2018年 01月 10日 ( 4 )


2018年 01月 10日

新刊:Hiburan Masa Lalu dan Tradisi Lokal(インドネシア語)

出版社・INSISTPressのホームページに出ていました。

a0054926_19493169.jpg

Judul: Hiburan Masa Lalu dan Tradisi Lokal:
Kumpulan Esai Seni, Budaya, dan Sejarah Indonesia
Penulis: Fandy Hutari
Pengantar: Afrizal Malna
Penyunting: Markaban M. Anwar •
Pemeriksa aksara: Robandi
Perancang sampul & isi: Narto Anjala
Penerbit: INSISTPress
Terbit: Desember 2017
Tebal: 246 halaman
Harga: Rp 50.000,00


Hiburan Masa Lalu dan Tradisi Lokal: Kumpulan Esai Seni, Budaya, dan Sejarah Indonesia
http://insistpress.com/katalog/hiburan-masa-lalu-dan-tradisi-lokal-kumpulan-esai-seni-budaya-dan-sejarah-indonesia/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-10 19:50 | 新刊(インドネシア語)
2018年 01月 10日

日本・インドネシアのパントマイム共演(長井直樹&Septian Dwi Cahyo):Topengan

国際交流基金ジャカルタ日本文化センターの Face Book(1/10)に出ていました。

a0054926_15231636.jpg

''TOPENGAN''
出演:Septian Dwi Cahyo、長井直樹
日時:Senin, 15 Januari 2018 19.00 - selesai
会場:Hall The Japan Foundation, Jakarta
Gdg. Summitmas I, lantai 2
Jl. Jend Sudirman kav 61-62 Jakarta


長井直樹さん
「シスターひろみ」HPより( http://www.hosokawahiromi.net/)

並木孝雄氏に師事。並木氏主宰のマイムトループ気球座で活動。 昭和音楽大学、
昭和音楽学院などで非常勤講師を数年勤める。
06年インドネシアに移住。バリ舞踊を取り入れ、インドネシアで活動。
12年インドネシア・バンドゥンで国際仮面劇フェスティバルに仮面を用いたパントマイムで参加。
12年7月帰国、グランバルーンに再加入、日本で活動を再開する。


関連記事
月刊パントマイムファン編集部電子支局
アーティストリレー日記(25)長井直樹さん
http://blog.goo.ne.jp/gekkanmimefan/e/c44bd1cfd4e8a236ce202736a610b3b2


The Japan Foundation, Jakarta
https://www.facebook.com/JFJakarta/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-10 15:25 | インドネシアの演劇
2018年 01月 10日

インドネシア文学研究者・Melani Budiantaさんの公開講座:“Sastra, Hoaks, & Humaniora”

Dewan Kesenian Jakarta の Face Book(1/10)に出ていました。

Komite Sastra Dewan Kesenian Jakarta 主催。


Bincang Tokoh #10
テーマ:“Sastra, Hoaks, & Humaniora”
講師:Melani Budianta(インドネシア大学人文学部教授)
日時;:Rabu, 17 Januari 2018 Pukul 16.00 — 19.00 WIB
会場:Galeri Cipta III, Taman Ismail Marzuki

a0054926_14291546.jpg

Dewan Kesenian Jakarta
https://www.facebook.com/dewankesenianjakarta/


関連記事
2009年 07月 04日
4人のインドネシア大学の先生@インター・エイジア・カルチュラルタイフーン2009
http://gadogado.exblog.jp/8561560/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-10 14:43 | インドネシアの文学
2018年 01月 10日

新刊:"Keunikan Sastra Jepang" 日本文学入門書(インドネシア・ダルマプルサダ大学の森田安子さん)

昨日(1/9)ジャカルタの大学で日本語を教えている友人の Face Book に "Keunikan Sastra Jepang"を
手にした写真が出ていたので、検索していたところでした。


今朝(1/10)のじゃかるた新聞のピックアップ記事に出ていました。

a0054926_07054730.gif

 ダルマプルサダ大(東ジャカルタ)で日本文学を教える森田安子さん(72)がこのほど、
日本文学入門書「クウニカン・サストラ・ジャパン(日本文学の特殊性)」を出版した。
日本語学習者数で世界第2位といわれるインドネシアだが、欧米などと異なり日本文学の
研究に取り組む人は少ない。「難しそうで近寄りがたいと思われがちな日本文学に興味を
持つきっかけに」と、同大専任講師のディラ・リスマヤンティさんと約2年半をかけてまとめあげた。

森田さんは「日本人を理解するには、日本文学を読むことが近道であり王道。この本は、
大学教員としての自分の集大成で、次世代を託す日本語学科の先生や学生たちへのバトン。
日本文学の理解をより深めるお手伝いができれば」と語った。

 また、共著者のディラさんは「四季のない国の人に、俳句の前提となる季語をどのように
理解してもらうのか。輪廻の概念や『行間を読む』ということを、いかに説明するか。一つの
言葉について(森田さんと)2人で1カ月以上かけて話し合ったこともあった」と振り返る。


 同書は日本語、インドネシア語併記でB6版96ページ。価格は5万ルピア。
1月からグラメディアの各書店で販売を始めた。


Judul: Keunikan Sastra Jepang
Penulis: 森田安子, Dila Rismayanti
Penerbit:
Harga: Rp.50.000
Tebal: 96 halaman


日本文学入門書を出版 「次世代へのバトン」 ダルマプルサダ大森田安子さん
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/39538.html
[PR]

by gado-gado | 2018-01-10 07:07 | 新刊(インドネシア語)