<   2007年 09月 ( 94 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 30日

これからのインドネシア関連の催し(アチャラ)

インドネシア関連の催しはこのページで紹介した後、まとめて「アチャラカレンダー」に載せています。

09/04 - インドネシア更紗展 「インドネシア更紗のすべてー融合と現代:北部海岸のバティックと現代」@町田市立博物館(~10/21)
09/15 - 梶浦聖子(インドネシア)@国際野外の表現展2007比企[第5回展](~10/14)
10/03 - 科研報告会:インドネシア地震災害の現場から@京都大学東南アジア研究所
10/06 - バンカ・ブリトゥン諸島州伝統チュアル布展@インドネシア文化宮(~12/8)
10/07 - インドネシア更紗ファッションショー@インドネシア更紗展(町田市立博物館)
- インドネシア・ジャワ島のガムラン音楽と舞踊(ランバンサリ)@井の頭自然文化園
- Bapang Sari 公演 2007 旧岡田家住宅<酒蔵>・伊丹
10/08 - 「ジャワ舞踊」デワンダル @町田市立博物館
- 十六夜コンサート其の六 ―小島夕季 ジャワ舞踊の夕べー
10/09 - 映画「象の間で戯れる」@ 山形国際ドキュメンタリー映画祭
- トークイベント「島伝いに」@山形国際ドキュメンタリー映画祭の「アジア千波万波」
10/11 - ビモ・ダンス・シアター@アジアトライ2007(京都)(~10/12)
- 映画「溺れる海」@ 山形国際ドキュメンタリー映画祭
- 国際シンポジウム:経験をつなぐ:グローバル・コモンズとしての森林(~10/12)
- フォーラム  『象の間で戯れる』アチェ州―津波のあとの住居再建プロジェクト
10/12 - ジャパン・プラットフォーム『インドネシア・ジャワ島地震被災者支援報告会in関西』
10/13 - 「祈りの音、治癒の香り~バリの芸能と アロマテラピー」@バリガムラン シダカルヤ
10/14 - 講演会「バティック・インドネシアの成立2」@インドネシア更紗展(町田市立博物館)
- ビモ・ダンス・シアター@アジアトライ2007(新潟)
- クルタクルティのガムラン演奏@あらいまつり音楽祭
10/16 - ランバンサリのガムランライブ@ ジュンバタン・メラ赤坂店
10/18 - ワヤン展示会「影と色彩の魅惑ワヤン」について@東京家政大学博物館(~11/15)
10/20 - ギャラリートーク(松本亮・日本ワヤン協会主宰)@東京家政大学博物館
- インドネシアのBimo Dance Theater@大野一雄フェスティバル 2007(~10/21)
- 第6回青音協ライブ:南の音楽とバリ舞踊「椰子の木の下で」
10/21 - インドネシア料理講座@スレラクラブ
10/22 - インドネシアの映画:「ビューティフル・デイズ」@NHK 衛星映画劇場
- テレビ「BBC地球伝説」環太平洋火山の旅  大地の歴史をさぐる   インドネシア
10/25 - テレビ「「ジャカルタ日本大好き! 選手権」(仮)@日本テレビ「モクスペ」
10/27 - ワヤン・クリの実演とガムラン演奏@東京家政大学博物館(~10/28)
- APEX創立20周年記念セミナー「アジア・適正技術・代替社会」 (~10/28)
11/01 - ワヤン・クリの実演とガムラン演奏@東京家政大学博物館
- インドネシアのお茶@世界お茶まつり2007(静岡)(~11/4)
11/03 - ギャラリートーク(松本亮・日本ワヤン協会主宰)@東京家政大学博物館
11/04 - ポチョポチョ講習会@栃木県壬生町
11/10 - ワヤン公演@日本ワヤン協会(影絵詩劇「海が見たい」)
11/14 - ワヤン・クリの実演とガムラン演奏@東京家政大学博物館
11/15 - 「かぐやのものがたり」南洋神楽プロジェクト本公演2007(~11/18)
11/23 - インドネシア、ジャワのガムラン音楽と舞踊@アジア芸能の夕べ」(大東文化大学東松山校舎)(~11/24)
01/25 - 「インドネシアの言語と文学」押川典昭氏@変貌するアジアの現代文学を味わう@東京外国語大学公開講座

■お知らせ
「アチャラカレンダー」をブックマークされている方は、URL が変わりましたので、ご注意下さい。

アチャラカレンダー
http://hpcgi3.nifty.com/sanggar/calen/calen.cgi
[PR]

by gado-gado | 2007-09-30 23:26 | アチャラ
2007年 09月 30日

在インドネシア日本国大使館ニュースレター

在インドネシア日本国大使館のホームページに、 「大使館ニュースレター02号」が掲載されています。
日本語とインドネシア語の両方で読めます。

第17回ASCOJA総会・大使主催レセプション開催
Konperensi ASCOJA ke-17 dan Resepsi oleh Duta Besar Jepang

在インドネシア日本国大使館
http://www.id.emb-japan.go.jp/

また、「JAPAN 国際コンテンツ フェスティバル」の開催についても公式サイトがリンクされています。

japan国際コンテンツフェスティバル(コ・フェスタ)は、ゲーム / アニメ / マンガ・キャラクター / 音楽 / 放送 / 映画各業界のコンテンツが一堂に会する、世界最大規模の統合コンテンツフェスティバルです.

ジャパン国際コンテンツフェスティバル
http://www.cofesta.jp/
[PR]

by gado-gado | 2007-09-30 21:29 | インドネシア
2007年 09月 30日

インドネシアの童謡 "Bangun Tidur" を聞く

Kompas(9/30)の Naper(Nama dan Peristiwa)に、女優・Happy Salma の近況を伝える記事に出てくる童謡です。

TPI テレビ局の "Komedi Putar" という番組に出演のために、生活(就寝)のリズムが狂っているという記事です。


sahur = 断食月の未明2時半とか3時頃に摂る食事

Lagu Pak Kasur "Bangun tidur kuterus mandi..." itu tidak berlaku bagi Happy Salma. Pasalnya, dalam dua minggu terakhir ini ritme keseharian pemain sinetron itu terbalik-balik.

水浴びをして寝るのが夜8時、そして2時間後の12時に起床
"Saya mandi dulu jam delapan malam, baru setelah itu tidur. Jam dua belas malam saya bangun, cuci muka langsung cabut ke studio TPI," kata Happy yang mendukung acara sahur Komedi Putar tayangan TPI.

"Ritual dandan bisa lama banget sampai dua jam. Terus kami mulai on, naik tayang jam 02.30. Kadang saya masih tulalit. Pernah saya harusnya manggil daddy, tetapi keliru bapak atau ayah," kata Happy yang mengaku tidak berperan sebagai pelawak, tetapi sekadar akting.

"Main komedi itu lebih capai. Pelawak kadang ngasih umpan, kalau saya kurang tanggap kan bisa basi," kata Happy yang bermain bersama Desy Ratnasari dan kelompok Cagur.


Happy Salma
Masih "Tulalit"
http://www.kompas.com/kompas-cetak/0709/30/naper/3881127.htm

Pak Kasur の"Bangun Tidur" は、次のページで聞くことができます。

bangun tidur ku terus mandi
tidak lupa menggosok gigi
habis mandi kutolong ibu
membersihkan tempat tidurku

Gallery of Indonesian Songs →Children Songs →Bangun Tidur
http://www.geocities.com/SoHo/1823/index.html?

関連記事
2007年 03月 24日
女優・Happy Salma の短編集 "Pulang"
http://gadogado.exblog.jp/5281247/

2007年 08月 14日
インドネシアの演劇:ニャイ・オントソロ (その2)
http://gadogado.exblog.jp/5996955/
[PR]

by gado-gado | 2007-09-30 19:00 | インドネシアの音楽
2007年 09月 30日

インドネシア語の新刊:Hukum & Sepakbola

Suara Pembaruan(9/30)に出ていた新刊書評です。

a0054926_924338.jpgJudul: Hukum & Sepakbola
Penulis: O C Kaligis & Associates
Terbit: September 2007
Penerbit: O C Kaligis & Associates
Tebal: 152 halaman

Sepakbola Pun Butuh Pengacara
Buku の1番の記事です。
http://www.suarapembaruan.com/News/2007/09/30/index.html


a0054926_931447.jpgJudul: "The Cross & The Crescent"
Penulis: Richard Fletcher
Terbit: 2007
Penerbit: Pustaka Alvabet
Tebal: 195 halaman

Relasi Muslim dan Kristen
Buku の2番の記事です。
http://www.suarapembaruan.com/News/2007/09/30/index.html


a0054926_933855.jpgJudul: Brick Lane
Penulis: Monica Ali
Terbit: 2007
Penerbit: PT Mizan Publika
Tebal: 634 halaman

Monica Ali (born October 20, 1967) = a British writer of Bangladeshi origin

Brick Lane = a street at the heart of London's Bangladeshi community (Wikipedia)

Akhirnya Nazneen Pun Bergolak
Buku の3番の記事です。
http://www.suarapembaruan.com/News/2007/09/30/index.html
[PR]

by gado-gado | 2007-09-30 09:04 | 新刊(インドネシア語)
2007年 09月 29日

マレーシア料理シリーズ(アジわいキッチン)@NHKアジアクロスロード

NHKアジアクロスロードの「アジわいキッチン」、来週(10/1~10/5)はマレーシア料理シリーズです。

◆アジわいキッチン(マレーシア料理シリーズ)
「サテ(肉の串焼き)」
「ナシ レマ(混ぜご飯)」
「タウゲ アヤム(もやしチキン)
「イカン アサム ブタス(煮魚)」
「ボボチャチャ(ココナツミルクの汁粉)」

VTR出演 ウン・イ・リンさん

NHKアジアクロスロード
http://www.nhk.or.jp/asia-cross/
[PR]

by gado-gado | 2007-09-29 09:01 | マレーシア
2007年 09月 29日

APEX創立20周年記念セミナー「アジア・適正技術・代替社会」

APEX創立20周年記念セミナー「アジア・適正技術・代替社会」
Asia, Appropriate Technology and Alternative Society
- 2007年10月27日(土)・28日(日)-

【スケジュール】
第1日 10月27日(土) 
12:30 受付開始
13:10-13:15  オープニング
13:15-14:15  見田宗介 基調講演「人間と社会の未来」
14:15-15:05 田中直「これからのアジアと適正技術-APEX20年の歩みから」
15:05-15:20 休憩
15:20-16:25 アントン・スジャルウォ「適正技術:コミュニティのための水とエネルギー
-ディアン・デサ財団の経験から」
16:25-17:15 村井吉敬「グローバル化の中のアジアと代替社会の形成」
17:15-17:45 シンポジウム
18:00-20:00 20周年記念パーティー

第2日 10月28日(日)
9:30 受付開始
10:00-11:00 記念座談会「APEXの研修生は今」
11:00-12:00 西岡秀三「CO2半減社会へのロードマップ」
12:00-13:10 昼食・休憩
13:10-14:00 田中直「アジア型低コストバイオマスガス化技術の開発」
14:00-15:00 堀尾正靱「「適正技術」の新たな役割-脱温暖化・持続型地域社会の形成に向けて」
15:00-15:15 休憩
15:15-16:15 原田秀樹「アジアにおける廃水・廃棄物処理とエネルギーの創生」
16:15-16:30 クロージング

【場所】
JICA地球ひろば
 〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-2-24 
 電話番号: 03-3400-7717 ファックス: 03-3400-7394 
 東京メトロ日比谷線 広尾駅下車(A3出口)徒歩1分
 
【参加費】
一日券 1,000円 二日通し券 1,500円 記念パーティー 3,000円
インドネシアからの参加者
アントン・スジャルウォ
 インドネシアのNGO、ディアン・デサ財団(Yayasan Dian Desa)ディレクター。1948 年中部ジャワ州のプカロンガンに生まれる。ジョクジャカルタのガジャマダ大学在学(土木工学)中に近郊の村に入ったことをきっかけに、民衆のニーズにこたえる活動を志して、1972年にディアン・デサ財団を設立。以来、水の供給と衛生、農業の収入向上、水力発電、効率的な調理用コンロの開発・普及、小産業育成等の活動をインドネシア各地で展開。1983年にアジアのノーベル賞といわれるマグサイサイ賞を受賞。1995 年からは、APEXと協力してアジア地域に適合的な排水処理技術の開発・普及事業に、さらに2002年からは、同じくAPEXとの協力により、バイオマスの熱化学的ガス化の技術開発事業にも取組んでいる。
 
【お申し込み・問い合わせ先】
 特定非営利活動法人APEX
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル
 TEL 03-3875-9286 FAX 03-3875-9306
e-mail: tokyo-office@apex-ngo.org
URL : http://www.apex-ngo.org/

詳細
APEX創立20周年記念セミナー『アジア・適正技術・代替社会』
http://www.apex-ngo.org/kokunai/20thsemitokyo.html
[PR]

by gado-gado | 2007-09-29 08:46 | インドネシア
2007年 09月 29日

インドネシアの文学:『ガラスの家』(プラムディヤ氏ブル島4部作)邦訳出版

今朝(9/29)のじゃかるた新聞のトップ記事の見出しです。
プラムディヤ・アナンタ・トゥールのブル島4部作の翻訳をなさった押川典昭大東文化大学教授のインタビューです。


最終巻『ガラスの家』邦訳が出版
翻訳した押川典昭教授に聞く
文豪プラムディヤ氏ブル島4部作

また見出しだけですが、次の記事もあります。

黎明期の民族主義を描く
 『ガラスの家』 プラムディヤ・アナンタ・トゥール(著)
 評・高地薫(JICA専門家)

全文は1週間だけ、じゃかるた新聞のサイトで読めます。
じゃかるた新聞
http://www.jakartashimbun.com/


「ガラスの家」((プラムディヤ選書7))
プラムディヤ・アナンタ・トゥール
押川典昭訳
出版社:めこん
発行:2007年8月15日
732ページ
3500円

めこん
http://www.mekong-publishing.com/index.htm

関連記事
訳者の解説
「ガラスの家」
プラムディヤ選集第7巻
http://www.mekong-publishing.com/books/ISBN4-8396-0208-6.htm


書評(森山幹弘(南山大学教授))
文学言語生み出したプラムディア
2007年8月14日 「北海道新聞」 掲載
http://www.mekong-publishing.com/syohyo/syohyo-glass.htm

2007年 08月 21日
新刊:インドネシアの文学「ガラスの家」(プラムディヤ・アナンタ・トゥール)
http://gadogado.exblog.jp/6026111/
[PR]

by gado-gado | 2007-09-29 07:14 | インドネシアの文学
2007年 09月 28日

太陽に光の輪:ハロー現象をインドネシア語で読む

今朝(9/28)のじゃかるた新聞に「後光差す太陽を観測
 中部ジャワ州スマラン」という見出しがありました。
 
その一寸前に読んだスマランの新聞 "Suara Merdeka" にきれいな写真が出ていたので、結びつきました。

見出し
Matahari Bercincin Pelangi di Atas Jawa

a0054926_232579.jpg写真の説明
SM/Setiady Dwi FENOMENA HALO: Fenomena alam yang disebut halo dapat disaksikan di wilayah Pulau Jawa, Kamis (27/9). Matahari dikelilingi oleh cincin raksasa yang menyerupai pelangi. Foto diambil di kompleks Gedung Sate, Bandung, pukul 11.00. (57)

Ya, fenomena alam langka yang terjadi Kamis (27/9) siang itu menarik perhatian masyarakat di Semarang dan sebagian wilayah di Pulau Jawa. Matahari yang tengah berada di atas kepala dikelilingi oleh cincin raksasa. Sepintas cincin itu menyerupai pelangi dengan aneka warna.

ハロー現象
Halo

Kepala Badan Metereologi dan Geofisika (BMG) Kota Semarang M Chaeran menjelaskan, fenomena alam itu disebut dengan halo. Cincin raksasa menyerupai pelangi merupakan bayangan sinar matahari yang terbentuk akibat awan tinggi cirrus. Awan cirrus yang berlapis-lapis pada ketinggian sekitar 30 ribu kaki itu menutupi matahari, sehingga terjadi pembiasan dan membentuk lapisan cincin.

Matahari Bercincin Pelangi di Atas Jawa
http://www.suaramerdeka.com/harian/0709/28/nas06.htm

関連記事
Fenomena Halo
http://www.pikiran-rakyat.com/cetak/2007/032007/18/01a.htm

Fenomena Optik Halo
http://yulian.firdaus.or.id/2007/09/28/fenomena-optik-halo/
[PR]

by gado-gado | 2007-09-28 23:03 | ~をインドネシア語で読む・聞く
2007年 09月 28日

公開講座:変貌するアジアの現代文学を味わう@東京外国語大学

東京外国語大学のホームページに出ていました。

変貌するアジアの現代文学を味わう

21世紀アジアの発展にはめざましいものがあるが、他方ではグローバリゼーションのもたらす社会的ねじれも大きくなり、アジアの現代文学は一大転換期を迎えています。貧富の格差やアイデンティティーの危機を訴える小説がある一方、イデオロギーを背景とする大きな物語をあえて避けたポストモダン的な小説も登場するなどますます多様化を深めています。本講座ではそうした最先端の文学も視野に入れてアジアの豊かな現代文学を紹介します。

11月30日宇戸清治「タイの都市文化とポストモダン文学」
12月7日岡田知子「文学作品と映像に見る現代カンボジアの諸相」
12月14日川口健一「ドイモイ(刷新)の中のハノイとベトナム現代文学」
1月18日菅家健一「現代フィリピンの文学状況」
1月25日押川典昭「インドネシアの言語と文学」
2月1日橋本雄一「現代中国の文学と映画に見る現代都市の生活風景」

開講形式 リレー講義
講師 宇戸清治(本学外国語学部・教授)他
会場名 府中キャンパス
回数 全6回
開講日 11/30~2/1
曜日・時間 金曜日 18:30~20:30
受講料 9,000円(全6回)
テキスト なし
定員 30名

詳細
東京外国語大学オープンアカデミー
http://www.tufs.ac.jp/common/open-academy/index.html
[PR]

by gado-gado | 2007-09-28 21:21 | インドネシアの文学
2007年 09月 28日

インドネシアの映画:THE BUTTERFLY or Kupu-kupu

Kompas(9/28に、Melly Goeslaw は今映画 "THE BUTTERFLY or Kupu-kupu" の音楽担当で忙しいとありました。

それでどんな映画?と検索しました。
Nayato Fio Nuala 監督の12月6日公開の映画です。

Judul: THE BUTTERFLY or Kupu-kupu
Sutradara: Nayato Fio Nuala
Skenario: Titin Wattimena
Pemain: Nino Fernandez, Poppy Sovia, n Debby Kristy
Produksi: Maxima Pictures
OST by Anto Hoed and Melly Goeslaw (4 songs)

Melly Goeslaw は次はミュージカル映画を作りたいそうです。

MTentang film drama musikal nanti, dia masih menyiapkan skenarionya. Meski begitu, kata Melly, dia berharap tahun depan film itu sudah selesai dan bisa dinikmati penonton.

Kini, Melly masih sibuk menyiapkan soundtrack untuk film Butterfly. Dia juga tengah menyiapkan lagu-lagu untuk album Krisdayanti, Rossa, dan Irwansyah.

melly goeslaw
Film Drama Musikal
http://www.kompas.com/kompas-cetak/0709/28/Sosok/3866875.htm
[PR]

by gado-gado | 2007-09-28 18:37 | インドネシアの映画