カテゴリ:インドネシアの音楽( 994 )


2018年 01月 21日

洗足学園「世界音楽紀行」第8回東西の融合 ~ルー・ハリソンのガムラン・コンチェルト

コンサートのご案内をいただきました。


洗足学園「世界音楽紀行」第8回
東西の融合~ルー・ハリソンのガムラン・コンチェルト

今回は「東西の融合」と題して、ガムランの音律に調律したピアノ協奏曲、ヴァイオリンと
チェロによる二重協奏曲など、ガムランと西洋楽器による多文化共存の名曲を集めました。
入場無料(メール予約優先)です。皆様のご来場お待ちしております。

a0054926_10081890.jpg

2018年1月28日(日)開場:13:30 開演:14:00
洗足学園前田ホールピロティ


■無料
一般 :無料
本学学生・学園教職員 :無料


出演】
ランバンサリ(ガムラン)
植川 縁(サキソフォン) “Cornish Lacaran”
古川原裕仁(ヴァイオリン)、荒庸子 (チェロ) “Double Concerto”
寒川晶子(ピアノ) “Piano Concerto”
曽我部清典 (トランペット) “Bubaran Robert”

【企画】
森重行敏(本学客員教授・本学現代邦楽研究所長)

【主催】
学校法人洗足学園

【お問合せ】
洗足学園 法人本部総務
044-856-2953(9時~17時/土日祝休)

【お申込み方法】
sekaiongaku@senzoku.ac.jp
件名を「世界音楽紀行ガムラン」とし、本文に「代表者氏名、連絡先電話番号と人数」を
記入してメールしてください。(一件につき2名様まで)



洗足学園「世界音楽紀行」第8回
東西の融合~ルー・ハリソンのガムラン・コンチェルト
http://www.senzoku-concert.jp/concert/?concert_id=1936
[PR]

by gado-gado | 2018-01-21 10:11 | インドネシアの音楽
2018年 01月 18日

パラグナ・グループによるコンサート「ガムランを織る」(博多織の織機の音とガムランの響き、舞が融合)藤枝守氏の作品@杉並公会堂小ホール 2/16

インドネシアのスンダのガムラン、パラグナ・グループからコンサートのお知らせが
届きました。

a0054926_17200776.jpg

パラグナ・グループによる
「ガムランを織る」

日時:2018年2月16日(金) 19時開演(18時半開場)
開場:杉並公会堂 小ホール

【チケット】前売予約:3,000円/当日:3,500円
【ご予約・お問合せ】
ムジカキアラ 03-6431-8186 (平日10:00-18:00)  info@musicachiara.com 
イープラス:http://eplus.jp/

インドネシア・西ジャワの「ガムラン・ドゥグン」を演奏する「パラグナ・グループ」と
藤枝守との連携により「博多織」の織機から収録された「ふるえ」がガムランの「響き」に
転写された《ガムランが織る~Gamelan Weaving》をはじめ、西山まりえをソリストに
迎えての《ガムランをともなうハープ・コンチェルト》の初演、伊藤比呂美の日本語訳
による《歌づけ般若心経》、さらには、あらたなガムラン・バージョンによる《植物文様》
など、ガムランがその姿を変容させていきます。


【演目】
ガムランによる《植物文様》
ガムランによる「歌づけ般若心経」
ガムランをともなう「ハープ・コンチェルト」(世界初演)
ガムランが織る~博多織の機音による(改訂初演)
~~藤枝守 作曲

【出演】
パラグナ・グループ
西山まりえ (ゴシック・ハープ)


ガムランが織る
https://www.facebook.com/events/1660467094014226/


関連サイト
PARAGUNA パラグナ
http://www.paraguna.com/top.htm


関連記事
a0054926_17203844.png
2015年 10月 09日
インドネシアの音楽:「南の風に吹かれて~ガムラン・ドゥグンの響き」パラグナ・グループ結成30周年記念
http://gadogado.exblog.jp/21723524/


a0054926_17210665.png
2013年 06月 20日
トランス・エスニック・コンサート「ガムランの般若心経」@九州大学
http://gadogado.exblog.jp/17970616/


2012年 01月 22日
インドネシアのスンダ(西ジャワ)の「ガムラン・ドゥグン」コンサート in 福岡
http://gadogado.exblog.jp/14487952/


2010年 09月 30日
スンダ音楽の巨匠・Nano S,さん(インドネシアの音楽)
http://gadogado.exblog.jp/11356089/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-18 17:23 | インドネシアの音楽
2018年 01月 12日

インドネシア 加藤ひろあきさんのミュージックビデオ:Ruang Rindu は Eddie Cahyono監督

インドネシアで活躍する加藤ひろあきさんのミュージックビデオ:Ruang Rinduが
昨日(1/11)に YouTube で公開されました。

Eddie Cahyonoさんは、FOURCOLOURS FILMSの所属で、日本でも逗子海岸映画祭、
東京国際映画祭でも上映された、"Siti" の監督です。

そして、主演の Sekar Sariさんも。5月に公開される「海を駆ける」にも
出演している女優です。


Ruang Rindu - Hiroaki Kato feat. Noe Letto Official Music Video

a0054926_07073286.jpg

HIROAKI KATO x FOURCOLOURS FILMS presents
"Ruang Rindu - Hiroaki Kato feat. Noe Letto Official Music Video"
Starring: Hiroaki Kato, Noe Letto, Sekar Sari, Nawai

Director : Edi Cahyono
Assistant Director : Rivandy
DOP : Egha Harismina
Camera man : Pandu Janaloka
Production manager : Yosi Arifianto
Unit Manager : Wildan Yudanto
Wardrobe : Felicia Listyadesi
Make up : Mega Yudi Aryani
Editor : Egha Harismina
Wardrobe: Sejauh Mata Memandang, OKAINKU
Calligraphy: Minoru Goto

Song & Lyrics: Letto
Translated by Hiroaki KATO
Music arrangement: Ari Renaldi
Producer: Ari Renaldi

Vocal: Hiroaki Kato, Noe Letto
Guitar: Topan Abimanyu
Piano: Ari Renaldi

Executive Producer :
Hiroshi Osaki(YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.)
Akihiko Okamoto(YOSHIMOTO CREATIVE AGENCY CO., LTD. )
Mitsuo Sakauchi(YOSHIMOTO MUSIC PUBLISHING CO.,LTD.)
Shizuko Yokote(MCIP Holdings Inc.)
Shimizu Yoshinori(YOSHIMOTO MUSIC PUBLISHING CO.,LTD)
Ir. Yogi Andriyadi / Irza Rivai / Benny Ohana (Portrait Management)
Shugo Hirose(PT. YOSHIMOTO KREATIF INDONESIA)
Ifa Isfansyah (Fourcolours Films)

Ruang Rindu - Hiroaki Kato feat. Noe Letto Official Music Video (Calligraphy by Minoru Goto)

https://www.youtube.com/watch?v=YxRJ-pAbbuc&feature=youtu.be


関連サイト
Hiroaki Kato
http://hiroakikato.com/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-12 07:09 | インドネシアの音楽
2018年 01月 08日

インドネシアで8月に国際ガムランフェスティバル2018 (International Gamelan Festival 2018)

8月に中部ジャワのソロで開催される、International Gamelan Festival 2018の
プレイベントの記事が出ていました。


Pra event International Gamelan Festival Solo 2018 digelar di Car Free Day
Jl Slamet Riyadi, Minggu (7/1/2018).

International Gamelan Festival Solo 2018 sendiri akan diadakan 9-15 Agustus
dan akan diikuti oleh kelompok gamelan dari beberapa negara.


Sosialiasi
International Gamelan Festival 2018
7 Januari 2018
a0054926_08582273.jpg

Pra Event International Gamelan Festival Solo 2018 di CFD Tarik Perhatian Penonton
http://solo.tribunnews.com/2018/01/07/pra-event-international-gamelan-festival-solo-2018-di-cfd-tarik-perhatian-penonton


関連記事
International Gamelan Festival 2018. Gamelan in Tradition and Transition – Focus on Bali
http://www.evs-musikstiftung.ch/en/prize/prizes/grants-aid/festivals/international-gamelan-festival-2018-gamelan-tradition-and


関連サイト
International Gamelan Festival 2018
https://www.facebook.com/igfsolo/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-08 09:00 | インドネシアの音楽
2018年 01月 03日

インドネシアの閣僚バンド:Elek Yo Band@プラティクノ国家官房長官の娘の結婚式

今朝(1/3)のじゃかるた新聞の有料記事に出ていました。

☆閣僚バンド堂々と登場(01/03) 有料

 ジョクジャカルタ特別州のジョクジャ・エキスポ・センターで12月30日、
プラティクノ国家官房長官の娘の結婚式があり、閣僚バンドが出演した。
レトノ外相やテテン首席補佐官が熱唱、ギタ... 全文を読む


インドネシア語の記事はTempo(1/2)に出ていました。


a0054926_08470267.gif

Elek Yo Band
メンバー
Vokalis
Menteri Keuangan Sri Mulyani Indrawati (vokalis)
Menteri Luar Negeri Retno Lestari Priansari Marsudi
Kepala Staf Kepresidenan Teten Masduki
Menteri Dalam Negeri Tjahjo Kumolo

Gitaris
Menteri Perhubungan Budi Karya Sumadi
Menteri Ketenagakerjaan Muhammad Hanif Dhakiri

Drum
Menteri Pekerjaan Umum dan Perumahan Rakyat Basuki Hadimuljono

Keyboard
Kepala Badan Ekonomi Kreatif Triawan Munaf

歌った曲
Rumah Kita (God Bless)
Ku Tak Bisa (Slank)


Sri Mulyani Jelaskan Alasan Mau Jadi Vokalis Elek Yo Band
https://bisnis.tempo.co/read/1046690/sri-mulyani-jelaskan-alasan-mau-jadi-vokalis-elek-yo-band?utm_source=Digital Marketing&utm_medium=Facebook&utm_campaign=DlvrIT


関連映像
Aksi "Elek Yo Band" Menteri Kabinet Kerja

[PR]

by gado-gado | 2018-01-03 08:51 | インドネシアの音楽
2018年 01月 02日

インタビュー:ジャカルタの日々が変えた、ディーン フジオカ 音楽で伝えたいのは愛

Music Voice(1/1)に出ていました。

ジャカルタの日々が変えた、DEAN FUJIOKA 音楽で伝えたいのは愛
役者は前向きな受動態


俳優としての活躍目覚ましいDEAN FUJIOKA。そんな彼は、昨年末からミュージシャンとしての
活動も本格化。八千人超の大阪城ホールと五千人超の東京国際フォーラム・ホールAでの2DAYS
公演などもおこなっている。音楽への造詣は深く、自身で作詞作曲をおこない、自身で作品を
作り上げる。俳優としての顔がクローズアップされがちだが、今回はミュージシャン・DEAN
FUJIOKAを追った。


――DEANさんの音楽も、今では「届けたい」という思いが一番出ている?

 だから歌詞を書くようになったのかなと思います。それがなかったら、インストで気持ち
良いビートを聴いていればそれで幸せだったし、ずっと「歌なんて必要ない」と思っていました。
でも言葉で伝えられることとか、歌というものの魅力に気付くことができて、今になってその道を
歩んでいるという感じです。


――そういった思いは台湾で育まれたのでしょうか?

 それを経てのジャカルタの日々の方ですね。インドネシアの日々で、明らかに自分の考え方が
変わりました。そこに至るまで、中華圏で学んだ事がインドネシアに繋がったと思います。限ら
れた人生で何をやるかと考えたときに、ジャカルタをベースにしながら色んな所に行っていた
時期の日々で、自分のアイディンティティが固まっていった感じがします。それが2009年あたり
です。28歳、29歳の頃に、一人でも多くの人達に音楽を聴いてもらうために、音楽をやろうと
思えたタイミングでした。

a0054926_17263884.jpg

ジャカルタの日々が変えた、DEAN FUJIOKA 音楽で伝えたいのは愛
http://www.musicvoice.jp/news/20180101083680/


関連記事
2017年 12月 14日
ディーン・フジオカ主演映画『海を駆ける』インドネシアを舞台に若者の友情と自然の驚異を描く その5
http://gadogado.exblog.jp/238079591/


2017年 11月 08日
インドネシア・アチェが舞台の映画:「海を駆ける)」監督:深田晃司 ディーン・フジオカ主演 来年5月公開 その4
http://gadogado.exblog.jp/237963252/


2016年 10月 16日
ディーン フジオカさんのインタビュー@東京国際映画祭「カラフル!インドネシア」ブックレット
http://gadogado.exblog.jp/23292538/


2016年 05月 27日
テレビ:「ディーン・フジオカ&アジアの友 We are Asia」ボロブドゥール寺院でロケ@日テレ 6/11 深夜
http://gadogado.exblog.jp/22848096/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-02 17:31 | インドネシアの音楽
2017年 12月 29日

インドネシアから3人の作曲家@7人のアーティストが奏でる、まだ見ぬ音楽のかたち「NOTES:composing resonance」

国際交流基金アジアセンターの Face Book(12/28)に出ていました。


7人のアーティストが奏でる、まだ見ぬ音楽のかたち
「NOTES:composing resonance」 

【プロジェクト】7人のアーティストが奏でる、まだ見ぬ音楽のかたち。NOTES:composing resonance

7人のアーティストと国際交流基金アジアセンターが協力して取り組む新しい音楽を通じた
国際共同制作プロジェクト「NOTES:composing resonance」がついに始まります。

伝統楽器の演奏家、現代音楽家、ダンサー、作曲家など今活躍しているアーティストが集い、
2名のアドバイザーの力を借りながら、来年1月に約2週間のレジデンスの中で、世界のどこかで
行う成果発表のための企画の立案とクリエーションに取り組みます。

[メンバー]
會田瑞樹(打楽器奏者)
金子展寛(箏曲家)
木皮成(演出家・振付家・ダンサー・映像作家)
宮内康乃(Yasuno Miyauchi)(作曲家)
ガルディカ・ギギー・プラディプタ(作曲家・ピアニスト・即興演奏家)
アグスティヌス・ウェリー・ヘンドラッモコ(作曲家・編曲家・伝統楽器演奏家)
アリエフ・ウィナンダ(作曲家・打楽器奏者・ドラマトゥルク)

[アドバイザー]
野村誠(作曲家)
森永泰弘 I Yasuhiro Morinaga(サウンドデザイナー)

★ Open Studio
-音を使いながらの制作過程公開-

アーティスト達が作品を制作する現場を公開します。制作現場ではインドネシアの伝統楽器の
音色などメンバーの演奏もお楽しみいただけます!

日時
2018.1.24 14:00~18:00
場所
放光山長福寺 スペースRAKUBAKO


★ Sharing Session
-2週間の音楽を通じての交流の成果-
2週間の滞在の振り返りとともに、今後の計画についてご報告いたします。
日時
2018.1.26 16:00~(開場15:30)
場所
MTRL KYOTO



インドネシアから参加の3人
a0054926_01424081.gif

(左から、Gardika Gigih Pradipta, Agustinus Welly Hendratmoko, Arief Winanda さん)


Gardika Gigih Pradiptaガルディカ・ギギー・プラディプタ
作曲家・ピアニスト・即興演奏家 / Composer, Pianist, Improviser

ギギーの愛称で知られるインドネシア・ジョグジャカルタ在住の作曲家、ピアニスト。
インドネシア芸術大学ジョグジャカルタ校の卒業制作として2011年に「Impresi 6 Peristiwa」を
作曲。2012年には、クローラ財団のアート助成金(イノベーティブアート部門)を受け、
「Train Music」 を作曲。コンサート用の楽曲だけでなく、インドネシアの映画監督Wregas
Bhanuteja, BobbyPrasetyo,Yosep Anggi Noenなどの映画音楽も手がけている。


Agustinus Welly Hendratmokoアグスティヌス・ウェリー・ヘンドラッモコ
作曲家・編曲家・伝統楽器演奏家 / Composer, Arranger, Gamelan Player

2004年に伝統音楽(カラウィタン)に魅せられ、音楽の道に進み始めたウェリー。以来、
彼の興味はジャワのカラウィタンや作曲へと広がり、現在はインドネシア芸術大学ジョグ
ジャカルタ校の修士課程で作曲を学んでいる。2013年にバンコクで行なわれた東南アジア
国際仮面舞踏祭でジョグジャカルタ・ダンス・グループのミュージシャンの一人として参加。
インドネシア芸術大学ジョグジャカルタ・アート奨学金を受けた一人として2008年にはポルト
ガルで演奏。2014年ジョグジャカルタ民謡音楽大会の優勝者。


Arief Winandaアリエフ・ウィナンダ
作曲家・打楽器奏者・ドラマトゥルク / Composer, Percussionist, Dramaturg

インドネシアの新進気鋭の若手アーティスト、アリエフ・ウィナンダは伝統音楽から現代音楽に
至るまで幅広い教育を受け、経験を重ねてきた。ダンサー一家に生まれ育った彼は、独自のダンス
感覚、芸術的な動き、踊りの哲学を吸収し、それらを制作過程に生かしている。現在はジャカルタ
芸術大学で技術を磨いている。


a0054926_01430854.jpg
7人のアーティストが奏でる、まだ見ぬ音楽のかたち
「NOTES:composing resonance」 
http://notes.jfac.jp/
[PR]

by gado-gado | 2017-12-29 01:43 | インドネシアの音楽
2017年 12月 12日

日本から鬼塚聖貴さん(ライアー奏者)@西スマトラ Padang Indian POcean Music Festival 2017 その2

sumbarsatu.com(12/9)に出ていました。

鬼塚聖貴さんは、長崎雲仙を基盤に、日本全国から海外までライアー制作の指導を行い、
自身でも奏者としてライブ活動をしている。

a0054926_09392835.jpg

Tadi malam, di bawah Jambatan Siti Nurbaya, PIOMFest tahun 2017 menampilkan empat kelompok musik, yaitu Talago Buni dari Indonesia, Musa_Sg dari Singapura, Seiki Onizuka dari Jepang, dan Arestra dari Bengkulu.


a0054926_09401392.jpg
Padang Indian POcean Music Festival 2017
日時: 8 - 10 Deember 2017
会場:Jembatan Siti Nurbaya, Padang
キュレーター:Edy Utama




Hari Pertama PIOMFest 2017, Musik Sempurnakan Silaturahmi Warga Padang
http://www.sumbarsatu.com/berita/17369-hari-pertama-piomfest-2017-musik-sempurnakan-silaturahmi-warga-padang



関連映像
Penampilan Seiki Onizuka di Padang Indian Ocean Musik Festival



関連記事
2017年 11月 08日
日本から鬼塚聖貴さん(ライアー奏者)も@西スマトラ Padang Indian POcean Music Festival 2017
http://gadogado.exblog.jp/237964852/


関連サイト
鬼塚聖貴
https://www.onizukaseiki.com/
[PR]

by gado-gado | 2017-12-12 09:42 | インドネシアの音楽
2017年 12月 06日

インドネシアのアーティストデュオ・KIMOKAL@メディアカルチャーの総合的プラットフォーム MeCA l Media Culture in Asia

国際交流基金アジアセンターのホームページに出ていたので、公式サイトを訪ねました。


アジアからメディアカルチャーを総合的に発信する国内初のプラットフォーム
MeCA l Media Culture in Asia: A Transnational Platform

音楽プログラム
BORDERING PRACTICE(WWW X)

日時:
2月9日(金)21:00〜29:00(開場20:00)

会場:WWW、WWW X(渋谷)


アーティスト
tofubeats(トーフビーツ|日本)、Meishi Smile(メイシ・スマイル|アメリカ)、similarobjects(シミラーオブジェクツ|BuwanBuwan Collective|フィリピン)、
KIMOKAL(キモカル|インドネシア)、Morton Subotnick(モートン・スボトニック|アメリカ)、
Lillevan(リレヴァン|ドイツ)、Alec Empire(アレック・エンパイア|ドイツ)、
Jacques(ジャック|フランス)、ほか(全13組を予定)

料金

アーリーバードチケット(先行前売)=3,000円
(税込、別途1ドリンク代)(完全限定100枚)
前売=3,500円(税込、別途1ドリンク代)
当日=4,500円(税込、別途1ドリンク代)


プログラムディレクター
tomad(Maltine Records主宰/日本)


KimoKal(ミュージシャン)[インドネシア]
a0054926_19004233.jpg
Kimo RizkyとKallula Harsynta Esterlitaによる、2014年より活動するジャカルタの
レーベル「Double Deel Music」を代表するアーティストデュオ。サイケデリア、ニュー
ウェイブ、ディスコ、バラード、ポップなどの印象的な部分を抽出し、電子音響として
コラージュした新たなスタイルを確立。インドネシア音楽の真髄から大胆に踏み出した
楽曲を発表。1960~70年代の音楽からの影響を色濃く感じさせるKimoの楽曲と、ポップスと
バラード、シューゲイザーを組み合わせた冷淡で自然体のKallulaのボーカルと歌詞は、
親しみがある一方、鮮明なエレクトロニックポップを提示している。


KimoKal
http://www.doubledeermusic.com/records/artists/kimokal


MeCA l Media Culture in Asia: A Transnational Platform
https://meca.excite.co.jp/


MeCA l Media Culture in Asia: A Transnational Platform
http://jfac.jp/culture/events/e-meca-2017/
[PR]

by gado-gado | 2017-12-06 19:02 | インドネシアの音楽
2017年 12月 05日

インドネシアからHamdi Fabasさん @DANCE DANCE ASIA―Crossing the Movements 東京公演 2018 東京芸術劇場 5

国際交流基金アジアセンターのホームページに出ていたので、公式サイトを訪ねました。


DANCE DANCE ASIA―Crossing the Movements 東京公演 2018

a0054926_19534378.gif

アジアのストリート発、新たな表現を拓くダンス

DANCE DANCE ASIAは、ストリートダンスをキーワードに舞台作品の共同制作・上演を通して、アジア域内のダンサー・クリエイターの交流を促進し、新たな文化の創造を目指すプロジェクトです。


2014年にスタートしたDANCE DANCE ASIAは今年で4年目を迎え、今回の公演では、フィリピンからVince Mendoza(ヴィンス・メンドーザ)、日本から黄帝心仙人(こうていせんにん)、そして、インドネシアからHamdi Fabas(ハムディ・ファバス)の3人を演出・振付家として起用し、多国籍で構成される気鋭のダンサーたちとともに、多彩な表現力と卓越したテクニック、音楽が融合された3作品を披露します。


開催日時
2018年3月23日(金曜日)19:00
3月24日(土曜日)13:00 / 18:00
3月25日(日曜日)13:00
注:各回とも3作品全てを上演

会場:東京芸術劇場 シアターイースト
振付・演出:Vince Mendoza(フィリピン)
黄帝心仙人(日本)
Hamdi Fabas(インドネシア)

入場料:
一般 3,500円(全席指定・税込)
注:ご同伴のお子さまの割引販売がございます。
(2,000円/3歳以上、小学生まで)
学生 2,500円(大学生・専門学生・中高生の方対象)

主催
国際交流基金アジアセンター、株式会社パルコ

問い合わせ
パルコステージ
03-3477-5858
(月曜日~土曜日 11:00~19:00 / 日曜日・祝日 11:00~15:00)


Hamdi Fabas ハムディ・ファバス (インドネシア)
a0054926_19540245.jpg
ダンサー、振付家。オーストラリアで育つ。インドネシアを代表するダンス・アイコン。
4年6ヶ月の間にインドネシアで大人気を博した2つのTV番組で審査員を務める。1997年より
アーバン・ダンス文化とエンタテインメント業界のサポートを開始。2003年にインドネシア
初のダンス企業、Bboy Indonesia(Bboyindo)を設立。2011年にはFabas ART Dance Productionsを、
「P.H.A.T crew」のSabina Jacinthaとともに立ち上げる。また、自身のクリエイティブな活動と
並行して、MintZ Nge-DanZe GokilZの審査員を務めるなど、インドネシアのダンスの発展と青少年
の育成にも力を注いでいる。


DANCE DANCE ASIA―Crossing the Movements
東京公演2018
http://dancedanceasia.com/schedule_pt/dda2018march/


DANCE DANCE ASIA
http://dancedanceasia.com/


DANCE DANCE ASIA―Crossing the Movements 東京公演 2018
http://jfac.jp/culture/events/e-dda2018-tokyo/
[PR]

by gado-gado | 2017-12-05 19:57 | インドネシアの音楽