ 熱帯の森に咲く
http://www.nhk.or.jp/nature/program/wildlife/program/detail.html?20160926


フィールドレポート
http://www.nhk.or.jp/nature/program/wildlife/archive/p156.html


◆放送予定
10月17日(月)午前8:00 [再]
NHK BSプレミアム(Ch.3)
「インドネシア バリ島 沈船の怪魚 驚きの狩りを追う」

バリ島の夜の海に謎の怪魚が出没するという。サンゴを破壊するパワーを持ち、
体は傷だらけ。狩りは迫力満点で、獲物に近づくと大きく口を開け、海水ごと
一気に飲み込む。さらに驚くことに、海のギャングと恐れられる巨大ウツボと
一緒に狩りを行う。互いの弱点をカバーする息の合ったチームプレイで、獲物を
次々と捕食。人気ダイビングスポットの知られざる夜の世界。沈船を舞台に繰り
広げられる怪魚たちの奇想天外な営みに迫る



「インドネシア バリ島 沈船の怪魚 驚きの狩りを追う」
https://www.nhk.or.jp/nature/program/wildlife/archive/p212.html


ワイルドライフ
http://www.nhk.or.jp/nature/program/wildlife/
[PR]

by gado-gado | 2016-09-30 09:40 | テレビ
2016年 09月 29日

『デスメタルインドネシア』刊行記念『デスメタルインドネシアンナイト』

阿佐ヶ谷ロフトAのホームページに出ていました。


『デスメタルインドネシア』&『ブルータルデスメタルガイドブック』ダブル刊行記念!
『デスメタルインドネシアンナイト』

a0054926_1133347.jpg


9月30日(金)OPEN 18:30 / START 19:30
阿佐ヶ谷ロフトA

前売¥1,600 / 当日¥2,000(共に飲食代別)
前売はe+にて8/15(月) 12:00発売!

【出演】
小笠原和生(『デスメタルインドネシア』著者/Asian Rock Rising)
住田雄介(Defiled)
脇田涼平(RNR TOURS/インドネシアバンク)
ハマザキカク(『デスメタルアフリカ』)
漆原直行(メタル司会者)

発売から好評の『デスメタルインドネシア』。その刊行を記念して、
『デスメタルインドネシアンナイト』が開催されます!



出演するのは、『デスメタルインドネシア』の著者でAsian Rock Risingの小笠原和生さん。

ネパールや雲南省、モンゴルなど色んな辺境でライブをされてきた経験があり、インドネシアのライブレポートも寄稿されたDefiledの住田雄介さん。

RNR TOURSを主催され、インドネシアのハードコアパンクシーンに対する造詣が深く、実際に『デスメタルインドネシア』のハードコアでお勧めの音源を寄稿して下さった脇田涼平さん。

『デスメタルアフリカ』の著者で『デスメタルインドネシア』の編集者、そしてインドネシアだけでなく全世界のブルータルデスメタルや歴史・地理に詳しいハマザキカク。

つまり『デスメタルインドネシア』に関わった4人が勢揃いするという事です。

司会進行役は『ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない』の著作があり、メタルファンとしても知られる漆原直行さん!


今回のイベントでは、インドネシアのデスメタルがなぜここまで盛んになってしまったのか、実際にライブしに行ってどうだったのか、インドネシア以外の辺境のメタルシーンはどうなのか、インドネシアのハードコアパンクはどのような状況なのか、ブルデスの中でも特に速いドラマーは誰なのか、などと言ったテーマについて、小笠原さんを中心にインドネシアのメタルについて多角的に論じ合います。
当日限定販売グッズやサイン会、交流会も!




a0054926_11333031.png

『デスメタルインドネシア』
著者:小笠原和生(Asian Rock Rising主宰)
バブリブ
352ページ
7月4日出荷予定
定価:2300円+税
2016年6月15日水曜日


『デスメタルインドネシア』&『ブルータルデスメタルガイドブック』ダブル刊行記念!
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/48544


関連記事
2016年 07月 22日
インドネシアのシーンを紐解く書籍『デスメタルインドネシア』に登場するちょっとヤバいバンド5選!!
http://gadogado.exblog.jp/23027647/


インドネシアのシーンを紐解く書籍『デスメタルインドネシア』に登場する
ちょっとヤバいバンド5選!!
http://rocketnews24.com/2016/07/06/770464/

a0054926_11395388.jpg

2016年 06月 16日
新刊:『デスメタルインドネシア』「世界過激音楽」の第二弾 (インドネシアの音楽事情)
http://gadogado.exblog.jp/22910129/
[PR]

by gado-gado | 2016-09-29 11:37 | インドネシアの音楽
2016年 09月 29日

インドネシア代表はSabi Band@Asian Beat Band Competition 2016 Grand Final

rollingstone.co.id(9/28)に出ていました。

各地区予選を勝ち抜いた10バンドが出場。
Sabi Band (Pekan Baru)が優勝、東京でのグランドファイナル(11/5)に出場。

a0054926_9232557.jpg


Sabi Band (Pekan Baru)
Aiyeko (Makassar)
Kibas Band (Palembang)
Phiavia (Semarang)
Six Degrees (Lampung)
MobJazz (Medan)
Trade Four (Surabaya)
X-Caliber (Jambi)
Ten Voice Band (Bandung)
Satria & The Monster (Jakarta)


Menurut musisi Denny Chasmala yang bertindak sebagai salah satu juri di Asian Beat National Final 2016, Sabi Band terpilih sebagai pemenang karena dalam penampilannya meluapkan energi yang maksimal.

"Mereka semua memiliki visi yang sama, ingin menyenangkan penonton. Selain itu Sabi Band walaupun genrenya rock tapi tetap memadukannya dengan unsur Indonesia dengan cara yang nggak norak, tepat, dan nggak ribet," ungkap Denny kepada Rolling Stone.


a0054926_9235636.jpg

Asian Beat Band Competition 2016 Grand Final - Tokyo, Japan
日時:11月5日
会場:東京ビッグサイト 国際展示場 TFT ビル
2016楽器フェアと同時開催


Sabi Band Mewakili Indonesia di Asian Beat Grand Final, Jepang
http://rollingstone.co.id/article/read/2016/09/28/140509752/1093/sabi-band-mewakili-indonesia-di-asian-beat-grand-final-jepang?src=bre


関連サイト
Asian Beat Band Competition 2016
http://asia.yamaha.com/en/about_yamaha/asianbeat/


関連映像
Sabi Band Road To Japan - live from Yamaha Music Big Fair 2016 Pekanbaru
https://www.youtube.com/watch?v=Klk_sXucBwg&feature=youtu.be




関連記事
SABI Band Asal Pekanbaru Tampil Memukau Penonton
http://rri.co.id/post/berita/155378/daerah/sabi_band_asal_pekanbaru_tampil_memukau_penonton.html


2007年 12月 19日
Detik Band 優勝@Asian Beat Band Competition 2007(インドネシア)
http://gadogado.exblog.jp/6579879/
[PR]

by gado-gado | 2016-09-29 09:25 | インドネシアの音楽
2016年 09月 29日

インドネシアの映画賞:Apresiasi Film Indonesia 2016候補リスト

インドネシアの映画賞:Apresiasi Film Indonesia 2016候補リスト
Apresiasi Film Indonesia 2016の公式サイトに出ていました。

a0054926_657624.png


◆Penghargaan Utama

Apresiasi Kategori Film Panjang Bioskop(劇場公開長編映画)

Aisyah:Biarkan Kami Bersaudara
Athirah(東京国際映画祭2016)
Salawaku(東京国際映画祭2016)
Surat Cinta untuk Kartini
The Window

Apresiasi Kategori Film Panjang Non Bioskop(非劇場公開長編映画)

Istirahatlah Kata-Kata
Kolong Langit
Ziarah


Apresiasi Kategori Film Anak(児童映画)
Amarta
Baju Bola
Japra

Apresiasi Kategori Film Pendek Umum(短編映画)

Amelis
Kitorang Basudara
On the Origin of Fear
Pangreh
Pulang Tanpa Alamat

Apresiasi Kategori Film Dokumenter Umum(ドキュメンタリー)

Makan Batu
Painting of War: Second Military Action Djogja 1948
Pantja sila: Cita-Cita & Realita
Sihung
The Dancer


Apresiasi Kategori Film Animasi Umum(アニメーション)

Adit Sopo Jarwo episode Festival Perahu Kertas
Si Bawang Kembar
The Chosen Generation
Timun Mas

◆特別賞
Penghargaan Khusus
Apresiasi Poster Film(ポスター)

Ada Apa dengan Cinta 2(アジアフォーカス福岡国際映画祭2016)
My Stupid Boss
Nay
Sabtu Bersama Bapak

Apresiasi Trailer Film(予告編)

Ach… Aku Jatuh Cinta(大阪インドネシア映画祭2016)
Bulan Terbelah di Langit Amerika
My Stupid Boss
Talak 3

Apresiasi Festival Film(映画祭)

Anti-Corruption Film Festival
Arkipel – Jakarta Documentary & Experimental Film Festival
Denpasar Film Festival
Jogja-Netpac Asian Film Festival
Malang Film Festival

Apresiasi Kritik Film(評論)

Adrian Jonathan Pasaribu
Hikmat Darmawan
Windu Yusuf

Kategori dan Nominasi
http://afi2016.com/Anugerah-AFI/nominee-afi-2016/


関連記事
a0054926_19342825.png

2013年 11月 01日
インドネシアの映画賞:Apresiasi Film Indonesia (AFI) 2013
http://gadogado.exblog.jp/18893071/
[PR]

by gado-gado | 2016-09-29 06:58 | インドネシアの映画
2016年 09月 28日

インドネシアの文学賞・Kusala Sastra Khatulistiwa 2016候補リスト

Richard Oh さんの Face Book(9/28)に各部門の候補10作品の画像が出ていたので
検索した、kireinasekaiのブログ(9/5)に出ていました。

a0054926_23455048.jpg


Untuk kategori prosa:

Rima-Rima Tiga Jiwa oleh Akasa Dwipa
Si Janggut Mengencingi Herucakra oleh A.S Laksana
Tanjung Luka oleh Benny Arnas
Tuhan Tidak Makan Ikan oleh Gunawan Tri Atmojo
Di Tanah Lada oleh Ziggy Zezyazeoviennazabrizkie
O oleh Eka Kurniawan
Bersepeda Ke Neraka oleh Triyanto Triwikromo
Raden Mandasia Si Pencuri Daging Sapi oleh Yusi Avianto Pareanom
Agama Apa Yang Pantas Bagi Pohon-Pohon oleh Eko Triono
Genduk oleh Sundari Mardjuki


Untuk kategori puisi:

Sarinah Oleh Esha Tegar Putra
Buku Tentang Ruang oleh Avianti Armand
Misa Arwah oleh Dea Anugrah
Ibu Mendulang Anak Berlari oleh Cyntha Hariadi
Sergius Mencari Bacchus oleh Norman Erikson Pasaribu
Kawitan oleh Ni Made Purnama Sari
Pendidikan Jasmani Dan Kesunyian oleh Beni Satryo
Playon oleh F. Aziz Manna


10 Besar Kusala Sastra Khatulistiwa 2016
http://kireinasekai.blogspot.jp/2016/09/10-besar-kusala-sastra-khatulistiwa-2016.html


関連サイト
Richard Oh
https://www.facebook.com/myzoooey


関連記事
a0054926_23512986.jpga0054926_23515136.jpg

2016年 01月 14日
インドネシアの文学賞:Kusala Sastra Khatulistiwa 2015 受賞者
http://gadogado.exblog.jp/22180860/


2015年 11月 08日
インドネシアの文学賞:Khatulistiwa Literary Award 2015 候補5作品
http://gadogado.exblog.jp/21816008/


2014年 11月 22日
a0054926_9535411.png

祝・オカ・ルスミニさんの詩集 "Saiban" Khatulistiwa 2014 文学賞受賞
http://gadogado.exblog.jp/20410919/
[PR]

by gado-gado | 2016-09-28 23:46 | インドネシアの文学
2016年 09月 28日

インドネシアのヘリ・ドノ展「HERIDONOLOGY」@Mizuma Art Gallery 新宿区市谷

先日(9/24)森美術館で開催された、ヘリ・ドノによるパフォーマンス&トーク+
SEAプロジェクト報告:インドネシア編で展覧会のハガキをいただきました。


a0054926_1455210.png

ヘリ・ドノ展「HERIDONOLOGY」
会期:2016年9月21日(水)~10月22日(土)
会場:Mizuma Art Gallery(新宿区市谷田町3-13 神楽ビル2F)


インドネシアの現代美術界で最も重要な作家の一人であるヘリ・ドノは、過去30年の名高いキャリアを経て、広く国際的な評価を得てきました。2015年のヴェネツィア・ビエンナーレでは、トロイの木馬とインドネシアの絶滅危惧種であるコモドオオトカゲとを掛け合わせた様相を持つ戦車の巨大インスタレーション《Voyage Trokomod》でインドネシア館を占領し、その年の目玉の一つとなりました。今日に至るまでヘリ・ドノは世界中で数多くの展覧会に参加しており、また、Prince Claus Fund Award 1998、UNESCO Prize 2000やインドネシア政府によるAnugerah Adhikarya Rupa 2014(インドネシアン・アート・アワード)などを数多く受賞しています。


本展「HERIDONOLOGY」では、ヘリ・ドノの絵画、キネティックスカルプチャー、インスタレーションやパフォーマンスにみられる独特の視覚言語や物語を構成する、今までに彼が受けた影響やテーマを扱っています。ヘリ・ドノはインドネシアの伝統的芸術様式の要素を作品に取り入れることで知られており、そこには、古来の口承文学の表現方法と当代の表現方法とを融合するため、その道のプロに師事した影絵芝居、ワヤン・クリの伝統的な表現も含まれています。



画像は森美術館でのパフォーマンス。

a0054926_14554244.jpga0054926_1456129.jpg



ヘリ・ドノ展「HERIDONOLOGY」
http://mizuma-art.co.jp/exhibition/16_09_Heridono.php


Mizuma Art Gallery
http://mizuma-art.co.jp/top.html


関連記事
HERI DONO
http://www.mizuma.sg/artists/dono-heri/


2016年 09月 09日
ヘリ・ドノによるパフォーマンス&トーク+SEAプロジェクト報告:インドネシア編
@森美術館
http://gadogado.exblog.jp/23202369/


ヘリ・ドノによるパフォーマンス&トーク+SEAプロジェクト報告:インドネシア編
http://jfac.jp/culture/events/sea-project-160924/


2008年 01月 29日
ヘリ・ドノ個展"Sang Raja yang Sekarat"(インドネシアの美術)
http://gadogado.exblog.jp/6732111/
[PR]

by gado-gado | 2016-09-28 14:57 | 展覧会