<   2008年 04月 ( 107 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 30日

インドネシアの映画館の数:473

Suara Pembaruan(4/29)に出ていました。

2億3千万人の人口に映画館は473軒。

"100 Tahun Bioskop di Indonesia" (HM Johan Tjasmadi 著)の討論会での、
Raam Punjabi プロデューサーの発言。

Judul: 100 TAHUN BIOSKOP DI INDONESIA ( 1900 - 2000 )
Penulis: HM. Johan Tjasmadi
Penerbit: Magindo Jakarta 2008
付録:DVD Sejarah Perfilman Indonesia karya sutradara Akhlis Suryapati
価格:Rp85.000

著者の HM Johan Tjasmadi さんは、全インドネシア映画館主協会の会長(1970-1999)


映画館の数の推移
オランダ植民地時代(1900-1942):300軒
日本占領時代:52軒
現在:473軒

Miskin Bioskop
Hiburan の3番の記事です。
http://www.suarapembaruan.com/News/2008/04/29/Hiburan/hib04.htm

関連記事
次の記事に日本占領時代には映画館の名称変更があったとあります。

Rex Bioscoop (Jakarta)→ Yo Le Kwan
Emma Bioscoop (Malang)→ Ki Rak Kwan
Central Bioscoop (Bogor) → Thoeo Gekijo.

Seabad Kehadiran Bioskop di Indonesia oleh
http://www.antara.co.id/print/?i=1209437258
[PR]

by gado-gado | 2008-04-30 22:34 | インドネシアの映画
2008年 04月 30日

インドネシアのベストセラー:小説 "Laskar Pelangi"

映画化が決まっている、 Andrea Hirata の小説 "Laskar Pelangi"が
60万部を突破したという記事が、Media Indonesia(4/29)に出ていました。

60万部の内の2冊は我が家にあります。
1冊はパジャジャラン大学から大東文化大学に交換留学生で来ていたイダさんから、
もう1冊は36年前のジャカルタの国立外国語短期大学日本語学科での教え子のフスニさんから届きました。

a0054926_10334655.jpg

第25刷で60万部。
シリーズ(3巻)では100万部を突破。
印税は40億ルピア。

印税の使途について
Dana sebesar itu sebagian digunakan untuk kegiatan sosial diantaranya membuka rumah singgah yang memberikan pelajaran seperti matematika, fisika, kimia, dan bahasa Inggris di Bandung.


Penjualan Novel Laskar Pelangi Tembus 600 Ribu Eksemplar
http://www.mediaindonesia.com/berita.asp?id=168261

関連記事
Andrea Hirataのインタビュー
Nonton Kick Andy di Website(映像)
Episode: LASKAR PELANGI
http://www.kickandy.com/testSmil1.asp?page=2

Laskar Pelangi
http://www.kickandy.com/topik_AD.asp?id=95

2008年 03月 08日
インドネシアの映画:'Laskar Pelangi'(その2)
http://gadogado.exblog.jp/6876418/
[PR]

by gado-gado | 2008-04-30 10:33 | インドネシアの文学
2008年 04月 30日

アジア・アフリカ会議53周年記念アジア・アフリカ芸術祭@バンドン

Gatra(4/25)に出ていました。

"Asia Afrika Art and Cultural Festival 2008"
日時:Kamis (23/4)
会場: Gedung Merdeka Kota Bandung
参加:7カ国
India, Mesir, Jepang, Korea, Cina, Indonesia, Myanmar

日本からは
三線
Penampilan Sanshin dan Eisha Art Performance-nya dari Jepang memberikan nuansa tersendiri pada acara festival seni budaya itu. Shansin adalah instumen tiga senar yang berasal dari Jepang bagian selatan (Okinawa). Bentuknya menyerupai banjo, suaranya sangat khas.


エイサー
Sedangkan Eisha adalah tarian rakyat Jepang yang juga dari Okinawa yang diiringi dengan alat musik pukul tradisional yang digabungkan dengan teriakan riang gembira.

Tarian itu dibuat untuk menghormati leluhur pada saat musim Obon di bulan Agustus. Tarian itu berasal dari gerakan karate kata, yang menggabungkan alat pukul kecil yang bernama Paranku dan alat pukul sedang dengan nama Shimeidaiko dan drum besar Odaiko.


Selain itu, duta kesenian Jepang juga menampilkan musik, lirik tarian yang merefleksikan karakter dan kehidupan orang di negeri Sakura itu antara lain lagu Shimauta, tarian Chunjun Nagari, Kudaku Manjushu, lagu Ue o Muite Arukoo dan tarian masal Asadoya Yunta.


Peringatan Ke-53 KAA
Bandung Gelar Kesenian Tujuh Negara
http://www.gatra.com/artikel.php?id=114188
[PR]

by gado-gado | 2008-04-30 08:09 | インドネシア
2008年 04月 29日

インドネシアの地質学者・エコ・ユリアントさん(北海道大学で博士号)

Suara Pembaruan(4/29)の Personalitas に詳しい記事が2つ出ていました。

バンドン工科大学卒業でインドネシア科学院の研究者。

北海道大学・地球圏科学専攻・陸圏環境科学コースで博士論文
Suasana kerja yang menyenangkan dan dorongan pemimpin LIPI membuatnya tidak ragu melanjutkan studi lanjutan di Universitas Hokkaido Jepang. Di kampus itu ia menyelesaikan disertasi berjudul Paly-nological Study on Holocene Environmental Change with Special Reference to Responses of Petalands and Mangroves, Indonesia.


著書
"Menelusuri Jejak Manusia Sunda Purba dari Gua Pawon Bandung (2001)
Brahmantyo (dosen Geologi ITB と共著)

妻も島根大学で修士号を取得
現在は Pusat Survei Geologi(bidang palinologi atau fosil serbuk sari)に所属

a0054926_21305028.jpg

画像はこの記事から。
Eko Yulianto
Pelacak Jejak Tsunami Purba
Personalitas の2番の記事です。
http://www.suarapembaruan.com/News/2008/04/29/Personal/per01.htm

関連記事
Di Rawa dan Pantai Mereka Bekerja
Personalitas の2番の記事です。
http://www.suarapembaruan.com/News/2008/04/29/Personal/per02.htm

JSPS-LIPI ワークショップ自然災害に関する日本-インドネシア研究協力
JSPS-LIPI Workshop:Japan-Indonesia Research Collaboration on Natural Disasters

「Java または Bali または Lombok または Sumba における津波の可能性の計算及び津波モデリング」
平川 一臣(北海道大学 地球環境科学研究院 教授) Dr. Eko Yulianto(インドネシア)
http://www.jsps.go.jp/j-astrategy/data/0620workshop.pdf
[PR]

by gado-gado | 2008-04-29 21:31 | インドネシア
2008年 04月 29日

日本・インドネシアのマンガ雑誌プロジェクト

国際交流基金・ジャカルタ日本文化センター主催の2008年日インドネシア友好年記念事業の一つである、KITA!! 展の 「日本・インドネシアのマンガ雑誌プロジェクト」についての記事が、Suara Pembaruan(4/28)に出ていました。

高橋瑞木(水戸芸術館現代美術センター学芸員 )さんは
Terkait komik lokal, Mizuki memiliki pengalaman pribadi. Suatu hari ia mengunjungi toko buku. Ia kaget mendapati seluruh komik yang ada di sana adalah manga, tiada satupun komik lokal.

"Sayang sekali masyarakat Indonesia tidak mengenal komik lokal. Saya ingin memperkenalkan komik lokal tidak hanya ke masyarakat Indonesia, pun ke Jepang," ujar Mizuki yang berharap melalui komik Indonesia Jepang berjudul Kaldu Ikan mimpinya itu terwujud.


しりあがり寿さんは
Kotobuki memandang komik merupakan media yang biayanya rendah, tidak butuh teknologi, dan butuh waktu lama untuk membuatnya. Cukup dengan kertas dan pensil jadilah komik. Ia berharap di Indonesia lahir karya pohon beringin.

"Di Yogyakarta, ada pohon beringin yang sangat besar. Di Jepang, tidak ada pohon sebesar itu. Jika ada cerita tentang pohon beringin saya ingin membacanya. Saya menunggu karya-karya seperti itu. Di Indonesia, banyak hal yang dapat diangkat menjadi manga," papar Kotobuki yang rela meninggalkan pekerjaanya di bagian advertising sebuah perusahaan bir di Jepang guna memuaskan diri berekspresi.



Mengenal Manga sebagai Produk Budaya
Hiburan の5番の記事です。
http://www.suarapembaruan.com/News/2008/04/28/Hiburan/hib05.htm


関連サイト
Ruang Rupa
http://www.ruangrupa.org/

関連記事
08/03/2008 12:07 Advertorial
Belajar Membuat Komik di Akademi Samali (映像 約4分)
http://www.liputan6.com/news/?id=155954&c_id=13


マンガ雑誌プロジェクト
キュレイターの高橋瑞木とインドネシアのアデ・ダルマワン(ruangrupa 代表)の共同企画。
日本とインドネシアの出品作家による混成マンガ雑誌をインドネシア語で制作して現地で発行。
参加作家:Agung Kurniawan、Beng Rahadian、Eko Nugroho、Dwinita Larasati、しりあがり寿、
近藤聡乃、西島大介、大石暁規


KITA!! : Japanese Artists Meet Indonesia
http://www.jpf.go.jp/j/culture_j/exhibit/contemporary/indonesia.html
[PR]

by gado-gado | 2008-04-29 11:21 | 日本インドネシア友好
2008年 04月 29日

JEGOG スアール・アグン 2008年日本公演(8/20~8/27 仙台・新潟・茅ヶ崎・東京・愛知)

「インドネシア芸能情報」に出ていました。


JEGOG スアール・アグン 2008年日本公演 

■仙台 電力ホール
日時:2008年8月20日(水)

■ 新潟 りゅーとぴあ(コンサートホール)
日 時:2008年8月21日(木)

■神奈川:茅ヶ崎市民文化会館
2008年8月23日(土)

■ すみだトリフォニーホール
日時:2008年8月25日(月)

■ 愛知県勤労会館
日時:2008年8月27日(水)

総合お問合せ カンバセーション
03-5280-9996
主催:カンバセーション
企画制作:カンバセーション

詳細
カンバセーション
http://www.conversation.co.jp/schedule/suar-agung/

スアール・アグン
http://www.suar-agung.com/

インドネシア芸能情報
http://gamelan.cocolog-nifty.com/wayang/
[PR]

by gado-gado | 2008-04-29 09:29 | インドネシア
2008年 04月 29日

ギナンジャール氏(インドネシア・日本友好協会長)に旭日大綬章

今朝(4/29)のじゃかるた新聞にも次の見出しがありました。

ギナンジャール氏に旭日大綬章
 「日イ友好に尽力」
 ズハール氏とルイス氏も
 
それで朝日新聞で調べてみました。

旭日大綬章
ギナンジャール・カルタサスミタ(インドネシア・日本友好協会会長)

旭日重光章
ズハール(アル・アズハル・インドネシア大学長 Zuhal, Rektor Universitas Al Azhar )
ウィスバー・ルイス(元駐日大使)

関連記事
Ginandjar Dapat Penghargaan
http://www.suarakarya-online.com/news.html?id=198424

Profil
Ginanjar Kartasasmita
http://www.tempointeraktif.com/ang/pro/1996/ginanjar_kartasasmita.htm

2008年 02月 08日
日本・インドネシア交流を語る@ギナンジャールDPD議長
http://gadogado.exblog.jp/6769294/

ズハール(アル・アズハル・インドネシア大学長)の著書
Judul: Kekuatan Daya Saing Indonesia: Mempersiapkan Masyarakat Berbasis Pengetahuan
Penulis: Zuhal
Penerbit: Penerbit Buku Kompas
Cetakan: I, Januari 2008
Tebal: xxxi+360 halaman

同著書の書評
Book Review: Daya Saing Indonesia
http://www.asepsetiawan.com/archives/338

ギナンジャール・カルタサスミタ氏からの皆様へのメッセージ
http://www.tuat.ac.jp/social/gakuho/2005/435/news-4g.html

インドネシア情勢についてウィスバー・ルイス駐日インドネシア大使と懇談
http://www.keidanren.or.jp/japanese/journal/CLIP/clip0038/cli018.html
[PR]

by gado-gado | 2008-04-29 09:17 | インドネシア
2008年 04月 28日

海洋文化フォーラム「東南アジアの水中考古学:インドネシアを中心として」

東京海洋大学のホームページに出ていました。

第4回海洋文化フォーラム「水中考古学の最前線」
日時:平成20年6月14日(土)13:00~18:00
場所:東京海洋大学越中島キャンパス越中島会館講堂

講演
「テキサスA&M大学の海洋考古学研究所」
J.P. Deigado

「東南アジアの水中考古学:インドネシアを中心として」  
Gatot Ghautama(インドネシア水中文化財保護局)

「日本の水中考古学の現状と展望」  
林田憲三(アジア水中考古学研究所)   

後援
  国際人物交流財団
  アジア水中考古学研究所
  テキサスA&M大学 

詳細  
http://www2.kaiyodai.ac.jp/~iwabuchi/02.html
[PR]

by gado-gado | 2008-04-28 15:54 | インドネシア
2008年 04月 27日

新刊:「竜とみつばち ―中国海域のオランダ人400年史」

ジャワ舞踊&研究の冨岡三智さんのブログに出ていましたので、出版社のホームページを訪ねました。

a0054926_23103497.jpg

著者: レオナルド・ブリュッセイ 
題名: 「竜とみつばち ―中国海域のオランダ人400年史」
訳者: 深見純生、藤田加代子、小池誠
出版: 晃洋書房、2008年
定価: 2800円(税別)

アジアとヨーロッパの海の商人たちは、<利益の海>をめぐりながらも互いを必要とした。
東南アジアの海を舞台とした壮大な歴史模様。

晃洋書房
http://www.koyoshobo.co.jp/

javanesedance 冨岡三智
http://javanesedance.blog69.fc2.com/
[PR]

by gado-gado | 2008-04-27 23:10 | インドネシア
2008年 04月 27日

プンチャック・シラットの普及をがんばるインドネシア人@アジア・クロスロード

warintok さん経由で届いたお知らせです。

━□◇□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          (cizmaさんのメールより)

NHK「アジア・クロスロード」にプンチャック・シラットの先生が出演します。
「Asian in Japan~亜州人在日本~」コーナーの中で
「プンチャック・シラットの普及をがんばるインドネシア人」という切り口での
登場です。ジョグジャに本拠を置く、ムルパティ・プティ(MerpatiPutih)派の
練習風景などが映る予定です。

放送日:5月9日(金)、番組は16時40分からですが、
先生が出るコーナーは17時15分(予定)から15分程度です。

アジア・クロスロードのHP
http://www.nhk.or.jp/asia-cross/index.html

関連サイト
日本プンチャック・シラット協会 目黒支部
http://japsameguro.gozaru.jp/indexJ.html

warintok
http://www001.upp.so-net.ne.jp/warintok/
[PR]

by gado-gado | 2008-04-27 20:48 | インドネシア