カテゴリ:長崎写真師 上野彦馬/古い写真( 3 )


2015年 12月 16日

新刊:『ファミリーヒストリー 家族史の調べ方・まとめ方』(著者:宮 徹) (上野彦馬の写真)

昨夜はWAVE出版主催のセミナーに行きました。


セミナー
『ファミリーヒストリー 家族史の調べ方・まとめ方』
~さあ、ご先祖の謎に迫る歴史ミステリーの旅へ!~


『ファミリーヒストリー 家族史の調べ方・まとめ方』の著者・宮 徹さん、
上野彦馬のやしゃごと黒岩涙香のひ孫が登場。


長崎の上野彦馬写真館の台紙の古い写真がまとまって見つかったことから、
少しずつ調べているところで、またNHKの「ファミリーヒストリー」が大好き
なので楽しみにしていました。


上野彦馬のことも黒岩涙香のことも興味深いお話をどっさり聞くことができました。


そして帰りの電車でこの本を読了。今後のヒントをいくつもいただきました。


a0054926_22364439.jpg「ファミリーヒストリー 家族史の調べ方・まとめ方」
宮 徹 (著)
出版社: WAVE出版 (2015/11/13)
ISBN-10: 4872907825
ISBN-13: 978-4872907827
発売日: 2015/11/13
1720円



手元にある上野撮影局の台紙の裏面。

a0054926_22371370.jpg


(右上から時計回りで、明治16年、明治5~6年、明治14年、明治2~5年)




本の詳細
ファミリーヒストリー
家族史の調べ方・まとめ方
http://www.wave-publishers.co.jp/np/isbn/9784872907827/


関連記事
『ファミリーヒストリー 家族史の調べ方・まとめ方』
~さあ、ご先祖の謎に迫る歴史ミステリーの旅へ!~
http://www.wave-publishers.co.jp/np/isbn/9784872907827/

a0054926_22374092.png

関連記事@宮 徹 オフィシャルサイト
『ファミリーヒストリー 家族史の調べ方・まとめ方』出版記念トークライブ開催
http://www.miyatohru.com/info/event151215.html


2013年 11月 04日
新刊:「レンズが撮らえた幕末の写真師 上野彦馬の世界」と閣龍世界博覧会
http://gadogado.exblog.jp/18908571/


2013年 10月 28日
長崎の写真術師・上野彦馬も使っていたインドネシア語 (ゴーレン goreng)
http://gadogado.exblog.jp/18863147/
[PR]

by gado-gado | 2015-12-16 22:40 | 長崎写真師 上野彦馬/古い写真
2013年 11月 04日

新刊:「レンズが撮らえた幕末の写真師 上野彦馬の世界」と閣龍世界博覧会

先日の「写真術師 上野彦馬」(八幡政男著)の次に、「レンズが撮らえた幕末の写真師
上野彦馬の世界」を読みました。


a0054926_16365588.jpg「レンズが撮らえた幕末の写真師 上野彦馬の世界」
監修:上野 一郎 小沢 健志
山川出版社 (2012/08)



先日の長崎帰省の時に上野彦馬の撮影局で撮影された祖母の写真が入った缶が見つかりました。
写真の台紙裏のデザインが気になっていたので、天野圭悟さん(初期写真研究家)が
お書きになった「彦馬写真の台紙裏のデザインの変遷」をまず読みました。


手元にある上野撮影局の台紙(一部)の裏面。

a0054926_22371370.jpg


(右上から時計回りで、明治16年、明治5~6年、明治14年、明治2~5年)



上野撮影局以外の台紙

「写真師 神代延祥」長崎港紺屋町橋側
S. Katsuragi 大阪 高麗橋通り4丁目16番地
清河武安 長崎市元古川町9番地
本田写真館 長崎市

それから、台紙の前面に「閣龍世界博覧会 1893」とある写真もありました。

a0054926_16372492.png


(閣龍 = コロンブス であり、明治26年(1893年)のシカゴ万博のことであることを
今回初めて知りました。)


当ブログに「長崎 写真師 上野彦馬」のカテゴリーを追加しました。


関連記事
レンズが撮らえた幕末の写真師上野彦馬の世界
http://www.yamakawa.co.jp/product/detail/2107/


2013年 10月 28日
長崎の写真術師・上野彦馬も使っていたインドネシア語 (ゴーレン goreng)
http://gadogado.exblog.jp/18863147/
[PR]

by gado-gado | 2013-11-04 16:38 | 長崎写真師 上野彦馬/古い写真
2013年 10月 28日

長崎の写真術師・上野彦馬も使っていたインドネシア語 (ゴーレン goreng)

先日の長崎帰省は淵中学校(福山雅治さんの母校)の同窓会出席のためでしたが、
他にもいろいろ予想しないことがありました。

長崎上野撮影局の台紙に撮影された、明治・大正時代の写真がまとまって入った
缶が見つかりました。これまでも祖母(上野彦馬の娘)の写真は何枚か見たことが
ありますが、上野彦馬写真館の台紙ではありませんでした。

そういうわけで帰宅後、ずっと前に読んだ、八幡政男著の「写真術師 上野彦馬」
(マルジュ社 1986年)を読み直しています。

a0054926_828273.jpg


そしてびっくりしたのが、居酒屋「おのぶ」の特製の名物「ゴーレン」(天ぷら)です。
海軍伝習所の級友・堀江鍬次郎(伊勢津藩)が注文。

「酒とゴーレンたのむよ」
 鍬次郎の声に重ねるように、
「ひじきとわかめも、な」
 と、彦馬も調子を合わせた。
 名物のゴーレン(天ぷら)は、この店の特製で、安くて旨いというので評判だ。
伝習所にもちかいので、伝習生たちの溜まり場でもあった。(p12)



手元にある古賀十二郎編の「外来語集覧」(長崎文献社 2000年)によると

ゴーレン goreng
油揚げ、馬来語

ゴーレンといふ言葉は今猶ほ長崎の古い料理屋または旧家に於て用ひられている。
このゴーレンと云ふ言葉も黒坊言葉の一つで、馬来語に外ならぬのである。
英語 フライド fried の意味を有し、油揚げを云ふのである。
馬来半島よりジャバ辺にては、ゴーレンと云ふ言葉は普く行はれてゐる。
やはり油揚げを云ふのである。


Malayu goreng Jawa goreng Madura guring
Suwenap guring Bali gureng



上野彦馬 @Wikipedia



「写真は長崎から」
~写真術の始祖・上野彦馬~
http://www.city.nagasaki.lg.jp/nagazine/hakken0306/


[写真の開祖] 上野彦馬
http://www.sanno.ac.jp/hikoma/


上野彦馬ら撮影の古写真 長崎市立図書館で105点展示
http://www.asahi.com/articles/SEB201310220008.html
[PR]

by gado-gado | 2013-10-28 01:16 | 長崎写真師 上野彦馬/古い写真