<   2006年 10月 ( 109 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 31日

第3回東南アジア理解講座  ~インドネシアの生活と自然災害~ @京都府国際センター

(財)京都府国際センターのホームページに出ていました。

第3回東南アジア理解講座
 ~インドネシアの生活と自然災害~
----------------------------------------------------
■日時:2006年11月5日(日) 午後1時30分~3時30分
■会場:京都府国際センター(京都駅ビル9階)
■参加費:無料
■スピーカー:
    ナジ・インティハニ(同志社大学留学生)
    京都大学生サークル「KIDS京大防災教育の会」
■お問合せ:thanks-southeast@kpic.or.jp / 075-342-5000
■主催:(財)京都府国際センター / 日本インドネシア友好協会京都

紹 介 「KIDS京大防災教育の会」:京大のサークル。
インドネシアの小学校や村の集会所を訪れ防災教育活動を行う。
地震や津波の仕組みなどを模造紙に描いて教材にし、人気のアニメ「ドラえもん」の登場人物に扮した寸劇などで子ども達に説明するなどの活動を行っている。

内 容 ジョクジャカルタの文化、現地報告

問 合せ 日本インドネシア友好協会京都・(財)京都府国際センター  
 TEL:075-342-5000   E-MAIL:kenal_ct1940@kiu.biglobe.ne.jp,main@kpic.or.jp

(財)京都府国際センター
http://www.kpic.or.jp/
[PR]

by gado-gado | 2006-10-31 19:23
2006年 10月 31日

インドネシアの映画事情@Kelapaさんのインドネシア日めくり帖

インドネシアの特にバンドンの貴重な情報を伝えてくださる 「Kelapaさんのインドネシア日めくり帖」の最新号(10/28)は、「インドネシア映画」です。


Kelapaさんのインドネシア日めくり帖
http://www.putihmanis.com/essay-kelapa.html
[PR]

by gado-gado | 2006-10-31 11:07
2006年 10月 31日

Ahmad Dhani@DEWA と3人の子どもの趣味をインドネシア語で読む

Media Indonesia(10/31)の Sosok Tokoh に、音楽グループ DEWA のAhmad Dhaniが「スハルトを狙う」という見出しがあったので、本文を読みに行きました。

父親と3人の子どもの趣味は同じ
ANAK dan bapak punya kesukaan yang sama. Itu terjadi pada keluarga Ahmad Dhani, frontman kelompok musik Dewa. Dia punya kesukaan yang sama dengan ketiga anaknya, Al Ghozali, Jalaludin Rumi, dan Abdul Kodir Jaelani. Yakni, berfoto bersama tokoh-tokoh penting.

インドネシア共和国の大統領で一緒に写真を撮っていないのは、スハルト元大統領だけ(初代のスカルノ大統領以外で)
"Setelah berfoto bersama Pak Habibie, kini tinggal foto bareng Pak Harto (mantan Presiden Soeharto) yang belum," ujar Dhani.

Bagi Dhani, koleksi foto bersama Presiden RI jarang sekali dimiliki orang lain. "Jadi ini koleksi langka. Suatu saat nanti ketika anak-anak saya sudah besar, mereka pasti bangga dengan usaha ayahnya ini."

Selasa, 31 Oktober 2006
SOSOK-TOKOH
Mengincar Soeharto
* Ahmad Dhani
http://www.mediaindo.co.id/sosok/details.asp?id=1198

DEWA 関連記事
DEWAオフィシャルサイト
http://www.dewa19.com/

2006.10.22 DVD "The Best of DEWA19"
蝸牛の神託 蝸牛のゴタク
http://blog4.fc2.com/ganqtan/index.php
[PR]

by gado-gado | 2006-10-31 10:04 | ~をインドネシア語で読む・聞く
2006年 10月 31日

講演会:『オランウータンの今-最新の調査を終えて』

「おらんうーたん・ぶろぐ」に出ていました。

第15回 『オランウータンと熱帯雨林を語る会』のお知らせ

テーマ: 『オランウータンの今-最新の調査を終えて』
日 時: 2006年 12月 16 日 (土)   
         14:00~16:00
会 場: 上智大学四谷キャンパス
      (JR/地下鉄四ッ谷駅下車) 千代田区紀尾井町7-1
     9号館 357教室
9号館は上智大学図書館の斜め前の建物です
講 師: 鈴木 晃 
    (日・イン・オランウータン保護調査委員会 代表)
参加費:無料
主催 :日本・インドネシア・オランウータン保護調査委員会

詳細
おらんうーたん・ぶろぐ
http://blog.goo.ne.jp/tenaraico
[PR]

by gado-gado | 2006-10-31 09:03
2006年 10月 30日

インタビュー:ガリン・ヌグロホ監督@NHK Radio Jepang

「現代インドネシア事情」のブログに、「≪映画監督≫★ガリン・ヌグロホ肉声★」というタイトルで 出ていましたので早速聞きに行きました。

ガリン・ヌグロホ監督は、昨日閉幕した東京国際映画祭の審査員として来日。
11月には、東京フィルメックスに、「オペラジャワ」が公開されます。

Programa Mingguan → Minggu(Halo dari Tokyo)
http://www.nhk.or.jp/indonesian/

「現代インドネシア事情
http://plaza.rakuten.co.jp/gendaiindonesia/diary/

関連記事
「オペラジャワ」@「東京フィルメックス」映画祭
オペラジャワ
(06年/インドネシア/120分)
Opera Jawa
監督:ガリン・ヌグロホ
ジャワ古典劇とインドネシアの現代美術を奇跡的に融合したガムラン・ミュージカルで陶器商の夫婦をめぐる三角関係を描く。

11月22日(水)有楽町朝日ホール 12:3012:30
11月24日(金)有楽町朝日ホール 18:2018:20

東京フィルメックス
http://www.filmex.net/index.htm

2006年 09月 27日
インドネシアの映画「オペラジャワ」@第7回東京フィルメックス
http://gadogado.exblog.jp/4377340/
[PR]

by gado-gado | 2006-10-30 22:42 | ~をインドネシア語で読む・聞く
2006年 10月 29日

これからのインドネシア関連の催し

これからのインドネシア関連の催し インドネシア関連の催しはこのページで紹介した後、まとめて「アチャラカレンダー」に載せています。

09/07 - 「更紗今昔物語 ―ジャワから世界へ― 」@国立民族学博物館特別展(~12/5)
09/25 - ASEANの食品展 2006@日本アセアンセンター(~12/27)
10/07 - 東フローレス・イカット展@インドネシア文化宮(~12/9)
10/30 - テレビ(再)「アジアに生きる子どもたち」なぜ路上で暮らすの インドネシア少女リアの40日
10/31 - テレビBS-i (再)「浪漫紀行・地球の贈り物」 熱帯バリ竹楽器ジェゴグが響く村
11/01 - テレビBS2 (再)「火山島の海~インドネシア・クラカトア島」
- 日下部啓子コレクション:スラウェシ島の染織-聖なる布の系譜@福岡市立美術館(~12/27)
11/02 - 第65回JANNI連続講座:中部ジャワ地震、報告会
11/04 - 「インドネシアのジャワ更紗とプリント更紗」@国立民族学博物館友の会
11/05 - メダン会(日本インドネシア友好親善メダン会)@東京インドネシア学校
- 朝霞市とマレーシアの中学生 日本語でフォーラム
- 東南アジア理解講座  ~インドネシアの生活と自然災害~ @京都府国際センター
11/06 - 「深町 玲 個展 創造を着る "SKY" ファッション Sweden + Indonesia + Japan’s SKY」(~11/12)
11/09 - 「栗原友の"知って楽しいASEAN FOOD"」@ASEANの食品展 2006
- アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム 2006年公開シンポジウム
- 京都シンポジウム:「総合的地域研究の新地平:アジア・アフリカからディシプリンを架橋する」(~11/13)
11/10 - アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム 2006年公開シンポジウム
- 日本の楽器で遊ぼう!」「アジアの楽器」シリーズ総集編@ランバンサリ
- アジア文化フォーラム京都2006「グローバリゼーションとアジアの価値観」
11/11 - 鎌倉女子大学 学園祭「みどり祭」ジャワのガムランと舞踊
11/12 - テレビ「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」コモドドラゴン
11/18 - みんぱくゼミナール「西アフリカのプリント布に見るジャワ更紗の影響」
- 八幡山ワヤンのゆうべ( 演目「クレスノ使者に立つ」)@日本ワヤン協会
11/19 - 第162回 インドネシア料理講座@スレラクラブ
- セミナー:インドネシア・ゴロンタロ州の暮らしと市民活動@横浜国際フェスタ2006
11/22 - 映画「オペラジャワ」@第7回東京フィルメックス
- インドネシア語劇 "Sukreni Gadis Bali"@東京外国語大学
11/24 - 映画「オペラジャワ」@第7回東京フィルメックス
11/26 - マレーシア語劇 "Bawang Merah, Bawang Putih"@東京外国語大学
- 音工場HANEDA バリ・ガムラン一日体験講座
11/28 - 文化庁 第4回国際文化フォーラム:座談会「文学と災害」-いかに歎き悲しみ、いかに生き直したか-
12/02 - Suara Bangsa 2006(インドネシア舞踊の祭典、「スアラ・バングサ」)
12/07 - 「栗原友の"知って楽しいASEAN FOOD"」@ASEANの食品展 2006
12/08 - お料理教室Kunci Pawon vol.14@京都
12/16 - 八幡山ワヤンのゆうべ(演目「アルジュノの饗宴」)@日本ワヤン協会
- 講演会:『オランウータンの今-最新の調査を終えて』
12/31 - /rif & New year party event@名古屋
01/26 - 「インドネシアの言語と文学」(変貌するアジアの現代文学を味わう)@東京外国語大学オープンアカデミー



アチャラカレンダー
http://ssanggar.parfait.ne.jp/calen/calen.cgi
[PR]

by gado-gado | 2006-10-29 23:56 | アチャラ
2006年 10月 29日

新刊:「現代インドネシアの地方社会―ミクロロジーのアプローチ」

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科のホームページに出ていました。

a0054926_23441750.jpg書名: 現代インドネシアの地方社会―ミクロロジーのアプローチ
編者: 杉島敬志/中村潔
発行: NTT出版 2006
http://areainfo.asafas.kyoto-u.ac.jp/japan/areainfo/sugishima.html

関連ページ
21世紀COEフィールド・ステーション連携ワークショップ
http://areainfo.asafas.kyoto-u.ac.jp/japan/fsws/2004_Indonesia/20040323.html
[PR]

by gado-gado | 2006-10-29 23:44 | 新刊
2006年 10月 29日

最優秀アジア映画賞は、香港のパトリック・タム監督の「父子」@東京国際映画祭

東京国際映画祭の公式サイトに出ていました。

最優秀アジア映画賞
「父子」

監督:パトリック・タム(譚家明)
プロデューサー:チウ・リークァン   
脚本:ティエン・コイレォン/パトリック・タム   
撮影監督/音楽/ 編集:パトリック・タム   
美術監督:パトリック・タム/シラス・ホー

Cast アーロン・クォク/チャーリー・ヤン/ン・キントー/ヴァレン・シュー  

Story 荒くれ人生を送る父とその息子、そしてその母の、激しくも純な愛の物語。ウォン・カーウァイが師と仰ぐ香港ニューウェイブの伝説的鬼才パトリック・タム、15年ぶりの監督復帰作。
http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=113

東京国際映画祭
http://www.tiff-jp.net/ja/
[PR]

by gado-gado | 2006-10-29 22:11
2006年 10月 29日

映画「オープン・シーズン」をインドネシア語で読む

Suara Pembaruan(10/29)に出ていた記事です。

Film: Open Season
Pengisi Suara: Martin Lawrence, Ashton Kutcher, Jon Favreau
Gary Sinise , Debra Messing , Jack McGee
Sutradara: Roger Allers, Jill Culton
Produser: John B Carls
Produksi: Columbia Pictures

怠け者のクマのブーグは
Hari-hari Boog adalah hari-hari kemalasan. Bangun agak siang ia kemudian menjadi binatang hiburan. Malam hari ia menikmati kehidupan yang mewah di garasi rumah pemiliknya, Beth.

Tapi kehidupan Boog dan ketenangan kota Timberline menjadi terguncang saat muncul seorang pemburu jahat bernama, Shaw. Shaw bukan hanya pemburu jahat. Pikirannya pun diliputi keyakinan bahwa para binatang tengah bersekongkol untuk menguasai manusia di kotanya. Aneh-aneh saja. Namanya juga film animasi. Maka ceritanya mudah diterka. Shaw berupaya menangkap Boog.

Hiburan の1番の記事です。
Beruang Pemalas
http://www.suarapembaruan.com/News/2006/10/29/index.html

映画の公式サイト
http://www.sonypictures.jp/movies/openseason/index.html
[PR]

by gado-gado | 2006-10-29 00:20 | ~をインドネシア語で読む・聞く
2006年 10月 28日

インドネシア語劇 "Sukreni Gadis Bali"@外語祭

東京外国語大学のインドネシア語学科の同窓会「南友会」会報第8号(2006/10/24発行)に載っていました。

インドネシア語劇 "Sukreni Gadis Bali"
11月22日(水)15:00~16:20


マレーシア語劇 "Bawang Merah, Bawang Putih"
11月26日(日)13:20~15:00

会場:東京外国語大学(府中キャンパス)
http://www.tufs.ac.jp/index-j.html
[PR]

by gado-gado | 2006-10-28 23:51