2009年 07月 29日

インドネシアから Marco Kusumawijaya さん@アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム(ALFP)

(財)国際文化会館のホームページに出ていました。

アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム(ALFP)
(財)国際文化会館と独立行政法人国際交流基金との共同事業
公開シンポジウムは、11月6日(金)に開催。

a0054926_153270.jpg

マルコ・クスマウィジャヤ Marco Kusumawijaya(インドネシア)
ジャカルタ芸術協会 ディレクター

建築家としての専門に留まらず、環境、芸術、文化遺産、都市計画、開発など幅広い分野でその専門性を発揮し、活動家として活躍中のインドネシアを代表する知識人。持続可能な社会の実現に向けた都市計画や建築のあり方、そのために不可欠な社会変革について常に思考をめぐらせ、実践している。官・民、国内外を問わず多くの機関、非営利団体、コミュニティや市民社会グループと活動を共にし、スマトラ沖地震・津波でアチェが被災した際には、地域主導による23の村の再建プロジェクトに関わり高い評価を受けた。ジャカルタの主要なメディアや都市問題に関する学術誌などで執筆活動を行うほか、テレビやラジオにも出演。公共政策に関するワークショップ、市民社会活動家の研修会、大学、地域主導のアドボカシー活動など様々な場で講演活動も行う。01年、地域の自然、社会文化的な資産を世界共通のアイコンで表す環境地図の作成を行う団体、「グリーン・マップ」をインドネシアに設立。建築、都市化に関する著作、社会起業に関する翻訳本もある。また、地元ジャカルタをよりよい町にするため、市民と知識やノウハウを共有するためのウェブサイト(www.rujak.org)を運営するなど、その活躍の場は広い。


http://www.i-house.or.jp/jp/ProgramActivities/alfp/profile/2009.htm


アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム(ALFP)

過去のインドネシアからの参加者
2006: マリア・ハルティニンシ Maria Hartiningsih (インドネシア)
ジャーナリスト;日刊紙Kompas記者

2004: ジャムハリ Jamhari/
国立イスラム大学イスラム社会研究センター(PPIM-UIN, Jakarta)所長

2003: ハミド・バシャイブ Hamid Basyaib/
Aksara Foundation研究員・活動家・著述家

2000: ファルク Faruk/
ガジャマダ大学文学部講師・文芸評論家

1999: Ayu Utami
Novelist/Journalist; Editor, Kalam

1998: Endo Suanda
Chairman, Society for Indonesian Performing Arts; Lecturer, Indonesian College of the Arts, Bandung

1997: Goenawan Mohamad
Director, Institute for the Study of Free Flow of Information

1996: Ignas Kleden
Director, The Society for Political and Economy Study Foundation

詳細
アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム(ALFP)
http://www.i-house.or.jp/jp/ProgramActivities/alfp/index.htm

資料
Marco Kusumawijaya
http://en.wikipedia.org/wiki/Marco_Kusumawijaya

関連サイト
a0054926_1533363.jpg

Rujak
http://rujak.org/

Green Map
http://www.greenmap.org/

関連ブログ
Marco Kusumawijaya
http://mkusumawijaya.wordpress.com/
[PR]

by gado-gado | 2009-07-29 15:03 | インドネシア人の活躍


<< 日本ワヤン協会の「海が見たい」...      インドネシア語版他11部@「旅... >>