カテゴリ:展覧会( 331 )


2017年 11月 11日

インドネシア 7世紀の交易大国 国立博物館 スリウィジャヤ特別展:Kedatuan Sriwijaya The Great Maritime Empire

今朝(11/11)のじゃかるた新聞に出ていました。

a0054926_06162692.jpg

 中央ジャカルタの国立博物館で、特別展「都市国家スリウィジャヤ——偉大な海洋帝国」が
開催されている。インドネシア最初の国家とされ、交易大国だったスリウィジャヤ王国
時代の香辛料貿易などについて知ることができる。

 スリウィジャヤ王国は7世紀ごろ、マラッカ海峡を挟むスマトラ島とマレー半島を支配、
以後数百年以上、香辛料などの中継貿易で繁栄した。特別展は、唐の僧侶義浄が671年、
インドに向かう途中、同国を訪れた記録から始まる。


 特別展は28日まで。開館は火~金曜が午前8時~午後4時、土、日曜が午前8時~午後5時。
入場料はインドネシア人が5千ルピア、子ども2千ルピア、外国人は1万ルピア。


7世紀の交易大国 国立博物館 スリウィジャヤ特別展
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/38456.html


関連記事
Jalur Rempah Masa Kedatuan Sriwijaya
http://www.museumnasional.or.id/jalur-rempah-masa-kedatuan-sriwijaya-1221


関連映像
Kedatuan Sriwijaya Jalur Rampah - Museum Nasional Jakarta

[PR]

by gado-gado | 2017-11-11 06:24 | 展覧会
2017年 10月 13日

駐日インドネシア大使館主催「インドネシアの展示~環境とエコツーリズム~」@日本アセアンセンター

日本アセアンセンターのホームページに出ていました。


駐日インドネシア大使館主催
「インドネシアの展示~環境とエコツーリズム~」のご案内

a0054926_17594326.gif

10月21日(土)~25日(水)、日本アセアンセンター・アセアンホールで
「インドネシアの展示~環境とエコツーリズム」が開催されます。

本展示では、インドネシアの環境や資源保全に配慮して製作された製品、観光商品に加えて
同国の重要な産業である林業とそれに関する社会的責任プログラムをご紹介します。また、
地域の人々の手仕事による民芸品や、芸術家との交流を通して、彩り豊かなインドネシアの
文化についてもご紹介します。

特に今回は、インドネシアのユリ・プルワント氏と、日本の土肥麻里子氏によるアート展示も
併せて開催されますのでぜひお出かけください。

会期中、バティック描画や伝統楽器アンクルン演奏のワークショップなども
行われますのでふるってご参加ください。

♪♪ 参加募集中 ♪♪


1)開会式: 10月21日(土)11:00~

開会式では、インドネシアの伝統的な舞踊と武道のパフォーマンスもお楽しみいただけます。
またインドネシアのスナックなどもご用意いたします。
どなたでもご参加いただけますのでぜひお越しください。(事前登録不要)


2)バティック描画と、楽器アンクルンのワークショップ
●バティックの描画<22日(日)~25日(水) 11:00~12:00、15:30~16:30の2回>
バティック描画を体験してみませんか?初めての方にも楽しんでいただけるよう、
道具などもすべてご用意してお待ちしています。


●アンクルンを弾く<22日(日)~25日(水) 14:00~15:30>
インドネシアの伝統楽器アンクルン。専門家によるワークショップで、
竹の優しい音色をお楽しみください。


【お申込み方法】
ワークショップはお申込みいただいた方優先となります。
お申し込みは、ご希望の日時、氏名を下記宛にお知らせ願います。
お申込先: 在京インドネシア大使館 E-mail: forestry@kbritokyo.jp


<<開催概要>>

■日時: 2017年10月21日(土)~25日(水)午前10時30分~午後5時

■会場:

日本アセアンセンター・アセアンホール (都営三田線 御成門駅A4出口 徒歩1分)
東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1階
/ja/ajc/about/access.html 

■主催: 駐日インドネシア共和国大使館

■後援: 国際機関日本アセアンセンター

■参加費: 無料

■お問合せ: 在京インドネシア大使館 E-mail: forestry@kbritokyo.jp


インドネシアの展示:環境とエコツーリズムを開催 2017年10月21日(土)~25日(水)
http://www.asean.or.jp/ja/ajc-info/20171021_indonesia-exhibition/


日本アセアンセンター
http://www.asean.or.jp/ja/


[PR]

by gado-gado | 2017-10-13 18:00 | 展覧会
2017年 10月 09日

インドネシアで 台湾の抱っこひもの展覧会:“Fertil, Barakat, Ayom-Budaya Gendongan Bayi”

Sarasvati Art Magazine の Face Book(10/9)に出ていました。

National Museum Of Prehistory Taiwan (NMP) 所蔵の抱っこひも27点の展示。

a0054926_18032929.jpg

“Fertil, Barakat, Ayom-Budaya Gendongan Bayi” (Fertility, Blessings and Protection- Cultures of Baby Carriers)
会期:20-29 Oktober 2017
会場:Museum Nasional, Jakarta
National Museum Of Prehistory Taiwan (NMP)
Studiohanafi
Museum Nasional Indonesia

美術
Hanafi
Enrico Halim (Aikon)


セミナー
PROGRAM PUBLIK
Seminar “Gendongan Bayi Asia”
Jumat, 20 Oktober 2017, 15.00 WIB di Ruang Seminar Museum Nasional Indonesia
Narasumber:
Chi-San Chang (Kurator National Museum of Prehistory-Taiwan),
Tony Rudjansyah (Antropolog)
Dave Lumenta (Antropolog) ,

* Terbuka untuk umum dan bebas biaya


a0054926_18052307.jpg
Foto ibu menggendong bayi menggunakan gendongan bayi kain. (Foto: Jen, Hsien-Min/ Dok. Studiohanafi)


Makna Budaya Gendongan Bayi
http://www.sarasvati.co.id/exhibition/10/makna-budaya-gendongan-bayi/


[Press Release] Budaya Gendongan Bayi “Fertil, Barakat, Ayom”
http://www.studiohanafi.com/press-release-budaya-gendongan-bayi-fertil-barakat-ayom/


関連サイト
Studiohanafi
http://www.studiohanafi.com/
[PR]

by gado-gado | 2017-10-09 18:07 | 展覧会
2017年 10月 07日

展覧会:インドネシアのアルベルト・ヨナタン@ポーラ ミュージアム アネックス|東京・銀座

ポーラ ミュージアム アネックスのホームページに出ていました。


名称:アルベルト・ヨナタン TERRENE
会期:2017年10月7日~11月5日
会場:ポーラ ミュージアム アネックス
住所:東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階

a0054926_23481264.gif


 粘土を用いて陶磁器制作を行う、インドネシア出身の若手アーティスト、
アルベルト・ヨナタンの個展が開催される。
 

 ヨナタンは2007年にバンドン工科大学陶芸学部を卒業。12年にバンドン工科大学院
修士課程修了後、京都を拠点に活動している。13年のヴェネツィアビエンナーレにて、
インドネシア館代表アーティストの1人として最年少で選出され、「サンシャワー:
東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」(国立新美術館・森美術館)にも
参加するなど、注目を集めている。


 本展では、すべてのパーツにおいて雛形などを使用せず、作家自らの手でつくり上げた
陶磁器を用いたインスタレーションを発表。映像やドローイングなど、現在進行中の
プロジェクトの新作を含めて約10点の展示を予定している。



アルベルト・ヨナタン
ポーラ ミュージアム アネックス|東京・銀座
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/exhibition/index.html


関連サイト
Albert Yonathan Setyawan
https://www.artsy.net/artist/albert-yonathan-setyawan


関連記事
ALBERT YONATHAN SETYAWAN
https://www.mizuma.sg/artists/setyawan-albert-yonathan/
[PR]

by gado-gado | 2017-10-07 00:02 | 展覧会
2017年 09月 28日

インドネシア大使館も参加@ASEAN WEEKEND!(「六本木アートナイト2017」同時開催&「サンシャワー」展関連プログラム)

国際交流基金アジアセンターのホームページに出ていました。




「サンシャワー展」(http://jfac.jp/culture/events/e-sunshower2017/)開催中の六本木で、
東南アジアの今を知ろう! 一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト2017」に合わせ
「ASEAN WEEKEND!」を開催します。【SHOP】【TALK】【FOOD&DRINK】の3つのテーマで、
ASEAN各国のアート・カルチャー情報をオールナイトで発信します。秋の週末、六本木で東南
アジアを感じてみませんか?


【SHOP】
ASEAN各国の大使館が参加して、民芸品やデザイングッズなどを販売します。また、東南アジアに滞在中の“日本語パートナーズ”が現地からWEB生中継!(第一部、第三部のみ)
街歩きしながら様々なスポットをご紹介。その日そのときのまちの営みをライブでお伝えします!

さらに、タイ・インドネシア・ラオス・マレーシア・ベトナム・カンボジアに派遣された“日本語パートナーズ”経験者が活動報告もします。


【TALK】
東南アジアに縁のある新進気鋭の若手アーティストやクリエイターが、東南アジアの
“今”を夜通しでトーク! アート、都市、スポーツ、ファッション、音楽など、様々な
テーマでまったりと、楽しく語ります。参加費は無料です。



【FOOD&DRINK】
東南アジア各地の軽食や飲み物も楽しめます。


開催日時 9月30日(土曜日)~10月1日(日曜日) 注:計2日

第1部: 9月30日(土曜日)14時 ~ 21時
第2部: 9月30日(土曜日)22時 ~ 10月1日(日曜日)5時
第3部: 10月1日(日曜日)11時 ~ 18時


会場
六本木ヒルズ アクセス 毛利庭園横
〒106-6108 東京都港区六本木6丁目10-1



◆インドネシアのファジャール・アバディ・RDP「気分はどう?」
六本木ヒルズプログラム

a0054926_07143479.jpg

9/30(土) 23:00〜

六本木ヒルズ 毛利庭園横
無料
[定員]Tシャツがなくなり次第終了

「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」にも参加しているインドネシアのファジャール・
アバディ・RDPがアートナイトでもワークショップを開催します。大きいサイズのTシャツ
に、今のあなたの気分を表すテキストをプリントすることができます。参加者にそのTシャツを
着てアートナイトに参加してもらい、様々な人々の様々な感情を可視化します。


ファジャール・アバディ・RDP

「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」参加作家。インドネシアのバンドゥンを
中心に、食事などの日常的な行為を媒介にコミュニティーの人々や社会の既存システムと
関わるプロジェクトを行っている。

http://www.roppongiartnight.com/2017/programs/6668#program_artist



ASEAN WEEKEND!(「六本木アートナイト2017」同時開催&「サンシャワー」展関連プログラム)
http://jfac.jp/culture/events/e-aseanweekend2017/


関連サイト
公式webサイト 六本木アートナイト
http://www.roppongiartnight.com/
[PR]

by gado-gado | 2017-09-28 07:15 | 展覧会
2017年 09月 25日

OASISのインドネシア人コレクター・Ilham Priananda さんの展覧会@高円寺のSUBstore Tokyo

8月に高円寺のSUBstore Tokyoで開催された展覧会、OASIS exhibitionに
所蔵品を持って来日した、Ilham Priananda さんの記事@hai(9/25)です。


a0054926_21355831.jpg

~「Oasis」のグッズ展示会~
世界でも指折りのOasisグッズコレクターであるHam Prandは、12歳から17年間に渡り
貴重なアイテムを収集し続け、母国インドネシアでは2013年に「MolekLane Museum」を
開館しました。今回は数々の貴重なアイテムの中から厳選したOasisプロモーショングッズ、
実際に使用されていた楽器やメンバーのサイン入りグッズ等を、2日間のみ高円寺SUB STOREで
展示します。



Ilham Priananda namanya. Sekilas, nggak ada bedanya doi dengan cowok kebanyakan.
Tapi kalo mampir ke kamarnya, baru deh kita tau kalo doi adalah (kemungkinan besar)
fans Oasis nomor satu se-Indonesia.

"Tadinya rencananya bawa cabin aja. Tapi ternyata barang-barang sebesar 7 kg itu
sedikit banget. Akhirnya satu cabin sama bagasi. Total 30 kg. Selain cd, vinyl,
dan kaset, gue bawa macem-macem mulai dari tambourine-nya Liam, segala barang-barang
dengan tandatangan, jaket-jaket Oasis yang promotional item, kaos, dan majalah vintage
langka. Sisanya yang gue nggak bawa, gue foto terus gue print A3 dan gue pajang," paparnya.

a0054926_21354096.jpg


Keren, Cowok Indonesia Ini Bikin Pameran Oasis di Jepang!
http://hai.grid.id/Feature/Music/Keren-Cowok-Indonesia-Ini-Bikin-Pameran-Oasis-Di-Jepang


関連サイト
SUBstore Tokyo
https://www.facebook.com/substore.tokyo01/

[PR]

by gado-gado | 2017-09-25 21:37 | 展覧会
2017年 09月 21日

インドネシアからエコ・ヌグロホさん@奥能登国際芸術祭2017 その2

奥能登国際芸術祭の Face Book(9/21)に出ていました。


奥能登国際芸術祭

会場:石川県珠洲市全域
参加アーティスト:11の国と地域から39組
会期:2017年9月3日(日)〜10月22日(日)までの50日間



【奥能登国際芸術祭2017作品紹介】
作品No.13 エコ・ヌグロホ
「Bookmark of dried flowers」(蛸島地区)

2005年4月1日に廃線となったのと鉄道能登線の終着駅である旧蛸島駅。人の手が入らずに
荒れた駅舎に、エコ・ヌグロホは衝撃をうけた。日本は作家の出身国インドネシアに鉄道を
もたらした国のひとつだからだ。人口の増え続けるインドネシアでは、鉄道の駅や線路を
呑みこむように町が拡張しているという。日本とインドネシアの人と鉄道を巡る物語が紡がれる。

a0054926_09342827.gif


エコ・ヌグロホEKO NUGUROHO

a0054926_09341198.gif
インドネシア
エコ・ヌグロホ
ジャカルタ生まれ。インドネシアを代表するアーティスト。書籍、コミック、ビデオ
アニメーションなどの他のメディアとのコラボレーションによって壁画、絵画などを
作成。1990年代後半の学生を中心とした運動の経験から、社会的な課題をテーマとした
作品も多い。シンガポールタイラープリントInstiture、(シンガポール2013年)、
キアズマ美術館(フィンランド2008年)、ハーグ(オランダ2005年)で、個展・アート
ワークなどを展開。リヨンビエンナーレ2013、ヴェネツィア・ビエンナーレ第55回国際
美術展に参加。

http://oku-noto.jp/artists/eko-nuguroho/


関連記事
2017年 08月 23日
インドネシアからエコ・ヌグロホさん@奥能登国際芸術祭2017
http://gadogado.exblog.jp/237661960/
[PR]

by gado-gado | 2017-09-21 09:35 | 展覧会
2017年 08月 24日

インドネシア スカルノ初代大統領の展示会 独立宣言文など100点 Pameran Arsip "Soekarno: Besar Bersama Rakyat"

今朝(8/24)のじゃかるた新聞のピックアップ記事に出ていました。


スカルノ初代大統領ゆかりの品々を集めた展示会が22日、中央ジャカルタの国家官房
(グドゥン3)で始まった。独立記念日関連のイベントで、25日まで開かれている。

展示品は、スカルノ氏直筆の独立宣言文、同宣言文を読み上げる写真パネル、オランダ語の
愛読本、実母であるイダ・アユ・ニョマン・ライ氏との写真など約100点。

これらは、「家族」や「友達」など9テーマごとに展示されており、多方面からスカルノ氏を
知ることができる。

a0054926_07011121.gif

Pameran Arsip "Soekarno: Besar Bersama Rakyat"
会期: 22 - 25 Agustus 2017
会場: Aula Serba Guna Gedung 3, Kementerian Sekretariat Negara
入場無料。開場時間は午前8時半~午後3時



映画上映

a0054926_07002276.gif


スカルノ氏の展示会 国家官房であすまで 独立宣言文など100点 
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/36955.html


詳細
Pameran Arsip "Soekarno: Besar Bersama Rakyat"
http://www.setneg.go.id/images/stories/kepmen/kontributor/humas/20170818_pameran_arsip.pdf


Kementerian Sekretariat Negara
http://www.setneg.go.id/


関連映像

https://www.youtube.com/watch?v=iBzVEVFljlw
[PR]

by gado-gado | 2017-08-24 07:02 | 展覧会
2017年 08月 23日

インドネシアからエコ・ヌグロホさん@奥能登国際芸術祭2017

友人のFace Book によると、俳優のグナワン・マルヤントさんと
Wayang Bocor のエコ・ヌグロホさんが同じ飛行機で来日なさったそうです。
すごいことです。グナワン・マルヤントさんのレクチャーには行けますが、
アメリカツアーもなさっているエコ・ヌグロホさんのWayang Bocorを日本で見たいです。


奥能登国際芸術祭

会場:石川県珠洲市全域

参加アーティスト:11の国と地域から39組

会期:2017年9月3日(日)〜10月22日(日)までの50日間


エコ・ヌグロホ
a0054926_20514950.gif
ジャカルタ生まれ。インドネシアを代表するアーティスト。書籍、コミック、ビデオ
アニメーションなどの他のメディアとのコラボレーションによって壁画、絵画などを
作成。1990年代後半の学生を中心とした運動の経験から、社会的な課題をテーマとした
作品も多い。シンガポールタイラープリントInstiture、(シンガポール2013年)、
キアズマ美術館(フィンランド2008年)、ハーグ(オランダ2005年)で、個展・アート
ワークなどを展開。リヨンビエンナーレ2013、ヴェネツィア・ビエンナーレ第55回国際
美術展に参加。



展示作品
作品No.13Bookmark of dried flowers
2005年4月1日に廃線となったのと鉄道能登線の終着駅である旧蛸島駅。人の手が入らずに
荒れた駅舎に、エコ・ヌグロホは衝撃をうけた。日本は作家の出身国インドネシアに鉄道を
もたらした国のひとつだからだ。人口の増え続けるインドネシアでは、鉄道の駅や線路を呑み
こむように町が拡張しているという。日本とインドネシアの人と鉄道を巡る物語が紡がれる。


エコ・ヌグロホ EKO NUGUROHO
http://oku-noto.jp/artists/eko-nuguroho/

a0054926_20523912.gif
奥能登国際芸術祭
http://oku-noto.jp/


EKO NUGUROHO
http://www.ekonugroho.or.id/index.php?page=agd


関連記事
a0054926_20520609.jpg
2017年 01月 18日
映像:インドネシアのワヤン:Wayang Bocor "Semelah (God Bliss)" アメリカツアー
http://gadogado.exblog.jp/23557302/


a0054926_20522496.jpg
2016年 07月 22日
インドネシアのワヤン:Wayang Bpocor "Hikayat Agar-agar Bertanduk" @バリ(7/29)
http://gadogado.exblog.jp/23027063/


2017年 06月 27日
インドネシアの俳優・グナワン・マルヤント来日@国際演劇交流セミナー2017 インドネシア特集
http://gadogado.exblog.jp/237124775/

[PR]

by gado-gado | 2017-08-23 21:00 | 展覧会
2017年 08月 13日

インドネシアのキュレーター・Grace Sambohさん@Salzburug International Summer Academy of Fine Arts

Grace Sambohさんの Face Book(8/13)に出ていたので、ザルツブルグ国際夏季美術アカデミーの
サイトに全文を読みに行きました。

Grace Sambohさんは森美術館と新国立美術館で現在開催中の「サンシャワー 東南アジアの現代美術展」の
キュレーターのお一人です。


記事の見出し:
Curating is Working With People. People like Grace Samboh

a0054926_21101472.jpg


Right from the first moment, I was interested in Grace’s story. Her practice
is based in her native Indonesia both physically and conceptually, however,
she engages in international exchange and teaching whenever there is an opportunity
and there is a sense in it. In 2015, she collaborated with Ruth Noack for the first
time, teaching a Roaming Academy class of the Dutch Art Institute. This year, she came
to Salzburg to provide knowledge and support to the curating class.
(筆者:Ana)


Curating is Working With People. People like Grace Samboh
http://www.summeracademy.at/blog/index.php/grace-samboh-interview


関連記事
a0054926_21095679.jpg
2017年 07月 19日
インタビュー:インドネシアのキュレーター・Grace Sambohさん@Sunshower展 NHK World 7/19
http://gadogado.exblog.jp/237231667/


a0054926_21094022.jpg
2017年 07月 09日
インドネシアからGrace Samboh さんとMelati Suryodarmoさん@アーティスト・リレー・トーク「MY WORK」森美術館 サンシャワー 東南アジアの現代美術展
http://gadogado.exblog.jp/237152312/


[PR]

by gado-gado | 2017-08-13 21:11 | 展覧会