カテゴリ:アチェ( 104 )


2017年 11月 19日

インドネシア・ニアス島における伝統舞踊「Maena」を活用した防災教育事業 和光大学 バンバンルディアント研究室@JICA 「Munmdi」2017年10月号 特集「防災」

和光大学の高藤洋子さんから、お知らせが届きました。


Munmdi
2017年10月号 特集「防災」
草の根 支援型(インドネシア)

ニアス島における伝統舞踊「Maena」を活用した防災教育事業
(学校法人和光大学 バンバンルディアント研究室)

a0054926_20342194.gif

JICAのPLAYERS 国際協力の担い手たち 津波の教訓を伝統舞踊で語り継ぐ 
和光大学 バンバンルディアント研究室 
津波の教訓を伝統舞踊で語り継ぐ 
https://www.jica.go.jp/publication/mundi/1710/ku57pq000022jpbu-att/09.pdf


関連映像
Tarian Maena Siaga Bencana
https://www.youtube.com/watch?v=jVG_rhODMTw&feature=youtu.be


関連記事
インドネシア・ニアス島における伝統舞踊「Maena」を活用した防災教育事業
https://www.jica.go.jp/partner/kusanone/shien/india_07.html


2016年 11月 29日
インドネシアのニアス島 伝統舞踊・Maenaで防災教育@JICA(国際協力機構)の草の根技術協力事業
http://gadogado.exblog.jp/23430727/


2016年 11月 22日
映像ニュース:稲むらの火の教訓をアチェに「津波の日に思い出して濱ロ梧陵のお話を」@NHK国際報道2016
http://gadogado.exblog.jp/23382414/


2016年 11月 14日
世界津波の日に インドネシアで 子どもの命守りたい 津波体験の教員が紙芝居@アチェ市津波博物館
http://gadogado.exblog.jp/23363402/


2016年 11月 05日
「世界津波の日」:インドネシアで「稲むらの火」を広める取り組み Hari Kesiapsiagaan Tsunami Dunia
http://gadogado.exblog.jp/23342534/


2016年 11月 04日
NHKニュース:インドネシア「世界津波の日」前に紙芝居で避難教える  高藤洋子さん
http://gadogado.exblog.jp/23339292/


2016年 05月 11日
インドネシアの語り部・Agus Nur Amalさん@防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」
http://gadogado.exblog.jp/22799142/


2016年 04月 29日
防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」文化と防災を軸とした交流@和光大学
http://gadogado.exblog.jp/22762372/


2016年 03月 21日
インドネシア・ジョグジャカルタの高校で 紙芝居で防災セミナー 高藤洋子さん「スモンの教え」
http://gadogado.exblog.jp/22623456/


2016年 03月 18日
インドネシアで紙芝居で防災セミナー 
高藤洋子さん「スモンの教え」(アチェと日本の教訓から学ぶ)
http://gadogado.exblog.jp/22614831/


2016年 03月 02日
インドネシアで津波の紙芝居(アチェと日本の教訓から学ぶ)教師のためのワークショップ
http://gadogado.exblog.jp/22551098/


2015年 01月 15日
インドネシア・アチェ州シムル島の教訓 紙芝居で津波語り継ぐ 
高台に逃げた「スモン君」
http://gadogado.exblog.jp/20719959/


2014年 12月 26日
新刊:"Nama Saya Smong" & Legenda Nandong Smong di Pulau Simoelue"
(津波 インドネシア語)
http://gadogado.exblog.jp/20587102/


2013年 05月 01日
先人の知恵に学ぶ防災 インドネシア・シムル島およびニアス島の事例
@防災における 文化の役割
http://gadogado.exblog.jp/17713570/


2012年 12月 30日
映像:インドネシア 津波の歌「スモン」がシムル島の人々の命を救った
@NHK(その2)
http://gadogado.exblog.jp/17066953


2012年 07月 18日
インドネシア・ニアス島にも「防災歌」高藤洋子さんの取り組み広がる
http://gadogado.exblog.jp/15787425


2012年 03月 12日
テレビ「共感の絆 北スマトラと東北をつなぐ祈り」とシムル島の四行詩・
伝承歌「スモン(津波)」
http://gadogado.exblog.jp/14845068/


2012年 02月 28日
テレビ「共感の絆 北スマトラと東北をつなぐ祈り」
@東日本大震災 (番組詳細)(その3)
http://gadogado.exblog.jp/14763586/


2011年 09月 17日
インドネシアのシムル島の四行詩「スモン(津波)」と「津波てんでんこ」、
「稲村の火」
http://gadogado.exblog.jp/13611623/
[PR]

by gado-gado | 2017-11-19 20:41 | アチェ
2017年 08月 21日

スマトラ沖地震被災地アチェの団体 仙台の被災者と交流

Teuku Panlima Subohさんの Fcae Book(8/21)で新聞の記事が出ていたので
検索してみました。


インドネシア・スマトラ沖地震(2004年)の津波被災地アチェ州の市民団体
「アチェ・コミュニティアート・コンソーシアム」のメンバーらが8日、仙台市
太白区の災害公営住宅「あすと長町市営住宅」を訪れ、入居者らと交流した。


 アートを通し社会課題を可視化して共有するコミュニティーアートという手法を使い、
あすと長町市営住宅で被災者支援活動「おしるこカフェ」を続ける一般社団法人アート・
インクルージョン(仙台)などが招いた。

 アチェの団体はNPO法人地球対話ラボ(東京)と共催で12月に地元でコミュニティー
アート事業を計画。それに生かすためパンリマ代表(45)ら4人が訪問した。入居者と
一緒におしるこやインドネシアの焼きそばを作り、味わった。パンリマ代表は「復興の状況を
肌で感じ、被災者の生の声を聞く」と話した。

 アート・インクルージョンの門脇篤理事(48)は「震災を超えて次のステップに進む
きっかけにしたい」と言う。

a0054926_18411421.gif


スマトラ沖地震被災地アチェの団体 仙台の被災者と交流
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201708/20170820_13049.html


関連記事
a0054926_18401216.jpg
2017年 02月 25日
インドネシア・アチェと東松島市の子ども交流報告会@NPO法人 地球対話ラボ 
http://gadogado.exblog.jp/23678116/


2016年 12月 26日
インドネシア 復興願う2枚の絵 きょうアチェ津波から12年 宮戸小の絵
 津波博物館へ
http://gadogado.exblog.jp/23501501/


関連映像

https://www.youtube.com/watch?time_continue=16&v=_TsKZEHF6Zg


[PR]

by gado-gado | 2017-08-21 18:45 | アチェ
2017年 07月 11日

地震・津波テーマの歌:「もし地震がおこったらね」披露@東松島市宮野森小学校

NHK World のインドネシア語放送の Face Book(7/11)に出ていました。


Sebuah lagu anak-anak asal Aceh yang mengingatkan anak-anak cara bertindak
saat gempa melanda diaransemen ulang dalam bahasa Jepang. Lagu itu disajikan
di SD Miyanomori di kota Higashi-matsushima, Provinsi Miyagi pada hari Selasa
(11/07/2017).

Lagu dengan judul "Moshi jishin ga okottarane", atau "Jika sebuah gempa terjadi"
ini mengajarkan anak-anak untuk melindungi jiwa mereka saat bencana alam terjadi.




東日本大震災の被災地で高台への集団移転が進められている東松島市の小学校で、
地震や津波をテーマに地元の人が作詞した歌が11日、披露されました。

歌を作詞したのは、被災地で最大規模の高台での集団移転が進められている
東松島市の野蒜ケ丘地区でまちづくりに取んでいる山縣嘉恵さんです。

山縣さんは11日、この地区にことし1月移転した宮野森小学校を訪れ、
6年生の児童22人に地震や津波をテーマにした歌「もし地震がおこったらね」を
披露しました。

a0054926_20014575.jpg
「もし地震がおこったらね」
もし地震がおこったらね 頭を守りましょう
津波の予報のときは高台へ避難しよう


地震・津波テーマの歌を披露
http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20170711/4860911.html


それで、インドネシアのアチェ州のバンダアチェで防災のために
作られた童謡 "Kalau ada Gempa" を検索してみました。



Lagu Kalau Ada Gemapa
Kalau ada gempa lindungilah kepala
Kalau ada gempa, ngumpet di kolong meja
Kalau ada gempa, hindari dari kaca
Kalau ada gempa, lari ke lapangan terbuka


Kalau Ada Gempa - TK Kartini
https://www.youtube.com/watch?v=gUZeHZS8-iY
[PR]

by gado-gado | 2017-07-11 20:03 | アチェ
2017年 07月 03日

イモニウォーク奥松島2017(インドネシア式カレーとアチェコーヒーのふるまい&アチェの伝統舞踊「サマンダンス」)東松島市野蒜駅

イモニウォーク奥松島2017 の Face Book に出ていました。


奥松島の魅力を再発見するスタンプラリーイベント
『イモニウォーク奥松島2017』7/16(日)開催!

a0054926_15543713.jpg

イモニウォーク奥松島2017(Imoni Walk in Deep Matsushima)

奥松島の夏を歩きつくそう!
今年で3回目となる「イモニウォーク」は、奥松島をディープに探検する1日だけの
スタンプラリーです。


■イベント主催:
 一般財団法人 東松島みらいとし機構(HOPE)
■協力:
 宮城県 松島自然の家
 株式会社 奥松島公社
 奥松島縄文村歴史資料館

インドネシア関連では

【バンダ・アチェの漁師さんたちによるインドネシア式カレーとアチェコーヒーのふるまい】
 7月から1カ月間インドネシアのバンダ・アチェ市から研修で東松島に滞在中の
若手漁師の2人が、アチェの生活に欠かせないカレーとコーヒーを手づくりし、
アチェの魅力をイベント参加者の皆さんに伝えます。今年は、アチェで大人気の
「きゅうりジュース」を、東松島のきゅうりで再現し、カレーとセットでふるまいます!


【仙台で学ぶインドネシアの留学生たちによるアチェの伝統舞踊「サマンダンス」の披露】
 ユネスコの無形文化遺産に指定されたアチェ州に伝わる「サマンダンス」を、
インドネシアの留学生たちがこの日のために猛特訓!「千の手のダンス」とも
呼ばれる息の合った複雑な動きは圧巻です。



イモニウォーク奥松島2017
https://www.facebook.com/events/1576558689035671/?acontext={"ref":"106","action_history":"null"}
[PR]

by gado-gado | 2017-07-03 15:55 | アチェ
2017年 02月 25日

インドネシア・アチェと東松島市の子ども交流報告会@NPO法人 地球対話ラボ 

NPO法人 地球対話ラボの Face Book(2/25)に出ていました。


インドネシア・アチェと東松島市の子ども交流報告会
a0054926_23341632.jpg

日時:2017年3月5日(日)14:15〜17:00
会場:10℃カフェ 3階イベントスペース(高田馬場駅徒歩3分)
東京都豊島区高田3-12-8


定員:35人(メールで申し込み下さい)
資料代:500円
申し込み・連絡先:yuichi@fa2.so-net.ne.jp 070−5015−7180(渡辺)


スピーカーと内容
●渡辺裕一(地球対話ラボ事務局長)
2016年度地球対話ラボのアチェ東松島交流概要・ビデオ上映

●小鹿朝絵(東松島市立宮野森小学校教諭)
新設校・宮野森小学校の2016年度アチェ交流について

●門脇篤(現代アーティスト、仙台在住)
アチェでのミュニティ・アートや宮戸での活動について

●宮﨑敏明さん(東松島市立宮野森小学校教諭)
宮戸小・発災から統合宮野森小までの子ども支援について



詳細
インドネシア・アチェと東松島市の子ども交流報告会
https://www.facebook.com/events/1788298698100480/

関連記事
2016年 12月 26日
インドネシア 復興願う2枚の絵 きょうアチェ津波から12年 宮戸小の絵
 津波博物館へ
http://gadogado.exblog.jp/23501501/


関連映像
ARIGATO, SAHABAT ありがとう、みんな
https://www.youtube.com/watch?time_continue=16&v=_TsKZEHF6Zg


[PR]

by gado-gado | 2017-02-25 23:35 | アチェ
2017年 01月 02日

インドネシアで 紙芝居で津波の教訓を語り継ぐ@NHKジャーナル

高藤洋子さんからお知らせが届きました。


12月26日(月)
ジャーナル特集
紙芝居で津波の教訓を語り継ぐ
報告 趙爍ディレクター(国際放送局)


インド洋大津波から12年。
日本とインドネシアの人たちが協力して進める防災教育を取材。


a0054926_21294231.png


昨年5月12日に和光大学で開催された、 防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より
10年を経て」-文化と防災を軸とした交流-を編集したものだそうです。

*このストリーミングは、過去の放送の一部を約2週間聞くことができるそうです。


a0054926_13105928.jpg

画像は、和光大学での防災文化セミナー-の後で、
左からディナさん(紙芝居の翻訳者)、Agus Nur Amal さん(語り部)、
Ahmad Arif さん(コンパス紙記者)、高藤洋子さん。


NHKジャーナル ストリーミング
12月26日(月)
ジャーナル特集
紙芝居で津波の教訓を語り継ぐ
http://www.nhk.or.jp/r1/journal/streaming/


関連記事
a0054926_11363355.png

2016年 11月 04日
NHKニュース:インドネシア「世界津波の日」前に紙芝居で避難教える  高藤洋子さん
http://gadogado.exblog.jp/23339292/


a0054926_9391791.jpg

2016年 06月 20日
「紙芝居で津波の教訓を語り継ぐ」をインドネシア語で聞く@NHK World
http://gadogado.exblog.jp/22922157/


2016年 06月 02日
第6部 世界へ ①海渡る教え(インドネシア)@岩手日報 てんでんこ 未来へ 
http://gadogado.exblog.jp/22869141/


2016年 05月 11日
インドネシアの語り部・Agus Nur Amalさん
@防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」
http://gadogado.exblog.jp/22799142/


2016年 04月 29日
防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」-文化と防災を軸とした交流-
@和光大学
http://gadogado.exblog.jp/22762372/


2016年 03月 21日
インドネシア・ジョグジャカルタの高校で 紙芝居で防災セミナー 高藤洋子さん「スモンの教え」
http://gadogado.exblog.jp/22623456/
[PR]

by gado-gado | 2017-01-02 13:12 | アチェ
2016年 12月 26日

インドネシア 復興願う2枚の絵 きょうアチェ津波から12年 宮戸小の絵 津波博物館へ

今朝(12/26)のじゃかるた新聞のトップ記事に出ていました。

2004年のスマトラ島沖地震・津波から26日で12年を迎える。09年以降、震災の
記録を伝え続けてきたアチェ州バンダアチェ市のアチェ津波博物館では、東日本大震災の
被災地、宮城県の子どもたちが描いた絵画の展示が新たに始まった。新館長のもと、教訓
を未来へ残していく。

 24日、津波博物館の一室に、縦2メートル、横4メートルほどの大きな絵が二つ
並んだ。一つは04年の地震・津波の被災地、アチェ州アチェブサール県の子どもらが
描いた。もう一つは11年の東日本大震災で被害を受けた宮城県東松島市の宮戸小学校
児童が描いた。

 宮戸小では震災直後、全校生徒29人で復興への願いを込め、豊かな海や緑に囲まれ
た「10年後の宮戸」を描いた。同校の児童は13年以降、アチェの子どもたちとテレビ
電話などで交流。15年には、宮戸小の美術教諭がアチェを訪れて造形教室を開き、
子どもたちは「未来のアチェ」をイメージした絵画を制作した。


 宮戸小は統合によりことし3月に閉校し、同校に壁画として飾られていた絵は津波
博物館に贈られることになった。宮戸小とアチェの交流を支援してきたNPO地球対話
ラボ(東京都大田区)の渡辺裕一事務局長は「未来に向けて震災を伝え残していかなく
てはならない。子どもたち自身が未来と世界に向けて発信するきっかけになってほしい」
と話した。



a0054926_920203.jpg

津波博物館で展示が始まった「10年後の宮戸」(右)と「未来のアチェ」の絵画
=24日、地球対話ラボ提供。


復興願う2枚の絵 きょうアチェ津波から12年 教訓を未来へ 津波博物館
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/32931.html


関連サイト
NPO法人 地球対話ラボ
http://miyato.info/index.html


NPO法人 地球対話ラボ The Laboratory for Global Dialogue
https://www.facebook.com/taiwalabs/


関連記事
PERINGATAN 12 TAHUN TSUNAMI
Jepang Serahkan Lukisan ke Museum Tsunami Aceh
http://www.ajnn.net/news/jepang-serahkan-lukisan-ke-museum-tsunami-aceh/index.html


Dialog “Dari Daerah Bencana Menuju Masa Depan” / Aceh dan Jepang
http://miyato.info/communityart/aceh/index.html


Museum Tsunami Aceh Terima Tiga Kunjungan dari Jepang
http://portalsatu.com/read/Citizen-Reporter/museum-tsunami-aceh-terima-tiga-kunjungan-dari-jepang-22393


追記(12/26)
関連記事・映像@NHK(12/25)
津波被害からの復興願う インドネシアと宮城の子どもの絵を展示

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161225/k10010819111000.html


追記(12/26)
関連記事・映像@NHK(12/25)
津波被害からの復興願う インドネシアと宮城の子どもの絵を展示

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161225/k10010819111000.html
[PR]

by gado-gado | 2016-12-26 09:21 | アチェ
2016年 12月 16日

インドネシア・アチェ被災地へ テント500張を供与 日本政府外国で初 

今朝(12/16)のじゃかるた新聞の有料記事に出ていました。


テント500張を供与 日本政府外国で初 アチェ被災地へ(12/16) 有料

 日本政府は、アチェ州北部のピディ・ジャヤ県で7日に発生した地震で、
国際協力機構(JICA)を通じて、被災地にテント500張を緊急援助物資
として供与する。  15日、中央ジャカ�... 全文を読む


多くのインドネシアの新聞にも出ています。

a0054926_10285179.jpg


Pemerintah Jepang memberikan bantuan darurat kepada korban gempa di Kabupaten Pidie Jaya, Provinsi Aceh. Akibat gempa berkekuatan 6,5 SR itu, ratusan orang tercatat meninggal dunia.

Pemerintah Jepang menyalurkan bantuan ini melalui Japan International Cooperation Agency (JICA) dan akan dikirimkan langsung ke lokasi bencana di Aceh. Penyerahan bantuan ini langsung diserahkan kepada Badan Nasional Penanggulangan Bencana (BNPB). Jenis bantuan yang akan dikirimkan berupa tenda pengungsi sebanyak 500 buah.


Jepang Berikan Bantuan 500 Tenda untuk Koban Gempa Aceh
http://www.modusaceh.co/news/jepang-berikan-500-tenda-untuk-korban-gempa-aceh/index.html


関連記事
2016年12月15日@在インドネシア日本大使館
インドネシア共和国アチェ州北部における地震被害に対する緊急援助供与式典の実施
http://www.id.emb-japan.go.jp/news16_27j.html


Jepang beri bantuan kemanusiaan korban gempa Pidie
http://www.antaranews.com/berita/601711/jepang-beri-bantuan-kemanusiaan-korban-gempa-pidie


関連映像
Kamis 15 Dec 2016, 13:39 WIB
Pemerintah Jepang Bantu Korban Gempa Aceh
https://news.detik.com/video/161215015/pemerintah-jepang-bantu-korban-gempa-aceh


インドネシアで 世界津波の日シンポジウム 防災意識 世界で共有 高校生が成果報告 
http://gadogado.exblog.jp/23478299/
[PR]

by gado-gado | 2016-12-16 10:30 | アチェ
2016年 12月 16日

インドネシアで 世界津波の日シンポジウム 防災意識 世界で共有 高校生が成果報告 

今朝(12/16)のじゃかるた新聞のトップ記事に出ていました。


 ことし初めて迎えた「世界津波の日」(11月5日)の関連行事を総括し、津波防災の
啓発につなげるシンポジウムが15日、中央ジャカルタのフェアモントホテルで開かれた。
11月、高知県黒潮町で開かれた「高校生サミット」に参加した日本とインドネシアの
高校生計5人も駆け付け、サミットの成果を報告、防災意識を新たにした。


 「世界津波の日」は2015年12月に国連で採択され、以来、世界各地で啓発イベント
が行われてきた。11月25、26両日には、世界30カ国362人の高校生が黒潮町に
集まり、「『世界津波の日』高校生サミット」が開催された。

a0054926_761766.jpg




防災意識 世界で共有 世界津波の日シンポジウム 高校生が成果報告 
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/32790.html



関連サイト
a0054926_765689.jpg

World Tsunami Awareness Day 2016 - Indonesia
http://www.eria.org/events/2016/11/wtad-indonesia-symposium.html

a0054926_772587.jpg

「世界津波の日」高校生サミット
http://www.town.kuroshio.lg.jp/pb/cont/summit-japanese


追記(12/17)
関連記事
インドネシアで津波防災のシンポジウム
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161215/k10010808151000.html
[PR]

by gado-gado | 2016-12-16 07:08 | アチェ
2016年 11月 29日

インドネシアのニアス島 伝統舞踊・Maenaで防災教育@JICA(国際協力機構)の草の根技術協力事業

インドネシア各地で紙芝居で防災セミナーを開催している高藤洋子さんから
ニアス島での防災教育についての記事を教えていただきました。

グヌンシトリであったニアス島最大の文化祭“Pesta Ya’ahowu”(11/24 - 11/26)の
記事です。

a0054926_20325697.jpg


5736人の市民が一堂に会し伝統舞踊“Maena”を。小学校の児童が防災Maenaを披露
防災Maenaは、JICA(国際協力機構)の草の根技術協力事業。


高藤洋子さんは
"Tari maena tersebut menyampaikan pesan kesiapsiagaan dan tanggap bencana
kesadaran dan pengetahuan masyarakat khususnya kota Gunungsitoli dalam hal kesiapan dan tanggap bencana sekaligus upaya melestarikan tarian maena budaya
Nias di kalangan anak-anak Sekolah Dasar," kata Yoko Takafuji, program Manager
JICA.


Yoko Takafuji menjelaskan bahwa Integrasi Pendidikan Siaga Bencana melalui Tarian
Tradisional Maena, selain bertujuan menumbuhkan budaya sadar bencana melalui
pendidikan pengurangan risiko bencana yang terintegrasi dengan sistem sekolah
dan budaya lokal, tujuan utamanya adalah agar dikeluarkan kebijakan Pemerintah
Kota Gunungsitoli melalui Dinas Pendidikan untuk menjadikan Tari Maena ke dalam
silabus Muatan Lokal ataupun ke dalam sistem kegiatan Ekstra Kurikuler di tiap
Sekolah.


"Sebagai langkah awal, program ini telah dijalankan di enam Sekolah Dasar
percontohan yang ada di Kota Gunungsitoli," ujarnya.


YAYASAN OBI TAMPILKAN TARI MAENA SIAGA BENCANA PADA PESTA YA'AHOWU GUNUNGSITOLI
http://www.wartanias.com/2016/11/yayasan-obi-tampilkan-tari-maena-siaga.html


関連サイト
OBOR BERKAT INDONESIA (OBI)
http://www.obi.or.id/


関連記事
インドネシア・ニアス島における伝統舞踊「Maena」を活用した防災教育事業
https://www.jica.go.jp/partner/kusanone/shien/india_07.html


Tari Maena, Edukasi Terhadap Bencana Tsunami
http://www.obi.or.id/read/id/292/name/Tari+Maena,+Edukasi+Terhadap+Bencana+Tsunami.html


Peresmian Program Edukasi Siaga Bencana "Tarian Maena"
http://www.obi.or.id/read/id/378/name/Peresmian+Program+Edukasi+Siaga+Bencana+%22Tarian+Maena%22.html


2016年 11月 22日
映像ニュース:稲むらの火の教訓をアチェに「津波の日に思い出して濱ロ梧陵のお話を」@NHK国際報道2016
http://gadogado.exblog.jp/23382414/


2016年 11月 05日
「世界津波の日」:インドネシアで「稲むらの火」を広める取り組み Hari Kesiapsiagaan Tsunami Dunia
http://gadogado.exblog.jp/23342534/


2016年 11月 04日
NHKニュース:インドネシア「世界津波の日」前に紙芝居で避難教える  高藤洋子さん
http://gadogado.exblog.jp/23339292/
[PR]

by gado-gado | 2016-11-29 20:34 | アチェ