2017年 11月 08日

ジャカルタで『海を駆ける』深田晃司監督が製作発表記者会見!主演ディーン・フジオカさんのビデオコメントも。インドネシア語タイトルは『Laut』

日活レポート(11/8)に出ていました。

a0054926_19445219.gif
11/2~7の日程でインドネシア・ジャカルタで開催されていた国際交流基金主催「日本映画祭2017」にて、11/7(火)16:30(ジャカルタ時間)日本・インドネシア・フランス共同製作作品『海を駆ける』のインドネシア国内向け製作発表が行われました。


本作は、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で『淵に立つ』が審査員賞を受賞した深田晃司監督の最新作で、ディーン・フジオカさんを主演に迎え、彼の第二の故郷であるインドネシアを舞台に完全オリジナル脚本で描くファンタジー作品。今年8/5~28までの約1ケ月間、全編インドネシア・スマトラ島のバンダ・アチェで撮影を敢行しています。


会見には、イルマ役として出演した女優セカール・サリさんが出席。また、映画が公開される2018年がインドネシアと日本の国交60周年記念に当たることから、在インドネシア日本国大使館広報文化センター長・公使:中村亮氏、国際交流基金ジャカルタ日本文化センター所長:塚本倫久氏、本作への出資及びインドネシア国内での配給を行うカニンガ・ピクチャーズ(aninga Pictures)代表:ウィラワティ氏(Mrs.Willawati)、プロデューサー:ジョヴァンニ・ラフマデヴァ氏(Mr.Giovanni Rahmadeva)が出席しました。


会見では、本作のインドネシア語タイトルが『Laut』(よみ:ラウ/意味:海/ディーン・フジオカ演じるキャラクター名)に決定したこと、インドネシアでは2018年の中頃に劇場公開されることが発表されるとともに、ディーン・フジオカさんから届いた英語でのビデオ・コメントが披露されました。



ジャカルタにて深田晃司監督が『海を駆ける』製作発表記者会見に出席!会見では主演ディーン・フジオカさんのビデオコメントも披露!インドネシア語タイトルは『Laut』に決定!
http://www.nikkatsu.com/report/201711/002796.html


追記(11/11)
関連記事
深田晃司がインドネシアで新作語る、主演ディーン・フジオカはビデオレターで参加
http://natalie.mu/eiga/news/256021


2017年 11月 08日
インドネシア・アチェが舞台の映画:「海を駆ける)」監督:深田晃司 ディーン・フジオカ主演 来年5月公開 その4
http://gadogado.exblog.jp/237963252/


2017年 08月 31日
インドネシア・バンダアチェが舞台の映画:『海を駆ける』(Lelaki dari Laut) ディーン・フジオカ&監督:深田晃司  その3
http://gadogado.exblog.jp/237697697/


2017年 08月 25日
ディーン・フジオカ、第2の故郷“インドネシア”で新作映画!『海を駆ける』深田晃司監督
http://gadogado.exblog.jp/237670401/


2017年 08月 25日
インドネシアからはAdipati Dolken & Sekar Sari@映画『海を駆ける』監督:深田晃司 主演:ディーン・フジオカ その2
http://gadogado.exblog.jp/237674080/
[PR]

by gado-gado | 2017-11-08 19:46 | インドネシアの映画


<< 新刊:Saksofon,Kap...      日本から鬼塚聖貴さん(ライアー... >>