2018年 01月 08日 ( 6 )


2018年 01月 08日

川村亘平斎 キックオフトーク&影絵公演@男鹿半島ショートレジデンス 真冬の男鹿に滞在す

今日(1/8)上石神井の古民家「東京おかっぱちゃんハウス」で開かれた、「川村亘平斎とインド
ネシアの影絵と旅のおはなし」でチラシをいただきました。

古民家の障子に映す影絵、貴重な写真と映像、そしてトークを堪能しました。


以下は、AKIBI plusの Face Book からです。
【BASE2/男鹿 ショートレジデンスがはじまります】

1月9日(火)からは、AKIBIplus男鹿のプロジェクト「川村亘平斎 男鹿半島ショート
レジデンス 真冬の男鹿に滞在す」がいよいよ始まります。

先月まで約1年間、南の島・インドネシアで滞在制作し、帰国したばかりの芸術家・川村亘平斎
さんが次にアーティスト・イン・レジデンスを行う先は、真冬の男鹿半島です。

川村さんの滞在は12日間、この期間中に男鹿を題材にした影絵作品を制作し、最終日の
1月20日(土)には1日限りの公演を開催します。

レジデンス初日の1月9日(火)には、キックオフトークと影絵のデモンストレーションを行います。

さらに2月には、「里山のカフェににぎ」で展示会「神々と生きる島」展も開催します。


a0054926_23484658.jpg

AKIBIplus男鹿 ショートレジデンスプログラム
「神々と生きる島を探るin男鹿」実践講座&成果発表会

●キックオフトーク「年の始まり、物語の始まり」
日時:1月9日(火)18:00‐19:30(開場17:30)
会場:秋田公立美術大学 アトリエももだだホール
参加無料・申し込み不要

●川村亘平斎 影絵公演
「マツリ・イノリ・オドリ テ 來タリ」
日時:1月20日(土)14:00₋17:30(開場13:30)
会場:秋田公立美術大学 アトリエももだだホール
参加無料・申し込み不要

●展示発表in男鹿半島
「神々と生きる島」展
日時:2月16日(金)~25日(日)12:00₋15:00
会場:里山のカフェににぎ (※水・木曜日定休)
住所:男鹿市北浦真山字塞ノ神下14


AKIBI plus
https://www.facebook.com/AKIBI-plus-1609927205931235/


川村亘平斎 オフィシャルウェブサイト
http://taikuhjikang.com/kawamurakoheisai/


関連記事
a0054926_23491539.jpg
川村亘平斎とインドネシアの影絵と旅のおはなし@おかっぱちゃんハウス 上石神井
https://www.facebook.com/events/1967687700157623/

[PR]

by gado-gado | 2018-01-08 23:50 | インドネシアのワヤン
2018年 01月 08日

山城知佳子さんの「肉屋の女」と「創造の発端-アブダクション/子供」@インドネシアの映画祭

映像作家・吉田孝行さんの Face Book(1/8)に出ていたので、沖縄タイムスの元記事を
読みに行きました。


映像作家・山城知佳子さんの2作品、インドネシアの映画祭で上映へ

 那覇市在住の映像作家、美術家、山城知佳子さんの作品が9日、インドネシアで開幕する
「ジョクジャカルタ・ドキュメンタリー・フィルム・フェスティバル2017」で上映される
ことが決まった。

 作品は「肉屋の女」(2017年、27分)と「創造の発端-アブダクション/子供」
(15年、18分)の2本。「フォーカス・ジャパン」と名付けられたプログラムの中に
位置付けられており、8作品の中に山城さんの作品が2本入った。

a0054926_13530271.gif

 山城さんは「ドキュメンタリーの映画祭ながら、セリフなしで時空や形態を飛び越えて
イメージの広がりで作る表現の在り方を認めてくれた」と喜ぶ。「多様な文化に触れ、
さまざまなものを吸収してきたい」と意気込んだ。


映像作家・山城知佳子さんの2作品、インドネシアの映画祭で上映へ
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/178432


「肉屋の女」
A Woman of The Butcher Shop

Seorang perempuan memotong-motong daging yang terdampar di sebuah pantai
yang selama ini luput dari pembangunan akibat keberadaan pangkalan militer
A.S. Orang berduyun-duyun mencari daging yang dia jual. Film ini, bolak-balik
dari realitas menuju fiksi, menggambarkan keadaan Okinawa hari ini.

http://ffd.or.id/film/woman-butcher-shop/


「創造の発端-アブダクション/子供」
The Beginning of Creation: Abduction/A Child

Seniman tari Kawaguchi Takao mencoba menghadirkan kembali penampilan legendaris
dari mendiang Ohno Kazuo. Pandangan sutradara melekat pada tubuh yang terbuka,
nampak lebih jelas dari hidup itu sendiri.


The Beginning of Creation: Abduction/A Child
http://ffd.or.id/film/beginning-creation-abduction-child/


関連サイト
Focus on Japan
http://ffd.or.id/focus-on-japan/


ジョグジャカルタ・ドキュメンタリー映画祭
http://ffd.or.id/en/film/touch-stone/


関連記事
2017年 12月 04日
『タッチストーン』(監督:吉田孝行)@ジョグジャカルタ・ドキュメンタリー映画祭2017 日本特集
http://gadogado.exblog.jp/238046818/


2017年 12月 04日
波田紘子『バリ断章 全3章』&吉田孝行『タッチストーン』@映画美学校映画祭2017
http://gadogado.exblog.jp/238046853/
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171202-00178432-okinawat-oki
[PR]

by gado-gado | 2018-01-08 13:55 | インドネシアの映画
2018年 01月 08日

インドネシアの映画:Flight 555

filmindonesia に出ていた、1月18日公開予定の映画。


a0054926_10474139.jpg
Judul: Flight 555
ProduserDuke Rachmat, Niken Septikasari
SutradaraRaymond Handaya
PenulisIsman HS, Raymond Handaya
PemeranTarra Budiman, Mikha Tambayong, Samuel Zylgwyn, Gisella Anastasia
Tanggal edar Thursday, 18 January 2018


Sinopsis

Putu terpaksa kabur dari Bali ke Jakarta karena tidak setuju dijodohkan. Tapi, dia harus pulang ke Bali karena ayahnya sakit keras. Ia menggunakan Flight Komo 555. Penumpangnya bermacam-macam. Putu duduk di sebelah anak kecil yang membahas hal-hal yang membuat cemas. Kejadian menegangkan dimulai ketika Putu menemukan pistol di toilet. Kemudian pria Papua dan Sunda masuk ke dalam toilet yang berseberangan, Ketika keluar si Papua hanya mengenakan koteka. Penumpang tertawa. Ternyata si Papua dan Sunda itu ingin menguasai pesawat dan mengubah tujuan penerbangan ke Papua,


Flight 555
http://filmindonesia.or.id/movie/title/lf-f009-18-826056_flight-555#.WlLMVzTLgy4


関連映像
Teaser Flight 555 (Official Video)



[PR]

by gado-gado | 2018-01-08 10:48 | インドネシアの映画
2018年 01月 08日

インドネシアで8月に国際ガムランフェスティバル2018 (International Gamelan Festival 2018)

8月に中部ジャワのソロで開催される、International Gamelan Festival 2018の
プレイベントの記事が出ていました。


Pra event International Gamelan Festival Solo 2018 digelar di Car Free Day
Jl Slamet Riyadi, Minggu (7/1/2018).

International Gamelan Festival Solo 2018 sendiri akan diadakan 9-15 Agustus
dan akan diikuti oleh kelompok gamelan dari beberapa negara.


Sosialiasi
International Gamelan Festival 2018
7 Januari 2018
a0054926_08582273.jpg

Pra Event International Gamelan Festival Solo 2018 di CFD Tarik Perhatian Penonton
http://solo.tribunnews.com/2018/01/07/pra-event-international-gamelan-festival-solo-2018-di-cfd-tarik-perhatian-penonton


関連記事
International Gamelan Festival 2018. Gamelan in Tradition and Transition – Focus on Bali
http://www.evs-musikstiftung.ch/en/prize/prizes/grants-aid/festivals/international-gamelan-festival-2018-gamelan-tradition-and


関連サイト
International Gamelan Festival 2018
https://www.facebook.com/igfsolo/
[PR]

by gado-gado | 2018-01-08 09:00 | インドネシアの音楽
2018年 01月 08日

インドネシアの映画:Maipa Deapati & Datu’ Museng(マカッサル)

filmindonesia に出ていた、1月11日公開予定の映画。

a0054926_08340915.jpg

Judul: Maipa Deapati & Datu’ Museng
Produser: Amrul Ramadansyah Ilham
Sutradara: Rere Art2tonic
Penulis: Rere Art2tonic
Pemeran: Shaheer Sheikh, Fildzah Burhan, Hans de Kraker
Durasi: 118 menit
Tanggal edar: Wednesday, 11 January 2017



Sinopsis
Makassar jatuh ke tangan VOC. Sejumlah lelaki yang masih setia dengan Makassar
bersepakat memanggil Datu' Museng (Shaheer Sheikh) yang ada di Sumbawa, pulang
ke kampung halamannya. Datu' Museng dipercaya mampu menjadi pemimpin perang melawan
penjajah. Datu' Museng yang telah menikahi putri Kerajaan Sumbawa tergugah. Ia
mengajak istrinya, Maipa Deapati (Filhzah Burhan) ikut bersamanya ke Makassar.
Maipa percaya, perang tak bisa memisahkan cintanya pada Datu' Museng. Kedatangan
Datu' Museng dan Maipa sampai ke telinga Tomalompoa (Hans de Kraker), pemimpin VOC.
Tomalompoa tidak hanya tertekad menghabisi Datu' Museng tapi juga terpikat kecantikan
Maipa.


Maipa Deapati & Datu’ Museng
http://filmindonesia.or.id/movie/title/lf-m022-18-974453_maipa-deapati-datu-museng#.WlKsNTTLgy4


関連映像
Maipa, Deapati & Datu Museng Official Trailer (2018) Film Indonesia HD

[PR]

by gado-gado | 2018-01-08 08:35 | インドネシアの映画
2018年 01月 08日

じゃかるた新聞の新コラム:【メラプティ】成功と失敗の不思議な共存 大忙しの政治の年

今朝(1/8)のじゃかるた新聞のトップ記事に出ていました。


 新コラム「メラプティ」をきょうから掲載します。筆者は本名純・立命館大学国際関係学部
教授です。インドネシアの政治・社会を中心にいろいろなテーマを「本名」流に論じていただき
ます。毎月第2月曜に掲載します。


ことしのインドネシアは「政治の年」である。その目玉は6月27日に予定されている全国一斉に
行われる統一地方首長選と、その約1カ月後に控えた大統領選出馬候補者指名だ。5年に1度の
大統領選挙と議会選挙は来年4月に実施されるが、その候補者はことしの8月に決める。当然
それをにらんだ6月の地方知事選挙になる。その地方知事選に出馬する候補者指名が元日から
始まり、各政党は各地で候補者選びに大忙しだ。


ことしの政治の醍醐味(だいごみ)は、なんと言っても候補者選びのドラマである。171の
地方自治体で首長選が予定されており、「庶民派」「改革派」「実行派」の候補者が各地で
続々と名乗りを挙げている。そういう人たちは地元住民の人気も高い。例えばマカッサル
市長選に出馬する1人や、西ジャワ州知事選に立候補する1人は、そういう人気者の典型だ。
各地で、このような庶民派で改革志向の政治リーダーが台頭している。これは民主化インドネシア
の大きな実りであり、未来への明るい展望を示している。



本名純(ほんな・じゅん)
 99年オーストラリア国立大学で博士号取得。00年から立命館大学国際関係学部で教鞭を
とる。インドネシア戦略国際問題研究所(CSIS)客員研究員やインドネシア大学政治社会
学部連携教授など歴任。著書に「民主化のパラドックス~インドネシアにみるアジア政治の
深層」(岩波書店)=大平正芳記念賞=など。50歳。東京都出身。


【メラプティ】成功と失敗の不思議な共存 大忙しの政治の年
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/39495.html
[PR]

by gado-gado | 2018-01-08 08:13 | インドネシア